Meikeフルフレーム用シネレンズ「24mm T2.1」を発表

Meikeフルフレーム用シネレンズ「24mm T2.1」を発表

Meikeは、フルフレームCineレンズ、Meike 24mm T2.1 Full-Frame Cine Lensを手頃な価格で発表した。この4本目のフルフレームシネレンズは、これまでに発売されたMeikeの35mm、50mm、85mm T2.1レンズに加えて、素晴らしい画質を低価格で提供している。

これまでの35mm、50mm、85mmの記事も参照いただきたい。

Meike 24mm T2.1 Cine Lens 仕様

Lens Mount:PL/EF/RF/E/L
Min Focal Distance:30cm
Filter Thread:ø82
Image Circle:45mm
Structure:14 Elements in 9 Groups
Focal Length:24mm
Aperture Range:T2.1-T22
Iris Blades:11
Gear Mod:M0.8
Focus Rotation:330 Degree
Weight:1111-1185g (depending on lens mount)

Just like the previous releases, the Meike 24mm Cine Prime features the same T2.1 aperture, 11 blade iris for a nice Meike 24mm Cine Primeは、これまでのリリースと同様に、T2.1の絞り、クリーミーなボケを実現する11枚の絞り羽根、330°のフォーカリング回転角度、82mmのフィルター径を採用している。

レンズセットを使う目的は一貫性であり、それはMeikeがFFシネレンズで非常にうまくやっている。このレンズは先に発売されたレンズと物理的なサイズが同じであるだけでなく、画質や演色性もマッチしている。これにより、最終的には編集の違和感を減らし、ポストでのカラーグレーディングの時間とコストを削減することができる。

Meikeによると、このフルフレームCineレンズのラインアップは、8K画像のために設計されている。Meike 24mm Cine Primeは、 Canon C700/C500 II、 Sony VENICE、Alexa LF、その他すべてのフルフレームカメラに対応している。45mmのイメージサークルが得られる。

Meike Cine Lens ロードマップ

Meike Cine Primeは、フルセットの完成まであと少しだ。Meikeの35mmと85mmの記事にあるように、MeikeはCineレンズセットのロードマップを提供している。

いくつかの発売日がずれているものの、さらに3本のフルフレームシネレンズを近日中に発売する予定だ。16mm T2.6、105mm T2.1、135mm T2.1は、当初は2021年夏の終わりまでに発売する予定だったが、まだ十分な準備が整っていない。

競合

ここ数年、中国メーカーから発売される多くの新しいシネレンズが市場に登場している。DZOFILMのVespid Cine Primeレンズは、おそらくMeikeにとって最大の競争相手となるだろう。

レンズを比較したわけではないが、DZOFILMのVespid PrimeがMeikeに対して持っているアドバンテージは、イメージサークルが46.5mmとわずかに大きいことと、同社の全製品がすでに市場に出回っているという事実だ。また、Vespid Primeの価格は1本あたり約1,399ドルと、Meikeよりも約400ドル高くなっている。

Meike 24mm T2.1 Full Frame Cine Lensは、同社のWebサイトで1,199ドルで予約を受け付けている。出荷予定日は11月下旬となっている。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience