広告

Velium MagRotaフィルターシステムレビュー – マグネットフィルターはマットボックスの代わりになるか?

Velium MagRotaフィルターシステムレビュー - マグネットフィルターはマットボックスの代わりになるか?

これまでにも様々な(回転可能な)マットボックスを見たし、ねじ込み式のフィルターも見たことがある。またマグネット式のフィルターシステムも見たことがある。しかし、新しいVelium MagRotaフィルターシステムは、良い意味で私たちを驚かせることに成功している。

正直なところ、MagRotaフィルターシステムが最初に私たちのスタジオに現れたとき、私は少し圧倒された。かなり大きなパッケージにたくさんの小さなパッケージが入っており、それぞれがパウチに入っていて、それぞれのパウチには個別のフィルターが入っていた。そして、そのパウチには様々なサイズのフィルターホルダーが入っている。(ありがたいことに、Veliumは後日、個々のポーチの多くを置き換えることができる、別のマルチフィルタホルダーポーチも送ってくれた)。

事前にほとんど何も知らない状態でレビューを始めると、大変な作業になることがある。しかし、MagRotaフィルターシステムのコンセプトを理解したとき、これは理にかなっている。なぜ今まで誰もやらなかったのだろうと思った。

Velium MagRota Filter System. Image credit: CineD

マットボックスの問題点

マットボックスの問題点を説明する前に、まずその利点について説明しよう。映画のセットで初めて登場したマットボックスは、レンズにフィルターを適用する最も質の高い方法であることは間違いない。同じフィルターをあらゆる種類のレンズに使用でき、(通常の多段式マットボックスや回転式マットボックスと)組み合わせることもでき、フラッグを通してレンズに当たる光をコントロールすることができる。しかし、重く、かさばり、個人レベルのクリエーターやレンズ交換が多い小規模なクルーの撮影には実用的ではない。また、ジンバルにカメラを乗せ、リグのバランスを素早く取ることが重要な場合にも使用できる。確かに、これらの課題に対応した軽いクランプオンマットボックスはあるが、4×5.6や4×4フィルターがそれ自体でかなり重いという問題が残されている。また、通常、マットボックスの後ろに置くフィルターは2枚が限度だ。

ねじ込み式フィルター

では、マットボックスが撮影で使用不可能な場合、代替案はスクリューオンフィルターだ。そのメリットとデメリットを簡単に説明する。

ネジ式フィルターは、小型・軽量で、レンズの付け替えが簡単にできるのが魅力。デメリットとしては、フィルターの種類が少ないこと(NDを内蔵していないミラーレス一眼カメラで一人で撮影するときに便利なので、普段は可変NDフィルターとして主に使っている)。また、すべてのレンズで使用するために、異なるサイズのねじ込み式フィルターが必要なことも課題だ(もっといいのは、ステップダウンリングを使用して、すべてのレンズで使用できるようにすることだ。また、マットボックスのように他のフィルターと簡単に組み合わせることができないことも課題と言える。

Velium MagRotaフィルターシステム:2つの世界の融合

MagRotaのアプローチ:マットボックスを縮小し、より軽量化し、かつ「ねじ込み式」フィルターをスタッキングできるようにする。MagRotaフィルターシステムのメーカーであるVeliumは、上記の問題に取り組み、マットボックスとネジ式フィルターの両方のデメリットを回避する製品を考え出した。

Velium MagRota Filter System. Image credit: CineD

MagRotaフィルターベース

まず、MagRotaフィルターシステムが何から構成されているかを説明する。システムの中心はMagRota Baseで、レンズの内側の前ネジにねじ込むアルミニウム製のフィルターホルダーだ。(残念ながら、現在のところ、前面内側のネジがないレンズでは使用できない。もちろん、これは欠点になる)。

Velium MagRota Filter System. Image credit: CineD

MagRota Baseには82mm、86mm、92mmのバージョンがあるが、82mmバージョンには67-82、72-82、77-82のステップアップリングが同梱されているので、ほとんどの一般的なレンズにBaseを取り付けることができる。大口径から始めて、小口径を買わせないところがいい(一部のネジ式フィルターメーカーがそうしているように)。

Velium MagRota Filter System. Image credit: CineD

ベースはねじ込み式フィルターのようにレンズにねじ込むだけで、必要に応じてステップアップリングがあってもなくても、最大4枚のマグネットフィルターを重ねて装着することができる(詳細は後述)。金色のターンテーブルアルミニウムリングがあり、ベース自体を動かさずにフィルターシステム全体を回転させることができる(詳細は後述)。また、フィルターを固定するためのロックレバーもある。

Velium MagRota Filter System. Image credit: CineD

MagRotaフィルターベースは、一般的なネジ式フィルターよりも直径が大きく、レンズやカメラシステムが少しかさばるので、慣れるまで少し時間がかかるかもしれない。このベースは、最大4枚までフィルターを重ねることができ、しかも16mmレンズでケラレがないのは驚くべきことだ。16mmでケラレることなくクリアな画像を得られるネジ式の可変NDフィルターを見つけるのは難しい。

Velium MagRotaフィルター

Veliumは11種類のフィルターをシステムと共に出荷してくれたが、すべて様々な個別のポーチに入っており、そのため-冒頭で述べたように-概要を把握するのに時間がかかった。基本的にこの11種類のフィルターには、可変ND(VND)、段階的ND(GND)、サーキュラーPL(CPL)、赤外線ND(IRND)、ストリーク&ミストの6種類のフィルターが用意されている。(現在、多くの追加効果フィルターを開発中で、「近い将来」リリースされる予定だそうだ)。これは磁気システムであるため、このシステムでサードパーティのフィルターを使用することはできない。ただ1つの注意点だ。

Velium MagRota Filter System. Image credit: CineD

機能

フィルターには “Cine I “から “Cine IV “までのマークがあるので、簡単に理解できる。(カメラマン用の積み重ね順も別にあり、そちらも表記されている)。

Velium MagRota Filter System. Image credit: CineD

もちろん、4枚のフィルターを使う必要はなく、1枚、2枚と重ねて使うことも可能だ。マーキングシステムのおかげで、簡単に始められる。最初のフィルターはCineStreakフィルターで、ゴールドとブルーが含まれ、次にDual CPLとVNDフィルター(VNDの強さは2-5または5-9ストップのいずれか)、最後にCineMistフィルター(強さは1/2または1/4)がある。

Velium MagRota Filter System. Image credit: CineD

3枚、4枚とフィルターを重ねるとき、このシステムがいかにスマートに設計されているかを実感した。例えば、金色のCineStreakフィルターから始めて、どんな尖った光源からでも非常に素晴らしい金色の「アナモルフィックスタイル」のストリークが得られる。その上にCPLと可変NDフィルターを追加したいとする。ストリークフィルターはVNDフィルターで回転すると思うだろうが(一度設定したストリークの角度が変わっては困るので、これは良くない)、そうではない。ストリークフィルターが最初につくので、台座のレバーで固定する「ロックステージ」に収まり、思い通りの「ストリーク角度」に正確にダイヤルを合わせることができる。

Velium MagRota Filter System. Image credit: CineD

上に載せるVNDフィルターは、回すための小さなレバーが別にあり、ベース自体で回すことはできない。フィルターに付いている磁石で、フィルターを簡単に上に回すことができる。そして、フィルターフレームとフィルター自体の超スリムなデザインにより、非常にシームレスに操作できる。

Velium MagRota Filter System. Image credit: CineD

通常、レンズにVNDを使用すると、他のフィルターを追加することができなくなり、これまではいつもマットボックスを使わざるを得なかったが、これには上記のようなデメリットが伴うことが多い。私にとって最も実用的な使い方は、GNDフィルターとVNDフィルターを組み合わせて、照明条件が変化する屋外での撮影をすることだ。

Velium MagRota Filter System. Image credit: CineD

磁石の性能

当然ながら、どんなマグネットシステムでもこの質問は出てくる。磁石は信頼できるのか?一般的な作業中にフィルターが床に当たって落下し、粉砕する恐れが常にあるので、磁石は信頼できるものである必要がある。Veliumは、フィルターが非常にきつくしっかりと固定され、なおかつ落とす心配なくフィルターを外せるという、良い妥協点を見つけたと言わざるを得ない。私にとって最も重要なフィルターは、ベースから取り出すのが少し難しい最初のものだ。しかし、カメラとレンズを上に向けて、上からフィルターをつかむようにすることをお勧めする。ベース内のすべてのフィルターを一度に外すのは、少し危険だ。それでも、ネジで着脱したり、マットボックスのフィルターを交換したりする他の方法より、ずっと早くフィルターを交換することができる。

Velium MagRota Filter System. Image credit: CineD

ガラスとコーティングの品質

複数のフィルターを組み合わせると、光がレンズに当たるとすぐに反射や屈折が増えるという心配が常につきまとう。この点、MagRotaシステムは、一般的に反射が極めて少ないので、非常に印象的だ。調べてみると、ZEISSやARRIなどにもガラスを供給している最高級ガラスメーカーSchottのガラスを使用しています。VeliumのMagRotaシステムの製品ページには、反射を最小限に抑えるためのコーティングの開発に多大な労力を費やしたことが記載されている。また、フィルターが非常に薄く、密着して積み重ねられるので、これまで私が見てきた同等のスタッカブルフィルターシステムよりはるかにタイトにフィットする。

MagRota GoldStreak filter without additional filters. Image credit: CineD.

シャープネスとカラーシフト

このフィルターを使って科学的なシャープネスとカラーシフトのテストを始めようとしていたところ、このフィルターが提供するすべての組み合わせでこれを行うことは実際不可能であることに気づいた。しかし、一般的な印象は共有することができる。VNDとCPLのフィルターを適用した場合、色ずれが全くないということはあり得ないが、色ずれは最小限であり、一般的に100~300ケルビンの間でより暖色系であることが分かった。大きな問題はなく、カスタムホワイトバランスで簡単に修正できる(フィルターを装着したらすぐに実行する必要がある)。

MagRota BlueStreak filter – Image credit: CineD

シャープネスの面では、ガラスの品質がここに現れており、フィルターを使用している間、シャープネスの明らかな損失はなかった。ほとんどすべてのVNDがシャープさを失うという大きな妥協を伴っていた時代から技術は大きく進歩している。

CineMist の強み

設計上、シャープネスを失っているフィルターが2つある。CineMist1/2および1/4フィルターは、設計上、確かにシャープネスを失う。シネストリークフィルターと組み合わせると、夢のような表現ができるのだが、付属のCineMist1/2フィルターは、日常業務で使うには効果が強すぎるように思う。Indiegogoのページで確認したところ、どうやらそのことに驚いたのは私だけではないようで、代わりにCineMist 1/4と1/8をシステムに同梱すると記載されていた。

MagRota GoldStreak combined with CineMist 1/2. Image credit: CineD.

マグネットフィルター・キャップ

小さな、しかし素晴らしいアクセサリーは、同梱のマグネット式フィルターキャップだ。フィルタースタックの上に置くだけで、(何枚使っても)簡単にフィルターを保護することができる。

Velium MagRota Filter System with magnetic lens cap attached. Image credit: CineD

MagRotaフィルターシステムのレビューのまとめ

Velium MagRota Filter Systemを実際に扱う前は、ネジ式フィルターシステムに何が欠けていたのか、全く気づかなかった。このシステムは、妥協することなく多くの問題を一度に解決してくれる。フィルターは素晴らしく、生み出される画像は一流で、このシステムは一度その仕組みを学べば多くの柔軟性を与えてくれる。

Velium MagRota Filter System in the new pouch that holds various filters. Image credit: CineD

MagRotaフィルターシステムは、価格も含め、ユーザーからもっと注目されるに値する。例えば、2つのねじ込み式VNDの高品質フィルターセットは、MagRotaのVND標準VNDキットと同様の300ドルだ。

MagRotaマグネットフィルターシステムは、Indiegogo In-Demandで販売中。すぐに出荷されるようなので、よくある「クラウドファンディングの待ち時間」の心配も少ないようだ。

なお、クラウドファンディング関連では支援する際にはリスクを承知おきいただきたい。プラットフォームの利用規約を読み、納品時に大幅な遅延が発生する可能性があることを知っておいていただきたい。プロジェクトによっては、納品されないこともある。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手