AputureがNova P600cを発表 – 4つのゾーンを制御可能なRGBWWパネル

AputureがNova P600cを発表 - 4つのゾーンを制御可能なRGBWWパネル

AputureはNova P600cをリリースした。これは、4つの制御可能な「ゾーン」を持つ照明器具で、前作の2倍の出力、取り外し可能なディフュージョンパネル、および機能も追加されている。

オリジナルのNova P300cは、2020年の夏にリリースされた。

Aputureはコロナ禍の間も製品を発表し、リリースしてきた。最近では、LS 600シリーズがバイカラー化され、今度はNovaシリーズが2×1 LED P600cという形でアップグレードされた。

Image Credit: Aputure

Aputure Nova P600c

出力の増加(P300cの2倍)以外の最も興味深い特徴は、「ライトエンジンゾーン」と呼ぶ4つの独立制御可能なゾーンが追加されたことだろう。

ゾーンを個別にコントロールできるということは、筆者にとっては、プロセスカーが本物として売りやすくなり、派手なミュージックビデオやコマーシャルのためのクレイジーな照明効果も得やすくなるということだ。また、Nova P300cと比べて2×1のサイズが標準的になったことで、ChimeraやDoPChoice/TRP Worldwideなどのサードパーティ製のクロスオーバーアクセサリーの可能性も広がる。

Image Credit: Aputure

主な特徴

Nova P600cの特徴は以下の通り。

  • 3mで2,298ルクス以上の明るさを約束(6500Kでの測定時)
  • Nova P300cの2倍の明るさ
  • CRIとTLCIは95+、SSI(D56)は74、SSI(タングステン)は84。
  • 4灯式ゾーンコントロール
  • 2,000Kから10,000Kまでの調整可能なCCT
  • グリーンマゼンタの調整が可能(フルプラス/マイナスグリーン)
  • 色相、彩度、強度のCCTコントロール
  • LumenRadio CRMX内蔵
  • Sidus Linkモバイルアプリ対応
  • 8ビットおよび16ビットのDMX512 5ピン入力および出力
  • ケーブルレスのコンタクトピンコントロールボックスインターフェース
  • ライトニングクランプ付き伸縮式コントロールボックス
  • 3m長のヘッドケーブルによる柔軟性とリーチ
  • ユーザープログラム可能な4つのプリセット
  • 取り外し可能なディフュージョンパネル
  • 2種類の出力モード マックスとコンスタント
  • クイックワークフローのためのリード/フォローモード
  • 多彩な内蔵光源のプリセット
  • ちらつきを抑える周波数設定
  • 300種類以上の標準的なゲルプリセット
  • 19種類のライティングFXを内蔵。パトカー、稲妻、パパラッチ、キャンドル、火など。
  • 0.1〜100%の無段階調光が可能
  • 3ピンのXLR 48V/15A DCバッテリー入力
  • 内蔵電源
  • Neutrik powerCON TRUE1 TOP AC電源ケーブル
  • ジュニアピン(28mm)
  • -20°~45°C 動作周囲温度
  • 360°回転、カーブしたデュアルディスクブレーキのヨーク
  • キット購入者にはハードシェル・ローリングケースが付属

周波数の選択ができるのが特徴で、主にライブイベントの制作や既存の実習用の照明でフリッカーの問題に悩まされていたユーザーには参考になるだろう。

Image Credit: Aputure

オリジナルのP300cは、1年以上にわたって筆者のキットの主力製品となっており、AputureがNovaシリーズに継続して投資を行っていることは素晴らしいことだ。個人的には、物理的なゲルを二度と必要とせず、すべての照明器具が必要なケルビン、業界標準のゲル、色に完全に調整できる日が来るのを期待している。

P600cについては、実際に手に入れてレビューするまで判断を保留するが、期待できそうだ。なお、Nova P600cの出荷開始時期については未定。

価格

「Nova P600c」の価格は3,290ドルで、姉妹機の「Nova 300c」(1,699ドル)に比べてかなり高価だが、新しい「P600c」は明らかにパワーが増強されている。

また、ローリングケースが付属したキットも用意されている。このキットは3,590ドルで販売されている。

Link: Aputure

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience