広告

amaran COB 60xと60d ライトレビュー

amaran COB 60xと60d ライトレビュー

Aputureから低価格のamaran COB 60xと60dが発売された。COB 60x(x=バイカラー)が199ドル、COB 60d(d=デイライト)が169ドルと、携帯性に優れたLED COBライトだ。この価格では、Aputure Light StormやNovaシリーズから得られるような機能や品質を期待することはできないが、コストパフォーマンスは期待できる。

率直に言って、私は低価格帯の照明のレビューに慎重になる。私は日常的に高価格帯のものを扱うことが多いので、低価格帯のCOBライトと数千ドルのライトを比較するのはフェアではないと思っている。そこで、amaran COBシリーズの平均的なユーザーや潜在的なユーザーの目線を意識してレビューした。

映像制作者の中には、自分の使っている機材を自慢する人がいるが、私の見解では、ほとんどの高品質な照明器具は、セットに場所があり、完璧な照明器具を見つけて何十個も購入することが目標ではないはずだ。目標は、優れたライティングツール一式を見極め、それらがどのような状況でどのように最適に作用するかを理解することだ。このことを念頭に置いて、バイカラーやデイライトアマランCOBのユーザー層を考えてみたい。

amaran COB
Image Credit: Graham Sheldon

ファーストインプレッション

COB 60xと60dは発泡スチロールのケースに入っており、堅牢性は完璧ではないが、アマラン100xや200xのパッケージからは改善されている。残念ながら、COB 60x、60dの発泡スチロールケースは、毎回完璧に包まないと蓋が閉まらないという欠点がある。そのため、付属のケース以外の選択肢を検討したほうがよいだろう。

amaran COB
Image Credit: Graham Sheldon

全体として、パッケージはamaranのラインナップとしては正しい方向に進んでいるが、セミリジッドケースの優れたLight Stormシリーズのような品質を期待しない方が良い。また、ローリングノヴァのハードケースとは比較に値しないものだ。

COB 60xと60dは一見して非常によく似ているが、amaranのブランドマークに隣接するコントロールスクリーンの下にxまたはdがある。また、操作ノブも60dではグレーに塗られていたのが、60xでは赤になっている。

どちらの機種もプラスチックが多用されており、非常に軽く、どこにでも安全に取り付けることができる。

amaran COB
amaran 60x without mini reflector attachment. Image Credit: Graham Sheldon

どちらのCOBライトも、amaran P60cと60xのキットに含まれているのと同じヒンジスタンドマウントで出荷されている。残念ながら、ここでも同じことが言える。このマウントはあまりにも精度が低く、それゆえに問題が起こりやすいのだ。Aputureは、ライトベースのプレート上の1/4″-20スレッドのストリップに工夫を加えた。このネジ板は将来的に簡単に交換できるようなので、ネジが取れても照明器具全体が壊れることはなく、高価な修理につながることもない。

Image Credit: Graham Sheldon

amaran COB 60x/dのミニハイパーリフレクターは、Aputureが長年にわたって製造してきた他のボーエンズマウントリフレクターよりも小型になっている。ミニリフレクターをクリックする動作は、Light Storm製品やamaran 100x、200xと比較すると少しスムーズではない。もちろん、他のアクセサリーをクリックしてボーエンズマウントに固定することもできるが、これらのフィクスチャーのサイズとプラスチック製のため、重いアクセサリーの取り扱いには注意が必要となる。

Image Credit: Graham Sheldon

ハイパーリフレクター・ミニを装着した場合、COB 60xも60dもビーム角は15度と非常に狭く、ビームの中心部には顕著なホットスポットが存在する。このようなタイトなビームアングルでは、CRLSライトブリッジの小型25cmパネルキットと組み合わせると良いかもしれない。また、普段はヘアライトとしても使えそうだ。ビーム中央のホットスポットは必ずしも問題ではないが、ユースケースによっては注意すべき点と言える。

amaran COB
Image Credit: Graham Sheldon

電源

76W COB 60xまたは60dの電源は、フィクスチャーの後部にあるバレルコネクターに差し込むデュアルNP-Fバッテリープレートを使用するか、AC電源をコンセントまたはブロックバッテリーに接続して使用するのが適している。D-Tapアダプターは同梱されていないが、Aputureから別途購入することも可能だ。

Large rear facing vents suggest a tough time in the rain or snow for these fixtures. Image Credit: Graham Sheldon

私は電源用のバレルコネクターがあまり好きではない。撮影の途中で誤ってケーブルを引き抜いてしまうことがあるからだ。しかし、この照明にはロック式のバレルコネクターが採用されており、ここが異なっている。

なお、これらのライトは高出力ではないので、あまり電力を消費しない。つまり、NP-Fバッテリーや、より大きなD-Tap出力ベースのシステムを使用すれば、何時間も使用することができる。

amaran COB
Image Credit: Graham Sheldon

総合出力と色温度の測定値

Sekonic C-700Uスペクトロメーター(現在はC-800Uにアップデート)で、COB 60xと60dの色温度(ケルビン)と出力(lx)を3フィート離れたところでどれだけ正確な値かを測定してみた。これらの測定には、ハイパーリフレクター・ミニ・アタッチメントを使用している。

5600Kをターゲットにした5540Kの測定値は、許容範囲内の誤差であり、COB 60dは素晴らしい結果を示した。比較のため、COB 60xで5600Kをターゲットとし、ミニハイパーリフレクターを装着して出力を100%に設定した場合の測定結果を示す。

予想通り、COB 60xはデイライトバランスと比較して出力(fcまたはlxで表示)が著しく低下しているが、これはバイカラーの柔軟性による通常の副次的な効果だ。ケルビン値は、5600Kを目標に5369Kを示し、これもバイカラー照明器具としては優れた結果と言える。

次に、COB 60xを同じ距離で、同じミニリフレクターアタッチメントを使用して3200Kでテストしてみる。

3200KターゲットではCOB 60xの出力がさらに低下しているが、色温度はデイライトテストと比較してより正確な値になっている。

最後に、4700Kの中間的なターゲットでCOB 60xをテストする。

予想通り、5600Kと3200Kの中間的な結果になった。このように、全体的に特別明るいライトではないが、色温度の結果は一様に優れており、特に価格を考慮すると、このライトは非常に優れている。

amaran COB
Image Credit: Graham Sheldon

まとめ

最近、映像製作者はLED照明を非常に多く持っている。199ドルのamaran COB 60xと169ドルの60dは、価格帯と機能の面で興味深い製品だ。どちらも屋外で十分な出力を持っていないが、インタビューなどで背景光として使えるだろう。ビーム角はアクセサリーがない場合、キーライトとして使用するには少し厳しいだろう。

いくつかの欠点があるが、特に造りについてそれが言える。しかし、優れた色処理結果、柔軟なボーエンスマウントシステム(ソフトボックスやその他のアクセサリーの重量に注意)、素晴らしいシダスリンクアプリのBluetoothコントロールは、ソフトなamaran P60cおよびP60xシリーズに必須のものだ。また、amaran COB 60xと60dは、一人でのオペレーションに最適なライトだ。ハードケースに入れれば、飛行機での移動も問題ない。

amaran COB
Image Credit: Graham Sheldon

Link: Aputure

1 Comment

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する