Laowa OOOMとZero-D Cine Lenses for Red Komodoのピアノホワイトバージョンを発売

Laowa OOOMとZero-D Cine Lenses for Red Komodoのピアノホワイトバージョンを発売

Venus Opticsは、Laowa OOOM 25-100mmとLaowa 9mm Zero-D (RF Mount)シネレンズのピアノホワイトバージョンを発表した。

このレンズは、少し前に取り上げたVenus Opticsの大ヒットシネレンズOOOM 25-100mmと光学的には同じだが、新しいカラーオプションが追加されている。ホワイトのLaowa OOOM 25-100は6,000ドル、ホワイトのLaowa 9mm Zero-D(RFマウント)は649ドルだ。これらはブラックの製品と比べて1,000ドル、50ドルの差がある。

ピアノホワイトの理由

Image credit: Canon Global

この質問は、他のニュースサイトでも目にしたが、確かに少し不可解だ。なぜ、全く同じレンズの色違いに高いお金を払いたいと思うのだろうか?

キヤノンもソニーもニコンも、何十年も前から白のレンズを発売している。キヤノンの70-200mm IS IIIのような白いレンズは、屋外で撮影することの多いスポーツやネイチャーカメラマンが使うことが多い。

レンズボディに施されたホワイトコーティングは、太陽からの光を反射するため、温度を低く保つことができる。高温になると光学性能に影響が出る。

Image credit: Venus Optics

ただし、このレンズは主に限定版の白いRed Komodoのオーナーのためのものだ。白(ストームトルーパーと呼ばれている)のRed Komodoは、標準の黒モデルよりもずっと前にベータテスターに公開され、ちょっとしたカルト的な人気とステータスシンボルとなっている。

また、Tilta、Vaxis、Smallrigなどの企業も、白いバージョンのKomodoアクセサリーを発売している。ストームトルーパーのKomodoユーザーは、真っ白な装備をすることにこだわりを持っており、このホワイトレンズは、彼らに歓迎されるものだ。

ピアノホワイト9mm T2.9 Zero-D Cine (RFマウント)

Image credit: Venus Optics

この信じられないほどワイドで歪みの少ないレンズは、ピアノホワイトまたは通常のブラックのいずれかで、Red Komodoに完璧にフィットすると思われる。価格は599ドル(ブラック)と650ドル(ピアノホワイト)で、このレンズは1.33xクロップのKomodoセンサーに対応する。このレンズについてのビデオインタビューはこちら

ピアノホワイト OOOM 25-100mm (PLマウント)

Image credit: Venus Optics

Venus Optics Laowa OOOM 25-100mmの焦点距離は、ワイド端が少し足りないことを除けば、ほとんどの状況で完璧だ。 BMPCC 6Kのビジュアルビデオレビューでは、Laowa OOOMをレンズとして使用している。

PLレンズのブラックバージョンは5,000ドルで販売されており、APS-CとS35センサーに対応している。ピアノホワイトバージョンは6,000ドルのプレミアムとなるが、1.4倍のフルフレームエキスパンダーと1.33倍のリアアナモフィックアダプターをバンドルして7,500ドルで販売している。

フジヤカメラのLAOWAレンズ一覧はこちら

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience