DJIがFPVドローンを発表

DJIがFPVドローンを発表

DJI FPVは、同社初のFPVドローンだ。スキルレベルの異なる3つの飛行モード、さまざまな安全機能を搭載し、新しいモーションコントローラーで操縦する。 FPVゴーグルを着用して操縦するが、これはOcySync 3により低遅延で、HDの高フレームレートの画像を提供する。カメラは、最大4K/60fpsまたは1080p/120fpsでビデオを記録できる。1個のバッテリーで最大20分の飛行が可能。現在154,000円で発売されている。

DJIは中国のメーカーで、2006年に設立された。ドローンが主力製品の一つで、PhantomとMavicのラインアップがある。しかしFPVドローンはまだラインアップになかった。FPV(First Person View)は、パイロットがゴーグルを装着して操縦するタイプのドローンで、ドローンの正面カメラと同じ映像を見る。ある意味、それは実際に自分が飛んでいるような映像だ。

The FPV Goggles. Source: DJI

FPVドローンは主にレースで使用されている。FPVフライングは、新しい映像を求める映像クリエーターの間でも非常に大きな人気を集めている。今回DJIはこのFPVドローン市場に参入した。

DJIのFPVドローンシステム

これまで、DJIはFPVパイロット向けにゴーグル付きの画像伝送システムしか提供していなかった。 DJI FPVにより、同社は総合システムを提供する。 DJI FPVシステムには、ドローン本体、ゴーグル、専用のリモートコントローラー、および手の動きに基づいてドローンを操縦できる直感的な(オプションの)モーションコントローラーが含まれている。高性能レーシングモーターを備えたDJI FPVドローンは、2秒で最高時速140 km、最大加速度0-100 kphに達する。

DJI FPV Set with the Motion Controller. Source: DJI

FPVモニタリングシステムは、DJIの第3世代のOcySyncテクノロジーのO3に基づいている。その最大伝送範囲は、10km(遮るものがない場合:米国FCC準拠)または6km(欧州のCE準拠)となっている。自動切り替えデュアル周波数、50 Mbpsの高ビットレート、および干渉防止機能により、DJI FPVゴーグルV2に信頼性の高い低遅延のHD画像を映し出す。 FPVパイロットはいくつかの表示モードを選択できる。

  • 標準の低遅延HDモードでは広い142°FOV/60fpsまたは150°FOV/50fpsで1440x810pで動作する。このモードでは、遅延は40ミリ秒未満にとどまる。
  • スムーズモードでは、パイロットは高フレームレートで、映画のような映像を楽しめる。遅延は28ミリ秒以下に短縮される。解像度は1440×810pだが、142°FOVで120fpsまたは150°FOVで100fpsのいずれかを選択する。
  • オーディエンスモードでは、パイロットの視点を他の人と共有できる。最大8つのゴーグルを接続できる。
DJI FPV Flying with the Standard Controller. Source: DJI

カメラ

ドローンのカメラは単軸ジンバルに設置されており、独自の角度で垂直に回転する。 149.4°FOV(14.66mmフルフレーム相当)の超広角レンズを備えた1 /2.3インチCMOSセンサーを使用している。 Rock Steady電子手振れ補正で、120Mbpsビットレートで最大4K/60fpsのビデオを記録できる。スローモーションは1080pから120fpsまで利用できる。

DJI FPV Set. Source: DJI

映像は、H.264とH.265、および2つのカラープロファイル(標準とD-Cinelike)から選択できる。 FPVでは通常魚眼レンズ的な映像になってしまうが、DJIは歪み補正ソフトウェアも用意している。さらに最大256GBのMicroSDメモリカードをサポートしている。

フライトモード

スキルレベルにより3つの飛行モードがある。

  • 通常(N)モードは、ドローンのセンサーで障害物の検出ができる最も簡単な飛行モード。 Nモードでは、DJI FPVは他のDJIドローンと同じように動作し、ドローンの下部にあるGPSやビジュアルポジショニングシステム(VPS)を使用してホバリングできる。
  • 手動(M)モードでは経験豊富なユーザー向けで、ドローンを完全に制御できる。 Mモードでは、すべてのセンサーとホバリング機能が無効になる。
  • スポーツ(S)モードは、MモードとNモードの組み合わせで、Mモードの動的な動きとNモードの安全機能を使用できる。 Sモードは、パイロットがドローンに慣れたときにスキルを向上させることができる。

主な仕様と安全性

Motion Controller. Source: DJI

ドローンの本体は、離陸重量は約795g、寸法は255×312×127mm(プロペラあり)または178×232×127mm(プロペラなし)。最大飛行時間は20分(無風状態で40 kphで飛行)、最大ホバリング時間は16分(無風状態)。 また次のような安全機能を搭載している。

  • 緊急ブレーキとホバリング機能は、すべての飛行モードで使用できる。これらの機能はドローンを停止し、飛行中いつでもドローンを所定の位置にホバリングさせる。
  • ドローンの前面にある障害物検出センサーは、Nモードでのみ有効で、障害物が接近して自動的に減速するとパイロットに警告する。ビジュアルポジショニングセンサー(VPS)は、下部の補助ライトとともに、スムーズな離陸と着陸を支援する。
  • フェイルセーフリターントゥホームは、ボタンを押すか、送信が途切れた場合に、ドローンを自動的にホームポジションに戻す機。
  • GPSベースのジオフェンシングは、空港などリスクの高い場所の近くを飛行するのを自動的に防ぐ。
  • AirSense ADS-Bレシーバーシステムは、飛行機やヘリコプターが近くにいる場合ドローンパイロットに警告する。
DJI FPV Drone. Source: DJI
The Battery is Quite Large. Source: DJI

DJIアプリ

DJI FPVは、iOSとAndroidに対応した無料のDJI Flyアプリを使用する。アプリには、FPVドローンの操作方法に関する詳細なチュートリアルも含まれている。 DJI Virtual Flight Appは、FPV飛行を仮想的にトレーニングするために新しく開発された無料のシミュレーターアプリだ。ドローンをクラッシュさせるリスクなしに練習できる。現在は、iOSでのみに対応している。 Androidのサポートは今年後半になると発表されている。

DJI FPV Flying with the Motion Controller. Source: DJI

多くの地域では、FPVゴーグルを使用して飛行するドローンパイロットは、空域の危険を監視するための同伴者が必要としているので注意が必要だ。パイロットは常に安全に責任を持って飛行する必要がある。

価格と発売時期

DJI FPV Combo. Source: DJI

DJI FPVドローンとモーションコントローラーは現在入手可能。 DJI FPVコンボの価格は154,000円。 DJI FPVモーションコントローラーは17,600円となっている。また、2個のバッテリーと充電器ハブを含むDJI FPV Fly More Kitの価格は33,000円。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する