広告
広告

amaran P60c/60x ライトレビュー - 低価格でありながら充実した機能

amaran P60c/60x ライトレビュー - 低価格でありながら充実した機能

先日発表されたAputure amaran P60cとP60xはすでに出荷されており(2つの新しいamaran COBライトも)、ここ数週間で両方をレビューする機会があった。特に照明の分野では、低価格の製品には常にトレードオフがあるが、P60cとxライトは、コストとパフォーマンスの微妙なバランスを保っている。

私の考えでは、Aputureブランドは良くも悪くもARRIやLitepanelsのような他の定番製品と比較して、常により手頃な価格帯にある。Aputureは、Light StormやNovaの製品ラインと並んで、低価格帯のブランドだ。

映画制作において、予算の選択肢には絶対的な偏見がある。ある製品が、オーナーにとって日割り料金を正当化できるほど高額ではないとか、メディア市場のレンタルシステムの中にもっと良い代替品があるとか、あるいは、ある商品があまりにも低価格であるために、高価な商品にはかなわないと考える人もいるかもしれない。

amaranシリーズは、高額なキット料金やレンタル商品になることを目的としていない。ホームコンテンツ制作者や学生、個人レベルの映像作家が、予算を抑えて身軽に使用するためのものなのだ。P60cもP60xもプラスチック製であることや、より手頃な価格のNP-Fバッテリーによる消費電力は、その設計思想を反映したものと言える。正直なところ、私はそれほど手荒に扱ったり、貸し出したりすることはないので、私にとっては、amaranシリーズの製造品質や機能セットについてはあまり心配していない。私にとっては、CRIと出力の方がはるかに重要だ。

amaran P60c

amaran P60cは、映像制作者向けの低価格なカラー対応ライトとしては初めてではないが、数年前にMK 2世代のライトが市場に出回り始めて以来、私が信頼してきたブランドの製品としては、フォームファクターの面で初めてのものだ。なので、私にとっては、低価格のamaranシリーズに革新的な傾向が見られることは歓迎すべきことだ。ただし、AputureがNova P600cとLS1200でより多くの「プロ」をサポートし続ける限りにおいて、だが。

P60cの349ドルという価格は、グリッド、ソフトケース、スタンドマウント、電源ケーブル(D-Tapではない)、基本的なソフトボックス(1つのビルトインディフュージョンオプション)を含む、かなり完成度の高いキットとなっている。

amaran 60c Kit. Image Credit Graham Sheldon

P60cの寸法はP60xバージョンとは劇的に異なっており、アクセサリー間の相互互換性がない。この寸法が同じであればよかったのだが、P60cの背面を見ると、P60xバージョンでは1つしかなかったアクティブファンが2つある。これは、”c “バージョンでは、冷却のためにより多くのスペースが必要だということを意味している。

P60cには、Novaシリーズに期待されてきた内部機能が驚くほど多く搭載されている。パパラッチや警察車両などの特殊効果も含まれている。しかし、Nova P600cとは異なり、個別に制御できるライトエンジンゾーンは搭載されていない。P60cのCCTモードでは、2500Kから7500Kの間で色温度を調整することができる。HSIモードでは、多彩なカラーオプションが用意されている。また、ゲルライブラリを使用することで、使用頻度の高いゲルをマッチングさせることができる。例えば、Urban Sodiumだ。

Image Credit: Graham Sheldon

これらはすべて、背面のディスプレイパネルを使用するか、頻繁に更新されるSidus Linkアプリを介して制御できる。ここでは、有線または無線のDMXはない。もしDMXコントロールが必要であれば、Aputureのよりプレミアムな価格のライトに移行する必要がある。

率直に言うと、同梱されているグリッド、ソフトボックス、ソフトケースなどのアクセサリーは、このキットの中ではあまり好きではない。グリッドはソフトボックスの端と同じ高さにはならないし(下の画像参照)、ソフトボックス自体には1種類のディフュージョンしか内蔵されておらず、ソフトボックスをライトに取り付ける最後のループが硬かったので、取り付けるのに苦労した。

Image Credit: Graham Sheldon

奇妙なことに、付属のソフトケースにはグリッドを収めるスペースがなく、持ち運びには別のケースが必要になる。ソフトボックス自体は光を和らげる働きがあり、すぐに分解できるし、ポップアップするための4つのヒンジ(潜在的な故障箇所)は、まったく薄っぺらいとは思えない。付属品にはこだわりがあるが、349ドルという価格からすると、この2つの機材には付属品が一切ないことが予想され、様々な種類が手に入ることはボーナスのように感じられる。

また、Cスタンドやライトスタンドでの基本的なティルティングを可能にするヒンジ式のスタンドマウントが付属している。これはうまく機能するが、時間が経つにつれ、本体のベースにある1/4″20のスレッドを剥がしてしまうのではないかと心配になる。私は個人的に、このタイプのライトにはヨークマウントを使用したいと思っている。ベースの 1/4″- 20 のスレッド以外にも、器具の側面にもスレッドがある。このアンブレラホルダー付きのスタンドアダプターは、Aputure amaran Tri-8の時代からの名残のようで、LS 600d/xに同梱されているバラストスタンドアダプターの素晴らしさを考えると、ここには改善の余地があるだろう。

Image Credit: Graham Sheldon

また、「c」バージョンにはライトプロテクターを兼ねたプラスチック製の小さな拡散材が付いているが、「x」バージョンはクリアーだ。上の画像は、LEDダイオードの配置。amaran Tri-8のような無秩序な配置ではなく、少し不規則ではあるが規則性のある配置になっているようだ。

amaran P60x

amaran 60xは、1台249ドルとP60cよりも劇的に安いわけではない。そのため、P60cが提供するより多くの色と効果のために、100ドル多く支払う価値があるかどうか考える必要がある。考慮すべき点ではあるが、P60xが提供する3200Kから6500Kの範囲は、私が直面するほとんどのシナリオで役立つ。

DPとしては、何十枚もの小さなジェルを管理するのは面倒なので、今後はデジタルのジェルプリセットのみを使用することにしたい。また、照明器具によって得意な分野が異なり、完璧な照明器具は存在しないことも覚えておきたい。私の場合は、多様な照明器具を使いこなせるようになったとき、個人用キットが最強の状態になることが多い。

Aputure amaran 60x Bi-Color LED Fixture. Image Credit: Graham Sheldon

先に述べたように、P60xはP60cよりも小さく、その小ささがユーザーによっては魅力的なかもしれない。P60xの3灯キット(近日発売予定)は機内持ち込みができるし、インタビュー用の照明パッケージ全てを飛行機のオーバーヘッドキャビネットに収納できる。

Image Credit: Graham Sheldon

メーカーは、この2つのライトのリアコントロールパネルにとても気を配っているが、特にP60xについては、メニューの操作が容易だ。メニューはすぐにナビゲートすることができる。P60cではカスタムボタンのプリセットを作成できるが、P60xではそれができない。最新のAputure lightメニューUIは、どんどん良くなっている。

Sidus Linkアプリは、両方のフィクスチャをコントロールするもう一つの簡単な方法だ。このアプリの機能を理解し、Bluetooth接続が撮影中に切断されて設定が失われることがなく信頼できるようになってから、ますますこのアプリを使うようになった。何事にも言えることだが、初めてのロケでセットアップをする前に、自宅でSidus Linkアプリを使って練習するとよいだろう。

Rear view of both fixtures. You can especially see the size difference here. Image Credit: Graham Sheldon


全体の出力と色温度の測定値

amaran P60cが3フィートの距離から色温度(ケルビン)と出力(lx)をどれだけ正確に扱えるかを確認するために、Sekonic C-700U Spectrometer(現在はC-800Uにアップデートされている)で測定した。 これは5600Kを目標とし、出力を100%に設定したときの測定値だ。いずれもアクセサリーは装着していない。

ターゲットを5600Kに設定して5387Kの測定値は、正常な範囲内で良好だ。こちらはP60cで3200Kを目標に測定したもので、こちらもアクセサリーを付けず、出力を100%に設定している。

3200Kを目標とした3139Kの測定値は素晴らしく、私の日中の測定値と比較しても少し近い値となっている。こちらはamaran P60xで、ターゲットを5600Kに設定している。

ここでも、P60xの昼間の5600Kのターゲットに対して非常に正確な結果が得られ、3フィートでの読み取りでは5457Kに落ち着いた。P60cの日中の測定値と比較すると、P60xの出力[lx]はわずかに低いが、劇的に低いわけではない。

3200Kを目標にして3202Kという値は素晴らしく、これまでのテストでどの照明器具よりも近いケルビン値を示している。また、このケルビン設定では出力がわずかに上昇し、P60xがその範囲のタングステン側に近づくと、出力がP60cに最も近くなる。

全体的には、このような手頃な価格の照明器具としては非常に印象的な結果となった。

まとめ

私は、ある程度の機材を所有して撮影を行っている。その理由は、あまりにも多くの機材を所有すると、時代に取り残される危険性があり、技術が進化するにつれ、機材の多くが時代遅れになり、結果的に元が取れなくなる可能性があるから。またあまりに機材数を制約すると、レンタルを使うことになりコストや時間がかかってしまうからだ。

Image Credit: Graham Sheldon

Aputureは、今後発売されるCOB 60xと60dで、amaranのラインを継続的に拡大することをすでに発表している。これらの製品は、便利で低価格なハードライトを提供してくれるだろう。

Image Credit: Graham Sheldon
Image Credit: Graham Sheldon

私にとっては、60Wのアマランライトはどちらも健全な投資だ。他人がライトを壊すことはないし、移動時に腰を痛めることもない。さらに、より高価なLight StormやNovaライトをレンタルすることもできるし、すべてのライトをコントロールするためにAputureのワイヤレスエコシステムを利用することもできる。P60cとP60xのどちらを選ぶにしても、あるいは組み合わせて使うにしても、誰もが高品質の映像制作ツールを使うことができる時代になっている。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する