Aputureがバイカラーライト「LS 600x」とソフトボックス「ライトドーム150」を発表

Aputureがバイカラーライト「LS 600x」とソフトボックス「ライトドーム150」を発表

Aputureが、高出力LEDのLS 600dシリーズにバイカラー600xを追加した。筆者はデイライト専用の600d Proを試す機会があったが、LS 600xも有用そうだ。また、同社は新しいソフトボックス「Light Dome 150」を発表した。

Aputureは、F10フレネルアタッチメントで、3mで18,510+ルクス、付属のハイパーリフレクターアタッチメントで、3mで5,610+ルクスの出力を約束している。LS 600xの価格は1990ドルを予定している。

比較のために、Aputureの評価では、300xは3メートルで5500K、ハイパーリフレクターアタッチメントを使用した場合、約1,700ルクスとなっている。600xでは5,610ルクス以上と大幅に上昇する。また、600xの消費電力はトップエンドで720W。48Vの3ピンXLR入力でVマウント、ゴールドマウント、またはブロックバッテリーで駆動できる。

The 600x with the new Light Dome 150. Image Credit: Aputure

LS 600xのその他の機能は、LS 600d ProやLS 300d/xと同様。

  • コントロール:2.4GHzリモート、Sidus Link Bluetoothアプリ、内蔵型ワイヤレスDMX、Art-net、Ethernet、5ピンDMX512イン/アウト
  • 9つのライティング特殊効果モードを搭載。パパラッチ、花火、稲妻、故障電球、テレビ、パルシング、ストロボ、爆発、火災
  • デュアルジュニア/ベビーピンで素早く取り付け可能
  • 4つの調光カーブ。リニア、エクスポネンシャル、ログ、S字カーブ
  • ライトニングクランプ・クイックリリース
The newly announced Aputure 600x Pro. Image Credit: Aputure

もちろん、LS 600d Proで得られるようなレベルの出力は600xでは得られないが、ここで得られるのは、幅広いケルビン範囲の柔軟性と、それに見合った出力であることは間違いない。

Light Dome 150

Image Credit: Aputure

まず、Light Dome 150は、幅が4.9フィート、奥行きが31.5インチと大きい。これにより、Light Dome 150は、筆者がこれまで見てきたAputureのボーエンスマウント式円形ソフトボックスの中で最大となるが、199ドルのNanlite Para 150ソフトボックスに近いサイズとなっている(Para 150には、グリッドアクセサリーが含まれていない)。Light Dome 150には、2種類のフロントディフュージョン(1.5 Stopと2.5 Stopバージョン)が同梱されており、269ドルの価格にはグリッドも含まれている。

このソフトボックスは、(寸法からすると)動きの速いフィールドワークには最適ではないかもしれないが、スタジオやLS 600d Pro、または今後発売予定のLS 600xには適しているように思われる。

Aputureの価格変更

多くのメーカーが価格を引き上げている中、Aputureはいくつかの製品を値下げするという逆の戦略をとった。リストは以下の通り。

  • LS 300x Gold & V-Mountは1199ドルから999ドルに値下げ
  • LS 120d II ゴールド&Vマウント」は745ドルから545ドルへ
  • LS 300d II ゴールド&Vマウントは1099ドルから949ドルへ

プロダクション関係者には嬉しいニュースだ。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience