K-Tekが“Mighty Boom”を発売 - 軽量グラファイトマイクポール

K-Tekが“Mighty Boom”を発売 - 軽量グラファイトマイクポール

カリフォルニアのプロオーディオ機器メーカーK-Tekは、軽量のグラファイトポールとこれに対応するアクセサリー「Mighty Boom(マイティブーム)」マイクポールを発表した。

ブームポールは地味な機材だ。しかし、ブームポールを使わない撮影は少ない。オーディオを最適に収録するため、オーディオ担当者はポールでマイクを被写体のできるだけ近くに配置する。K-TekのMightyBoom Polesは映像撮影に無くてはならない機材の一つだ。

以下はプロモーションビデオビデオ。

Funny K-Tek Mighty Boom Introduction Video

デザイン

Mighty Boomには10種類のモデルがあるが、違いを説明する前に、それらの共通点を見てみよう。

Mighty Boomsには取り外し可能なヘッドがあり、さまざまなケーブル接続が可能。ポールはすべて6段構造となっている。各セクションは、滑りにくいロックリングでしっかり固定できるようになっている。セクションをロックしたりロック解除するには、リングを1/4回転させるだけで完了する。これにより、ポールの長さをすばやく簡単に変更できる。

さまざまなバージョンを用意

K-Tek Mighty Boom with internal coiled cable.
K-Tek Mighty Boom with built-in coiled cable. Image Credit: K-Tek

K-Tek Mighty Boomには、ケーブルがないバージョンと、マイクを接続するためのコイルケーブルが組み込まれているバージョンの2つがある。

ModelLength (collapsed)Length (max)
KP6/KP6CCR21″ (53.3 cm)6′ (1.83 m)
KP9/KP9CCR28″ ( 71.2 cm)9′ ( 2.75 m)
KP12/KP12CCR37″ ( 94 cm)12′ ( 3.66m)
KP16/KP16CCR44″ ( 111.8 cm)16′ ( 4.88 m)
KP20/KP20CCR54″ ( 137.2 cm)20′ ( 6.1 m)
Both versions are available in a range of different lengths.

アクセサリー

K-Tekはさまざまなアクセサリーも提供している。たとえば、標準のMighty Boomを内部コイルケーブルでアップグレードするためのキットとケーブル、またはワイヤレスオーディオトランスミッタをブームポールの端に直接取り付けるためのアダプタなどがある。

Mighty Boom Adapter for Transmitter. Image Credit: K-Tek
Mighty Boom Adapter for Transmitter. Image Credit: K-Tek

筆者は自分でK-Tekポールを使用したことはないが、K-Tekポールを使用しているオーディオ担当者の話を聞いた。それによると、徹底的に考え抜かれた製品でよく設計されており、長年にわたってユーザーに親しまれている。ちなみに、K-Tekは、エントリーレベルのオーディオ機器も提供している。

Link: K-Tek

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する