広告

Lupo Dayled 1000レビュー

Lupoは、人気のあるDayledラインのフレネルLEDライトの新製品を発売した。新しいモデルは、改良されたバーンドアのデザインを特徴としており、古いSMBデザインの代わりにCOBデザインを採用している。以下は、新しいLupo Dayled 1000バイカラーLEDライトのレビュー。

Lupoは、650、1K、および2Kモデルを含むDayledフレネルライトのラインアップにメジャーアップデートを行った。再設計されたDayled1000デュアルカラーを入手できたので、古いモデルと比較した。簡単に言えば…新しいライトは大幅に改善され、ビルド品質が向上し、出力が向上し、演色性が大幅に向上している。

Dayled lineup
image credit: Lupo

Lupo Dayled 1000のチップ

Lupoは、Dayledラインのデザインと機能に他のいくつかの改良を加えた。これにより、古いモデルと同じ手頃な価格を維持しながら、プロフェッショナルに対応している。

Lupo Dayled 1000 chip
image credit: Scott Leslie / Lupo (graphics)

Lupoは古いSMB LEDチップを廃止し、COB(Chip on Board)チップを使用している。 COBチップは、SMBチップの8.5倍のLEDを表面積に搭載しているため、COBチップのエネルギー効率と明るさが向上する。レビューの後半で、輝度と演色評価数の違いについて詳しく説明している。

組み立て品質

Dayledの以前のモデルは一般的なプラスチックシェルで作られていたが、新しいモデルは、Lupoのスーパーパネルで作られているのと同じ超強力なテクノポリマープラスチックで作られている。これは非常に耐久性のある素材で、ハードな使い方にも耐えることができる。

ヨークもより頑丈になり、傾斜締め付けノブは、大きく再設計されたブッシングによりライトを所定の位置にしっかりと固定できる。

Dayled barn doors
barn doors in action. Images credit: Scott Leslie

Lupoは電源ケーブルも再設計した。古いモデルの電源ケーブルは、固定具に恒久的に取り付けられていた。新しいモデルの電源ケーブルは、ツイストロックpowerCONコネクタで取り外し可能となっている。これにより、ケースへの出し入れに非常に適したものになり、ケーブルの摩耗が減少する。

クイックリリース付きのバーンドア

古いモデルで問題だった点の1つは、バーンドアをロックする方法だった。バーンドアの着脱のたびにネジ取り外す必要があっり、ネジを無くしてしまうこともあった。

Dayledの新しいモデルには、バーンドアのクイックリリースがある。引き上げて横に回すだけで、バーンドアがすぐにスライドする。これは、ARRIフレネルライトに見られるものと同様で、はるかに優れたソリューションだ。

新しいバーンドアも高品質で、アルミニウムが厚く、フラップごとに個別の締め付けネジが付いている。

光品質

Dayled 1000デュアルカラーライトの新旧モデルの光出力と演色性の違いを確認するために、テストを行った。 Sekonic C-800メーターを使用して、5600Kと3200Kのフルフラッドとフルスポットの両方のライトを測定した。

以下は、新しいモデルからの読み取り値。 5600Kに設定すると、色温度は基本的にターゲット上で正しくなる。 3200Kでは、2874K前後の読み取で少し暖かい。 1メートルでのルクスはそれぞれ4,530から3,450の範囲だった。これは、筆者がテストしたライトでは一般的な数値だ。ケルビン温度が高くなると、常に少し明るくなる。 5600Kと3200Kの両方で、色補正はこれまでにないほどわずかに緑色にシフトし、CC#は0.5Gだった。演色性を見ると、CRIとTLCIの数値は、CRI は96.5から95.1の範囲で、TLCIは一貫して98と非常に優れている。

dayled 1000 spectrum
Lupo Dayled 1000 @ full flood. Image credit: Leslie Scott

これが、新しいDayled1000デュアルカラーのフルスポットでの測定値だ。もちろん、フルスポットでは、ルクスキャンドルとフートキャンドルははるかに高くなる。 1メートルでのルクスはそれぞれ27,800から22,400の範囲だ。色温度と演色性は、先のものと似ている。色補正は、5600Kで0.7Gの読み取り値で少し緑になる。

Lupo Dayled 1000
Lupo Dayled 1000 @ full spot. Image credit: Scott Leslie

Dayled 1000デュアルカラーの古いモデルと新しいモデルを比較すると、光出力と演色性に大きな変化があった。ルクスキャンドルとフートキャンドルを見ると、新しいモデルは古いモデルよりも半ストップ強明るくなっている。より大きな発見は、演色性が大幅に改善されたことだ。古いモデルのCRIは約92だが、新しいモデルのCRIは約96となっている。古いモデルのTLCIは約90だが、新しいモデルは一貫して98TLCIだ。そのため、新しいモデルはより明るく、演色性が大幅に向上している。

new vs old Dayled 1000
image credit: Scott Leslie

エフェクト

Lupo’s Dayled’sの新しいモデルには、いくつかのエフェクトが備わっている。まず、ストロボフラッシュの頻度を調整できるストロボライト効果がある。また、ライトのストライク間隔とストライクの色温度の両方を調整できるライトニング効果もある。最後に、パパラッチ効果があり、フラッシュの間隔と一度に消える電球の数を調整できる。

いくつかのフィルム撮影では、稲妻効果とパパラッチ効果の両方を他のライトと一緒に使用したが、それらを使用するのは間違いなく有用だ。

Dayledの新しいモデルにはUSBポートも付属しており、Lupoからの今後のアップデートに使用できる。

古いモデルと新しいモデルの両方に、5ピンDMXの入出力がある。

最後に、新しいモデルのファンは古いモデルのファンよりもはるかに大きい。これは、新しいCOBチップがより発熱するためと思われる。残念ながら、これによりファンの音量が少し大きくなるが、光が被写体から少なくとも2m程度離れている限り、聞こえない。

まとめ

Lupo Dayledは、ビルド品質の向上、出力の向上、演色性の向上を実現した。また、バーンドアのクイックリリース、取り外し可能な電源ケーブル、照明効果などの機能も追加されている。

behind the scenes
Behind the scenes. Image credit: Scott Leslie

最近、筆者が監督した靴のコマーシャルに新しいDayled1000デュアルカラーライトを使用した。それはうまく機能し、毎日さまざまなギアで作業している私のベテランの照明技術者は、本当に感銘を受けた。

Dayledはアップデートにより大きく飛躍したが、価格は同じままだ。私がテストしたDayled1000デュアルカラーは$ 1,599 USDに留まっている。これは、同等のLEDフレネルライトよりもかなり安価だ。

Link: Lupo Website

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience