MegadapがMTZ11アダプターを発表 - マニュアルレンズをAFレンズに変えるアダプター

MegadapがMTZ11アダプターを発表 - マニュアルレンズをAFレンズに変えるアダプター

Megadap MTZ11は、NikonZカメラのライカMレンズ用の新しいアダプター。レンズとイメージセンサー間の距離を変える拡張可能なバヨネットメカニズム(最大6.5mm)を使用しており、マニュアルレンズに取り付けオートフォーカス機能を追加する。ライカMとは別に、他のアダプターを上に積み重ねて、別のレンズマウントに対応することもできる。 Megadap MTZ11アダプターは現在349ドルで入手可能。

Megadapは香港を拠点とする新会社で、MTZ11アダプターが最初の製品のようだ。ニコンZカメラに取り付け、手動のライカM(およびその他)レンズをオートフォーカスレンズに変えることができる。

Megadap MTZ11 ニコンZカメラ用AFアダプター

Megadap MTZ11 Autofocus Adapter for Nikon Z. Source: Megadap

Megadap MTZ11アダプターは、拡張可能なバヨネットメカニズムにより、レンズにフォーカスメカニズムを追加する。アダプターには、カメラと通信するための電子接点があり、カメラの位相検出オートフォーカスアルゴリズムを利用してフォーカススポットを決定する。次に、アダプター内のモーターがバヨネットを駆動して伸縮し、レンズとカメラセンサーの間の距離を変更する。

Megadap MTZ11アダプターのオートフォーカス速度は、非常に高速で正確だ。 Megadapは、短いビデオをYoutubeにアップロードしており、AF速度が確認できる。

アダプターは現在、シングルショットAF(AF-S)、コンティニュアスAF(AF-C)、サーボAF(AF-F)モードを選択できる。 AFエリアには、シングルポイントAF、ワイドエリアAF(S / L)、オートエリアAFのすべてが使用できる。 NikonのZ6、Z7、Z50、Z6 II、およびZ7IIに対応する。

同社によれば、このアダプターは、重いレンズを取り付け長期間使用した場合のバヨネットのぐらつきの問題を回避する特許を取得した新しい円形の延長構造を備えている。バヨネットの最大延長は6.5mmで、Megadapによると、市場に出回っているほとんどの手動レンズのフォーカススローよりも長いため、レンズの焦点範囲が広くなり、広角と望遠の両方をサポートできる。アダプターには、将来のファームウェア更新用のマイクロUSBポートも用意されている。

Megadap MTZ11 Autofocus Adapter moves the lens bayonet by 6.5mm. Source: Megadap

興味深いのは、Megadap MTZ11で追加のアダプターを使用して、他のマウントにも使用できること。 Megadapによると、以下のアダプターが利用可能になった。Canon FD、Leica R、L39、Nikon F、Canon EF、Pentax K、C / Y、Minolta MD、M42、Olympus OM、Exakta、Konica AR、Contarex CRX、QBM、ARRI、ALPA、DKL。

Megadap MTZ11 Autofocus Adapter used with different lenses. Source: Megadap

価格と発売時期

Megadap MTZ11アダプターは、MegadapのWebサイトから直接購入できる。価格は349ドルに設定されており、無料の国際配送が含まれている。他のレンズバヨネット用のオプションのアダプターも、50ドルから200ドルで購入できる。

これは間違いなく多くのユーザーの興味を引くだろう。ソニーE、ライカL、キヤノンRF、マイクロフォーサーズなど、他のミラーレスレンズマウント用のアダプターも是非見てみたい。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する