ChroszielがフジノンPremistaレンズ用フルサーボドライブユニットを発表

ChroszielがフジノンPremistaレンズ用フルサーボドライブユニットを発表

Chroszielは、フジノンPremistaズームシネマレンズ用のフルサーボドライブユニットを発表した。このユニットは3つのレンズすべてに適合し、ズームレバー付きの3つのモーターと、リモート操作に必要なすべてのコネクタを備えている。

なおフジノンPremistaは、大型センサーカメラ用の3つのシネマズームレンズで、NAB2019でPremista 28-100mmT2.9および80-250mmT2.9-3.5が発表された。昨年9月、同社は広角のPremista 19-45mmT2.9を発表している。

Chroszielはミュンヘン近郊に拠点を置くドイツのカメラアクセサリーメーカーで、以前にもフジノンMKズームなどのレンズ用サーボズームコントロールキットを開発している。

フジノンPremistaレンズ用Chroszielフルサーボドライブユニット

Premistaの3つのレンズはすべてギアリングの位置が同じであるため、Chroszielの新しいサーボドライブユニットを共通で使用できる。このフルサーボドライブユニットは、すべてのコンポーネントを1つのハウジングに収納しており、レンズへの取り付けを簡単にしている。

Servo Drive Unit for FUJINON Premista. Source: Chrosziel

ユニット内部には十分なトルクを持つ3つのモーターが収納されており、0.8ピッチギアを駆動する。エンゲージ/ディスエンゲージメカニズムで、必要に応じてレンズギアを駆動することができる。レンズ交換や電源が切断された場合でもモーター位置は変わらないので迅速な起動が保証されている。ユニットの上部にはズームレバーが置かれている。

ユニットには、ソフトウェアアップデート用のミニUSBポートも用意されている。電源は、Lemo 12-30V DCコネクタ@ 3Aを介して供給される。レンズからのメタデータ(Cooke / i-data)を互換のデータフォーマットで転送することも可能。 Chroszielサーボドライブユニットは、次のコネクタを備えている(すべて底面にある)。

  • 電源:Lemo 0B.305
  • レンズポート:12ピンヒロセリバース:モーター位置フィードバック、VTR信号、アナログアイリス信号、シリアルTTLインターフェースなどの一般的な機能を備えたインターフェースを提供。
  • フォーカスデマンド12ピンヒロセソケット(フジノン標準ピン配列)
  • ズームデマンド12ピンヒロセソケット(フジノン標準ピン配列)
  • フジノンリモートソケット(ヒロセ20ピン)
Servo Drive Unit for FUJINON Premista. Source: Chrosziel

価格と発売時期

価格と発売時期はまだ発表されていない。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する