Bright TangerineがONE Trayを発表 - Misfit KickとARRI LMBマットボックスに対応

Bright TangerineがONE Trayを発表 - Misfit KickとARRI LMBマットボックスに対応

英国を拠点とするBrightTangerineは、新しいユニバーサルフィルタートレイ、Bright Tangerine ONEをリリースした。 138mmの丸型フィルターと4×5.65インチフィルターをしっかりと保持し、回転できる。

マットボックスで、特にサーキュラーPLフィルターを使用する場合は、少し面倒だ。 ONEフィルタートレイは、このようなフィルターを使用する際、使いやすいように設計されている。特殊なギア付きフィルターやその他の専用機器を必要とせず、業界標準の138mmラウンドフィルターを使用できる。

なお、MisfitKickMatte Box、Rota Pola Diopter Filter Tray、EVF MountPrototypeについての記事はこちら(英語)。

ONEフィルターを使用すると、フィルターのスムーズな回転が可能になる。バネによる駆動システムにより、滑ることなく確実に接触し、手やモーターでフィルターを回転させることができる。ギアは標準の0.8ピッチを使用しており、一般のフォーカスモーターで使用できる。

Bright Tangerine ONEの概要

Bright Tangerine ONEフィルタートレイにはユニットの前に4×5.65インチのスロットがある。これにより、サーキュラーPLの前に別のPLフィルターを置いて、カスタムの可変NDを形成できる。また、ディフューザーを追加することもできる。すべてが1つのスリムなパッケージに収められており、他に追加する必要がない。MisfitKickと組み合わせる場合は、ロッドがまったくない、純粋なクランプオンシステムでも機能する。

filter tray
The ONE in detail. image credit: Bright Tangerine

さらに、ONEを使用して、最大+2の視度調整ができる。レンズが多いため、フロントトレイは使用できなくなるが、視度が+3/4以下であれば使用できる。

丸型フィルターを取り付けるには、つまみネジを使用してONEトレイを物理的に開く。これにより、フィルターが脱落するリスクなしにしっかりと保持される。 4×5.65インチのトレイは、従来のバネのクランプを使用して、フィルターを所定の位置にしっかりと保持する。

Misfit KickとARRI LMB

ONEトレイは、Misfit Kickマットボックスシステムだけでなく、現在販売されている互換性のあるシステム、たとえば人気のあるARRI LMB(軽量マットボックス)ラインアップにも適合する。

filter tray with motor
image credit: Bright Tangerine

ONEは業界標準の0.8ピッチのギアを使用している。コンパクトで軽量ながら、フィルタートレイを可能な限り用途で使えるように設計されている。

フィルターの互換性

Bright Tangerineは、互換性のあるフィルター、138mmの丸型フィルター、および4×5.65インチのフィルターの膨大なデータベースを提供している。詳細については、同社のサイトを確認いただきたい。

mounting a filter
using 4×5.65″ filters. image credit: Bright Tangerine

Bright Tangerine ONEは現在入手可能で、379ドルで販売されている。

Link: Website

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する