トキナが25-75mm T2.9 シネズームを発表

2020.5.20
トキナが25-75mm T2.9 シネズームを発表

トキナは25-75mm T2.9シネズームを発表した。これは同社のシネズームラインナップを完成させ、最大8K Vistavisionまで拡張可能なイメージサークルを持つ。またレンズマウントは交換可能。

The Tokina cine zoom lens range.

RED、ARRI、ソニーなどのSuper35mmシネマカメラ用に設計されており、25〜75 mm T2.9レンズは、35mm換算で40〜120 mmに相当する。レンズはパーフォーカル設計で、光学設計は同社の11〜20 mmおよび50〜135 mmと非常に似ている。これにより、レンタルでも実用的な選択肢となり、制作のニーズに適合させることができる。

イメージサークルはSuper35mmからVistaVisionをカバー

このレンズはSuper35mmセンサーカメラ用に設計されているが、イメージサークルはTokina Cine 1.6x Expanderを使用してフルフレームとVistaVisionに拡大できる。PLとEFマウントで、焦点距離が40〜120 mm T4.2のフルフレーム用コンパクトシネズームレンズとしても使用できる。

マウントはPL、EF、MFT、E、およびFマウントと幅広く対応でき、また拡張可能なイメージサークルにより、高い汎用性を持つ。フジノンMKレンズは、super35センサー用だが、Laowa OOOM 25-100mmやDZO 20-70mmなどは、より低価格の市場に対応している。

Specifications of the Tokina 25-75mm T2.9 lens.

 

Tokina 25-75mm T2.9は、同社の現在のシネズームレンズラインナップに適合するように設計されており、11-20mm T2.9および50-135mm T2.9 Mark IIをセットとして補完する。レンタルではは、交換可能なマウントも非常に魅力的だ。

Tokina Cinema 1.6x Expander enables use with full-frame and VistaVision sensors.

発売は2021年春の予定。

 

関連商品

Tokina Cinema ATX 11-20mm T2.9 PLマウント付き

 

 

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment