アップルがFinal Cut Pro X 10.4.7をリリース

アップルがFinal Cut Pro X 10.4.7をリリース

macOS 15 Catalinaがリリースされた後、アップルはFinal Cut Pro Xをバージョン10.4.7にアップデートした。Final Cut Pro X 10.4.7は、新しいOSおよび今後登場する新しいMac ProやPro Display XDRに最適化されている。

FinalCutProX_1047_Featured

Final Cut Pro X 10.4.7 is optimized for the new Mac Pro and Pro Display XDR. Image credit: Apple

Final Cut Pro X 10.4.7アップデート

新しいMac ProとPro Display XDRは6月に発表されたが、アップルはこれらの新しいハードウェアに対応すべく、macOS 15 Catalinaを含むすべてのソフトウェアのアップグレードを開始した。これに伴いFinal Cut Pro Xもアップデートが発表された。

ただしFinal Cut Pro X 10.4.7アップデートでは画期的な機能が搭載されたわけではない。変更のほとんどは、新しい処理エンジンによるパフォーマンスの向上だ。この新しいエンジンにより、再生速度、レンダリング/合成/リアルタイムエフェクト/エクスポート速度などが改善される。 15インチのMacBook Proでは、20パーセントのパフォーマンスの改善が見られ、 iMac Proユーザーは最大35パーセントの改善が見られるとしている。

FinalCutProX_1047_02

15-inch MacBook Pro users will benefit from performance improvements up to 20 percent faster with Final Cut Pro X 10.4.7. Image credit: Apple

これは負荷の大きい作業には朗報だ。 Final Cut Pro X 10.4.7は、新しいMac ProのRadeon Pro Vega IIおよびRadeon Pro Vega II Duoを含む複数のGPUをサポートする。また、最大28個のCPUコアをサポートしているため、 iMac Proや新しいMac Proでは、すべてのコアを活用できる。

以下は、Final Cut Pro X 10.4.7アップデートの改善点。

  • Final Cut Proは、macOS Catalinaの新しいサイドカー機能と連携する。この機能を使用すると、iPadをセカンドディスプレイとして使用し、ワークスペースを拡張できる。サイドカー機能はFCP Xで有効になる。
  • ProResおよびProRes RAWを使用する場合、Afterburnerカードを使用して再生パフォーマンスを大幅に改善できる。
  • Mac Proには、最大3台のPro Display XDRモニターを接続できる。 2つはFCP X操作画面用で、もう1つはモニターとして使用できる。また、Pro Display XDRを使用して、HDRビデオの編集やグレーディングができる。 Pro Display XDRを使用していない場合は、互換性のあるSDRディスプレイにトーンマッピングされたHDR画像を表示できる。
  • 強化されたカラーマスクとレンジアイソレーションツールを使用してHDR画像をグレーディングできる。
  • 内部または外部GPUを使用してグラフィック処理を加速する。

同時に、Motionはバージョン5.4.4に、Compressorはバージョン4.4.5に更新された。これらのソフトウェアの改善はFCP Xの改善と同じ。

FinalCutProX_1047_01

You can use up to three Pro Display XDR units connected to Mac Pro. Image credit: Apple

価格と発売時期

Final Cut Pro X 10.4.7Motion 5.4.4、およびCompressor 4.4.5は、既存ユーザー向けの無料アップデートとして入手可能。新規ユーザーは、Mac App Storeで299.99ドルでダウンロードできる。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する