広告
広告

Aputure LS 600xレビュー

Aputure LS 600xレビュー

Aputureから、人気のLS 600d Proの新しいLEDバイカラーバージョンが登場した。その名も「LS 600x」である。このLS 600xをライトドーム150と一緒に数週間にわたってテストしたのでレポートする。

時間が経つにつれ、私は様々なセットや現場のあらゆる環境でAputure製品を使っている。第一世代のProには疑問があり、最初はこのブランドに懐疑的だった。しかし、長い間必要とされてきた改善点(ヨークの滑りやヘッドケーブルの短さ、バラストのマウントなどの問題)は、今では解決されている。また、AputureはSidus Linkアプリを更新し、ワイヤレスコントロールで便利に使えるようになった。

Aputureは、エントリーレベルのamaranにも革新をもたらしている。ルーメンに対するコストの割合がこれまでになく低くなったのは良いニュースだ。1990ドルのハイエンド製品であるLS 600x Bi-Color LEDには、Bowens S-Typeマウントが付属し、2700~6500Kのケルビンレンジを備えている。

映像制作用の高出力光源というと、煩雑で消費電力が大きく、高価なデイライトバランスのHMI照明技術を思い浮かべる。人気の高いArri M18やHMIの照明器具のケルビン温度を変更するには、ジェルを使用する必要がある。LS 600x Proは、そのステップを省いた。LS 600x Proのような高出力の色温度可変ライトがあれば、ゲル(少なくともCTBとCTOのゲル)は不要になる。

撮影用にレンタルのHMIライトを何台も使うのではなく、複数のLED LS 600xやLS 600dを使う場合には、慣れるまでに時間がかかりそうだ。最近、私の撮影では、LS 600d Proが、以前はHMIユニットを使うことを考えていたプロジェクトで、使われるようになっている。

読者にとっての大きな疑問は、LS 600dを選ぶべきなのか、それともバイカラーバージョンに100ドルを費やす価値があるのか、ということだと思う。

LS 600xのファーストインプレッション

LS 600xキットは決して小さくはなく、LS 600d Proと比べるとランプヘッドの寸法が若干大きくなっている。ソフトケースではあるが、ホイール付きの優れたトランスポートケースに入っている。Aputureがハードケースを開発するか、Novaシリーズで行ったように、Light Storm製品の一部にハードケースを作成するためにサードパーティと提携することを期待している。

ソフトケースが強い衝撃に耐えられるとは思えないが、個人のオーナーやオペレーター、あるいは中規模のレンタル事業者がプロの手で扱う場合には、数年間は十分に機能するだろう。ケースには、55度ハイパーリフレクター、ヘッドケーブル、ACケーブル、バラスト、リモート、ランプヘッドなどのコアキットを収納するスペースが十分に確保されている。また、メッシュポケットには、カラージェルやブラックラップ、ディフュージョンなどを入れておくことができる。

LS 600x
Image Credit: Graham Sheldon

LS 600xのランプヘッドは洗練されたデザインで、デイライトバージョンよりもわずかに広い寸法になっている。Aputureロゴが600d Proからスタイリッシュに変更され、製品の魅力を高めている。私は湾曲したヨークデザインが好みだが、ヨークを手で締めた後にライトが滑るという問題はなかった。また、COBの上には小さなプロテクタープレートがあり、万が一虫が入ってきた場合でも簡単に掃除ができる。

LS 600x
Side view of the 600x lamp head. Image Credit: Graham Sheldon

Aputure LS 600x Proのヘッドケーブルは7.5メートルと、これまでのLight Stormライトよりも長くなっている。つまり、ランプヘッドを高い位置にセットする際に、コントロールボックスを危険なほど高い位置に取り付ける必要がないということだ。適切なモディファイアを使用すれば、特にこのライトはより広い空間を照らすことができるので、空間照明のために高い位置に器具を取り付けなければならないことも想定しておく必要がある。

Aputure LS 600x Head Cable. Image Credit: Graham Sheldon

LS 600xの制御

最近のAputure製品と同様に、LS 600xは、Sidus Link App入りのモバイルデバイスを使用して、Bluetoothで制御できる。古いAputure製品のユーザーで、Bluetoothコントロールを探している方は、Sidus Link Bridgeをお勧めする。以前のAputureのレビューや発表でも、Sidus Link Appを何度も取り上げている。

Aputureは、様々なタイプのプロユーザー向けのSidus Linkサブスクリプションサービスの計画を予告している。このサブスクリプションサービスが、現在利用可能な機能を有料化することなく、真の価値を提供するものであることを願っている。サブスクリプションは、間違いなくアップデートの資金源となり、以前は開発のための投資に見合わなかったような新機能を推進するのに役立つだろう。

LS 600x
Image Credit: Graham Sheldon

また、ワイヤレスまたは5ピンのワイヤードDMXコントロールを選択することもできる。

コントロールメニューのUIは以前より改善されており、ケルビンカラーホイールが色付きで表示されている。また、コントロールボックスの画面が少し上向きになっているのも気に入っている。これは、LS 300xのコントロールボックスのフラットな形状を改良したもので、読みやすさが大幅に向上している。

メニューの操作も簡単だ。「稲妻」から「炎」まで、一般的に使用されている一連のエフェクトが選択でき、周波数やフラッシュの強さなどの変数を変更することで、それぞれのエフェクトを自分の好みに合わせて調整することができる。

総合出力と色温度の測定値

LS 600x
Image Credit: Graham Sheldon

LS 600xが3フィートの距離から色温度(ケルビン)と出力(lx)をどれだけ正確に処理できるかを確認するため、Sekonic C-700U Spectrometer(現在はC-800Uに更新)でいくつかの測定をしてみた。付属の55度ハイパーリフレクターを装着してテストしている。

ここで最初に気づくのは、LS 600dのようなネイティブな昼光色の照明器具と比較して、出力が約30%低下していることだ。これは普通のことで、昼光色と2色のどちらを選択するかの判断材料になるはずだ。さらに、5127Kという値は目標の5600Kからわずかに外れているが、ハイパーリフレクターを装着しているので、このようなアクセサリーからは約300Kの変動があると思われる。

C-800Uのような分光計を使用すれば、器具のケルビンを正確にダイヤルで調整し、このライトで使用しているどんなアクセサリーにも適合させることができる。

ここでは、LS 600xで3200Kを目標とし、出力を100%に設定して測定している。

LS 600x

3200Kの目標値に対して3029Kの測定値は、このアクセサリーの組み合わせが、レンジのタングステン側で最も正確であることを示している。これは素晴らしい結果だ。

最後に、中間の4700Kを目標値にする。

LS 600x

目標値の4700Kと測定値の4341Kの間には、359Kの差がある。これは、私が過去にテストした他のバイカラーライトの正常な範囲内だ。

Light Dome 150

このレビューは主にLS 600xに関するものだが、新製品であるLight Dome 150についても触れないわけにはいかないだろう。

LS 600xと同時に発売され、大型のAputureライトを念頭に置いて設計された5フィート、269ドルのLight Dome 150は、スタジオや大規模なロケーションで600xの優れた相棒となる。ライトドーム150はもっと高くてもいいような気がするので、この価格には驚いたが、もちろん大歓迎だ。

Light Dome 150. Image Credit: Graham Sheldon

ライトドーム150で私が気に入っているのは、所定の位置でロックされる一連のラッチだ。最小限の圧力で、ラッチがBowensマウントリングの外側とライトを接続する。過去の類似製品では、照明器具に接続するリングの周囲の小さな穴に金属棒を入れなければならなかった。個人的には、この方式はあまり好きではなかった。思った以上に力が必要だったり、棒を並べるのに根気が必要だったりして、慌ただしい撮影の日には問題だった。新しいデザインでは、そのようなことはなく、セットアップ時間が非常に短くなった。

Image Credit: Graham Sheldon

私は大きな柔らかい光源を好んで使っている。インタビューでは(被写体にもよるが)効果的だし、ファッションやプロダクトでも良好に使える。AputureのLight Dome 150には、1.5ストップと2.5ストップの2種類のディフュージョンが同梱されているが、無漂白のモスリンなど追加で購入できる素材が増えると嬉しい。

飛行機で移動する場合は、ライトドーム150やLS 600xではなく、LS 120d MK IIやライトドームII、ライトドームミニのような小型のライトが便利だ。

私は、LS 600x/Light Dome 150と標準的なCスタンドを組み合わせることはお勧めしない。また、ライトドーム150はLS 600xのヨークにしっかり圧着し、スリップすることは無い。

ライトドーム150を購入するかどうかは、機動性と撮影スペースの大きさにかかっている。ローリング式のコンボスタンドを使っているなら、ライトドーム150はお勧めだ。

まとめ

LS 600x Proは、ライトストームのラインアップを拡充する素晴らしいライトだ。300xとLS 1200D Proの間のマーケットに、高出力のバイカラー機能をもたらした。純粋な出力値だけを見ると、LS 600D Proとそれに伴うジェルの必要性に最も興味を持つだろう。また、よりスピーディーに撮影したい場合は、LS 600xが適している。

予算的には、LS 600D ProとLS 600x Proの両方を持っていると、理想的だ。もっとスピーディーに撮影したい、旅先での撮影が多いという方には、LS 300x/300dコンボをお勧めする。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する