Blackmagic RAWとProRes RAWを比較する

Blackmagic RAWとProRes RAWを比較する

ニューヨーク在住の映像作家Sherif Mokbel氏がYoutubeの「The DP Journey」で、Blackmagic RAWとProRes RAWのビデオフォーマットを、メタデータベースのホワイトバランス、ノイズやディテールなどの面で比較している。

Blackmagic RAWとProRes RAWはどちらも人気が高まっており、真っ向から比較されるのは興味深い。しかし、それを見る前に、Blackmagic RAWとProRes RAWの基本的な情報をおさらいしておこう。

ただし、この記事では、ビデオコーデックの技術面にはあまり深く立ち入らない。

ビデオフォーマットの基本

動画を撮影する際には、解像度やフレームレートのほかに、どのようなコーデックで記録するかを選択する必要がある。これは、ファイルのサイズとポストプロダクション(特にカラーグレーディング)での柔軟性に影響する。一般的には、インターフレーム(基本フレームのみが採用され、残りは計算される)またはイントラフレーム(全フレームを採用する)の圧縮コーデック、そしてRAWフォーマット(圧縮または非圧縮)がある。

ドローンやスマートフォン、アクションカメラなどの民生用カメラの多くは、LongGOP(Group of Pictures、フレーム間)圧縮のH.264やH.265の8ビット4:2:0コーデックを採用しているが、10ビット4:2:0や4:2:2フォーマットを採用する機種も増えてきている。これらのフォーマットは、より多くの色情報が含まれているため、カラーグレーディングの自由度が高く、通常、フラット(Log)カラープロファイルの利点を活かして各クリップのダイナミックレンジを広げることができる。

RAWビデオでは、非圧縮タイプの例として、AdobeのCinemaDNG(若干の圧縮タイプもある)がある。このフォーマットは、各フレームが基本的にRAW写真そのものであるため、グレーディングの自由度が非常に高い。このフォーマットの欠点は、巨大なストレージが必要になることだ。特に圧縮されていないRAWは非常に大きな容量を必要とするため、実際の撮影ではほとんど扱うことができない。

圧縮されたRAWビデオ

圧縮RAWフォーマットは両方の長所を兼ね備えている。カラーグレーディングのための高い柔軟性と合理的なファイルサイズが両立している。現在、多くのフォーマットが存在しているが、そのうちの1つがREDのR3D REDCODE RAWコーデックであり、当然ながらREDカメラでのみ利用可能だ。このコーデックは、圧縮RAWコーデックを理解する上で重要となる。

簡単に説明すると、2007年にRED ONEカメラと一緒に新しい圧縮RAWコーデックを発表した際、REDはこの技術の特許を取得した。この特許の結果、カメラメーカーが自社製品に圧縮RAWフォーマットを搭載しようとすると、まずREDに許可を求めなければならず、許可された場合には一定のコスト(ライセンス料と呼ぶことにする)が発生する。そのため、カメラメーカーの中には、圧縮RAWコーデックを自社製品に搭載することを避ける場合もある。

BRAW versus ProRes RAW Comparison. Source: The DP Journey

最近特に人気が高まっているProRes RAWとBlackmagic RAW(BRAW)という、2つのフォーマットがある。前者は、2018年に導入されたAppleの新しいフォーマットで、従来のProResフォーマットをベースにしながら、ポストプロダクションでの柔軟性を高めるために、メタデータ付きの非デバイダー画像を提供する。基本的に、現在ProRes RAWを記録できる製品を作っているのはAtomosだけで、同社のレコーダーを使って外部から記録することしかできない。Atomosは数年前からこのフォーマットをレコーダーに搭載しており、多くのカメラがRAW信号を Atomos Ninja VAtomos Shogunに出力できるようになった。ProRes RAWは、定義上、本物の圧縮RAWコーデックだ。AtomosがProRes RAWを製品に搭載できるのは、REDと合意したからのようだが、詳細は公表されていない。

後者のBRAWは、ブラックマジックデザインが同社のカメラやレコーダーで使用するために開発したフォーマット。実際には、カメラ(またはレコーダー)内で部分的にディベイヤーされているため、本当の圧縮RAWコーデックではない。しかし、ポストプロダクションでISOやホワイトバランスなどを変更するのに便利なメタデータはすべて含まれている。

BRAWとProRes RAWの比較

どちらのコーデックも、従来の圧縮ビデオフォーマットより柔軟性が高く、手頃な価格のカメラやレコーダーに搭載されているため、最近人気が高まっている。Sherif Mokbel氏は、ニューヨークを拠点とする映像作家兼写真家で、「The DP Journey」という興味深いYoutubeチャンネルを運営している。最近のビデオの中で、彼はパナソニックのLUMIX S1Hカメラを使って、BRAWとProRes RAWの両方のフォーマットを比較した(ラボテストはこちら)。なお、現在両方のフォーマットをサポートしているカメラはあまり多くない。筆者が知る限り、はパナソニックS1H、EVA1、シグマfp、そして一部のニコンZモデルがある。

Sherif氏のビデオは非常によくできており、両方のフォーマットに関し多くの技術情報を提供している。このビデオは以下の章に分かれているので、各パート間の移動やスキップが簡単にできる。

  • イントロ
  • 視聴用リンク
  • S1HにおけるBRAWの要件
  • 録画プリセット
  • BRAW+S1H対BRAW
  • ホワイトバランスコントロール
  • WBコントロール BRAW対内部記録
  • WB ProRes RAWとBRAWの比較
  • ノイズとディテール
  • ノイズテスト
  • 部分的なディベイヤー
  • DPについて
  • BRAW対ProRes RAWのまとめ
  • メタデータベースのホワイトバランス

メタデータベースのホワイトバランス

BRAW versus ProRes RAW Comparison. Source: The DP Journey

Sherif氏は、パナソニックS1HのBRAWとProRes RAWの比較に加え、S1H(およびVideo Assist 12G)のBRAWとBlackmagicカメラのBRAWを比較した。いくつかの違いがある。例えば、メタデータベースのホワイトバランスは、S1H-VAコンボでは正しく動作しないが、BlackmagicカメラのBRAWでは動作する。そのため、S1HのホワイトバランスをBRAWで修正するのはそれほど簡単ではないが、それでも内部の圧縮コーデックよりは簡単だ。この点ではProRes RAWが有効と言える。

BRAW versus ProRes RAW Comparison. Source: The DP Journey

ノイズとディテール

Sherif氏は、各フォーマットが画像のノイズの中でどのようにディテールを保持するかについても深く掘り下げている。ここでもProRes RAWがBlackmagic RAWに勝ったのは、ノイズが多いものの、ノイズの中でより多くのディテールを保持しているからだ。ProRes RAWの場合、ノイズリダクションは一切ない。BRAWでは、カメラ/レコーダー内でデバイアス処理が行われるため、ノイズとともに画像のディテールの一部も除去される。一般的には、ノイズの多い画像を撮影し、ポストプロダクションでNeat Videoプラグインなどを使ってノイズを除去した方が良い結果が得られる。

BRAW versus ProRes RAW Comparison. Source: The DP Journey

まとめ

簡単に言えば、Sherif氏の比較は、画質を維持するという点では、ProRes RAWがこの2つのコーデックの中でより優れていることを証明している。しかし、その最大の問題の一つは、最も人気のあるカラーグレーディングソフトウェアである DaVinci Resolveでサポートされていないことだ。一方、Blackmagic RAWは、内部の圧縮コーデックよりも優れた結果を提供し、Resolveでは非常によく機能する。最終的には、ポストプロダクションで使用するソフトウェアによることになる。

BRAW versus ProRes RAW Comparison. Source: The DP Journey

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience