LAの制作現場は新型コロナウイルスのため再び停止へ

LAの制作現場は新型コロナウイルスのため再び停止へ

2020年初頭同様、ロサンゼルスではすべての映画とテレビの制作が再び停止する。米国での深刻なCovid-19のパンデミックのため、自治体は在宅命令などの制限を発行した。

ほとんどの主要なスタジオや制作会社は、進行中の撮影をすでに一時停止しており、現在大手のNetflixも、少なくとも数週間はすべての制作を停止している。

LAの映像制作はCovid-19のため停止

プロデューサーズ・ギルド・オブ・アメリカ(全米プロデューサー組合)は、南カリフォルニアでの新型コロナウイルスの急増により、進行中の制作を延期する必要があることを通知する書簡をメンバー会社に発行した。

Productions on hold _ PGA letter
Letter from the Producers Guild of America. Image credit: PGA

これは難しい決断だが、重要な決断だ。もちろん、経済的影響は深刻と思われるが、このままでは間違いなく致命的なパンデミックに陥るため、映像制作よりも優先されるべきだろう。

LAの最新状況

LAでの感染者数は合計80万人を超え、コミュニティの感染率は依然として非常に高き、検査した人の約20%が感染していることが判明している。さらに、LAの7日間の1日平均は約15,000人となっている。

撮影には、多数のキャストやクルーの密接な接触と相互作用が多くあり、安全性が常に保証されるとは限らない。今は一時停止ボタンを押すことが最善の解決策だろう。感染の数値が非常に高い限り、安全性(距離の意味で)が最重要項目だ。

Corona Virus
Photo by CDC on Unsplash

source: Deadline.com
featured image credit: Martin Jernberg on Unsplash

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する