Aputure Spotlight Mini Zoom アクセサリーレビュー

Aputure Spotlight Mini Zoom アクセサリーレビュー

照明メーカーのAputureは、小型のLED COBライト60xと60d専用に設計されたSpotlight Mini Zoomをリリースした。大型のAputure Spotlightアクセサリーとの比較や、このアタッチメントで60dと60xの拡張性をレビューする。

筆者はAputure Spotlight Mini Zoomの必要性をあまり感じていなかった。それは120D MK II、300x、300D MK IIシリーズ専用のAputureスポットライトマウントはさまざまな撮影で非常に役立ち、60xと60dの可変ズームの性質を備えていたからだ。即ち、筆者はすでにさまざまな状況で使用できるライトを持っていた。

Aputure Spotlight Mini Zoomの概要

Spotlight Mini Zoom(略してSMZ)の価格は499ドルで、419ドルのLS60x照明器具よりも80ドル高いことを指摘しておく必要がある。つまり、すべての人の予算に収まらない可能性がある。また、より大きな Aputure Spotlight Mountのコストにも匹敵するが、そのマウントは可変ではなく、固定レンズが1つだけ搭載され、アイリス調整は無い。価格は499ドルだ。

従ってSpotlight Mini Zoomのビルド品質、機能、および付属するアクセサリーは優れたものだが、コストを考えるとすべての人が納得できるとは限らない。

The original full sized Spotlight accessory below and the new Mini Spotlight above. Image Credit: CineD

ファーストインプレッション

Spotlight Mini Zoomアクセサリー(60d / 60xと互換性がある)を使用すると、フレネルスタイルのライトでは不可能な、非常にハードな光のカットと15〜30度のズームが可能になる。筆者は1か月のテスト中にいくつかの撮影で新しいミニズームを使用し、すぐにいくつかのことに気が付いた。

  1. このアクセサリーにより、60dおよび60xは、業界で人気のあるLED Dedoよりも全体的なコストが低く、Dedoライトシステムと同様に使用できる。Aputureライトとミニズームのサイズを考えると、機器全体はDedoに比べてわずかに大きくなるが、正確な光のカットを得ることができる。
  2. スポットライトを取り付けると、わずかな光漏れが発生することがある。これは注意すべきことだが、筆者が撮影したどのプロジェクトでも問題が発生することは無かった。
  3. Spotlight Mini Zoomは、Bowensマウントを使用した場合、60dまたは60xに適合せず、代わりに所定の位置にスライドする。ミニスポットライトに取り付けた場合でも、所定の位置で回転できる。実際には、より大きなスポットライトアクセサリーのボーエンスロックが適している。筆者が一緒に仕事をした照明技術者は、ライトを逆さまに取り付けた方が接続が多少安定すると考えていたが、個人的には、ライトが落ちたり、ミニスポットライトとの接続が切断されるという問題は発生しなかった。
  4. Spotlightアクセサリーのケースは、機器自体よりも大きくなっている。単純な3灯のインタビューキットとして一連の60d / xを構築しようとしている場合は注意が必要だ。一般に、ミニスポットライトは大きなスポットライトと比較すると小型だが、60d / xライトのサイズの2倍以上になる。重量面ではCスタンドなら問題ないが、SMZをライト付きの小さなライトスタンドに取り付けることはお勧めしない。

キット

Spotlight Mini Zoomは、最新世代のAputure製品の使い慣れたソフトケースで出荷される。Aputureシステムで気に入っているところの1つは、15個のMサイズゴボ、ゴボホルダー、アイリス(より大きなスポットライトキットには含まれていない)などが無料で同梱されていることだ。

キットに日常的に必要なツールが多数含まれていれば、価格以上に有用だ。

I’m partial to the exterior design of the 60d and 60x fixtures and the SMZ accessory carries on that stylish tradition. Image Credit: CineD

キットには、ブラインドや木の枝や葉の形など、よく使うスタイルのゴボが含まれている。また、幾何学的な形もいくつかある。より大きなAputure SpotlightはBサイズのゴボを使用しているため、相互互換性がないことに注意いただきたい。

まとめ

Image Credit: CineD

最初に60x / dで使用したとき、周囲光の問題や、十分な出力が得られないことが心配だった。しかしそのような問題は特に発生しなかった。

ただし窓からの外光に打ち勝つことはできず、屋外での使用は難しい。有用なのは、製品の写真撮影やフレームの隅の小さなポイントを強調するときなどだ。

The Spotlight Mini zoom without a fixture attached. Image Credit: CineD

Spotlight Mini ZoomはAputureの有用なアクセサリーであり、使用頻度も多い。他のメーカーでは、メインの照明器具に重点を置き、アクセサリーに重点を置いていないことが多いので、Aputureがこれらのアクセサリーを適切な価格で提供しているのは評価できる。

すでに60d/xを愛用しているなら、このミニスポットライトズームは使用範囲を広げてくれるだろう。しかし、120d MK IIや300dの照明器具を多く使用しているなら、より大きなスポットライトアクセサリーの方がワークフローにとって適切と思われる。

Image Credit: CineD

Aputure LS 60 Softbox

このソフトボックスは、他のAputureソフトボックスよりもコンパクトで、2種類のディフュージョン(1.5ストップと2.5ストップ)と45度のコントロールグリッドを備えている。繰り返しになるが、これらの照明器具からは、大型のものと比べて大出力を得ることはできないが、管理された環境であれば、これらの機器を使って便利なコンパクト3灯キットを構築することができる。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する