AccsoonがCineEye 2Sを発売 - RED Komodo用ワイヤレスコントロール

AccsoonがCineEye 2Sを発売 - RED Komodo用ワイヤレスコントロール

AccsoonはCineEye 2Sを発売した。これはRED ControlアプリでスマートフォンからRED Komodoをワイヤレスコントロールできる。見通しの良い条件で、動作範囲は最大100mで、低遅延の制御とモニタリングができる。

先月、既存のHDMIポートにSDIビデオ入力を追加するCineEye2を強化した新しいCineEye2Sワイヤレスビデオトランスミッターが発売されたが、今回はRED KomodoにCineEye2Sの機能を有効にした。これにより、REDのワイヤレスカメラ制御アプリの選択肢が広がる。

CineEye 2SのRED Komodoワイヤレスコントロール

CineEye 2S Rigged on RED Komodo. Source: Accsoon

RED Controlアプリは、スマートフォンから、ISO、ホワイトバランス、シャッター角度、フレームレート、解像度などを設定できる。また、カメラからのライブビューも見ることができる。 RED Controlアプリは、Android(Google Playストアリンク)とiOS(App Storeリンク)で、無料で利用できる。

Komodo自体にもWiFi接続で安定した通信ができるアンテナがあるが、AccsoonはCineEye2Sワイヤレスビデオ送信機を使用してこれを拡張したと述べている。 これによりKomodoは、独自のWiFiネットワークだけでなく、CineEye2Sによる既存のネットワークに接続することもできる。

送信機をカメラに接続し、CineEye 2Sをワイヤレスアクセスポイント(AP)として構成することにより、到達範囲を最大100mまで拡張できる。 RED Controlアプリのコントロールとモニタリングが、最小限の遅延でシームレスに機能する。 なおAccsoonは、チュートリアルビデオを用意している。

CineEye 2Sは、RED Controlアプリを有効にするだけでなく、SDI信号を他のスマートデバイスにストリーミングできる。モニタリングのみが必要な場合は、ピンチトゥズーム、ユーザーが選択可能なLUT、ピーキング、偽色、波形、ヒストグラム、ブルーオンリーなど、多くの便利なモニタリングツールを提供するAccsoonGoアプリを使用できる。

主な仕様

  • ビデオ入力:HDMI + SDI
  • サポートされているビデオフォーマット:HDMI:1080p 23.98 / 24/25 / 29.97 / 30/50 / 59.94 / 60fps 1080i 59.94 / 60fps 720p 50 / 59.94 / 60fps 480p 59.94 / 60fps。 SDI:1080p 23.98 / 24/25 / 29.97 / 30/50 / 59.94 / 60fps
  • オーディオ:44.1KHz / 48KHz 16ビット/ 24ビットPCM(HDMI経由)
  • カメラ制御:可
  • レイテンシー:<60ms(iOSシステム)
  • OLED:1.3インチOLED
  • ファームウェアアップデート:可(アプリ経由)
  • アンテナ:2アンテナ
  • チャネル:自動/手動、20チャネル(地域のRF法に依存)
  • 送信電力:17〜20dBm
  • 範囲:150メートル(見通しの良い条件で1つの送信機から1つのスマートフォンへ)
  • 電源:ソニーNP-F550、NP-F750、NP-F970またはDC(7.4〜16.8V)入力
  • 消費電力:4.0ワット(標準)
  • 取り付け穴:1/4 ’’、ARRIスタイルの位置決め穴パターン
  • 使用温度:0〜45℃
  • 寸法:108mm×68.5mm×30mm
  • 重量:213g
CineEye 2S. Source: Accsoon

価格と発売時期

Accsoon CineEye 2Sワイヤレスビデオトランスミッターは現在アマゾンで、35,999円で入手可能

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する