GoProが手振れ補正ソフトウエア会社を買収

GoProが手振れ補正ソフトウエア会社を買収

2020313日に、 GoProは手振れ補正ソフトウェアの専門会社ReelSteadyを買収したと発表した。ReelSteadyの創業者、ロバート・マッキントッシュ氏とアンディ・ラッセル氏が GoProに加わった。将来的には、 GoProアプリや GoPro製品などへの統合が期待できる。

GoPro acquires ReelSteady. Source: ReelSteady

ReelSteadyとは?

ReelSteadyは、優れた手振れ補正ソフトウェアで、ポストプロダクションで使用する。記録された映像に重畳したジャイロスコープのデータに基づいて、手振れ補正を行う。 ReelSteadyが搭載されている例はたくさんあるが、そのほとんどはFPVドローンコミュニティのもの。 ReelSteadyの創設者の一人、ロバート・マッキントッシュ氏もFPVドローンの愛好家だ。彼のドローンショットビデオを覚えている読者も多いだろう。

2019年5月以前は、ReelSteadyは、価格が399ドルで、複雑なAdobe After Effectsプラグインとしてのみ利用可能だった。 2019年5月、同社はReelSteady GOを導入した。これは、価格が99ドルと手頃で、シンプルなスタンドアロンデスクトップアプリケーションだ。 GoPro HERO5、HERO5 Session、HERO6、 Hero7、および新しい Hero8に対応している。

ほとんどの場合、ReelSteadyは、FPVレーシングドローンやハイパーラプスの GoProカメラで撮影された映像処理に使われている。

ReelSteady vs HyperSmooth

これら2つの手振れ補正技術の主な違いは、HyperSmoothがカメラ内で実行されるのに対して、ReelSteadyは、ジャイロスコープのメタデータを使用してポストプロダクションで撮影後に適用されることだ。

HyperSmoothは、最小10%のクロップが発生する。 ReelSteadyは、ポストプロダクションで画像を動的にトリミングして、可能な限りクロップを低減する。基本的に、映像の揺れに基づいてクロップされるのは同じだ。

どちらの機能も、Horizo​​n Levelingが可能で、すべてのフレームレートと解像度で使用できる(HyperSmooth 2.0の場合)。ただし、ReelSteady GOは24fpsの映像をまだサポートしていない。 ReelSteadyは、HyperSmoothとは異なり、撮影されたフレームに関係なく、常に魚眼歪みのない映像を生成する。

GoProReelSteadyを買収

GoPro acquires ReelSteady. Source: GoPro

ReelSteadyは、 GoProカメラと密接に結びついていたため、 GoProの動きは理にかなっていると言える。 ReelSteadyの創設者であるロバート・マッキントッシュ氏とアンディ・ラッセル氏が GoProチームに加わったため、 GoProアプリへのテクノロジーのさらなる統合や GoPro製品への搭載が期待できる。

なお、 GoProが述べているように、当面の変更はなく、ReelSteady製品は、ReelSteady Webサイトで引き続き販売され、 GoProカスタマーサポートが対応する。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する