Meikeが35mm T2.1フルフレームシネプライムを発表

Meikeが35mm T2.1フルフレームシネプライムを発表

Meike Globalは、フルフレームセンサー用の35mmT2.1シネプライムレンズを発表した。 PL、E、RF、EF、Lの各マウントに対応する。

Meike 35mm T2.1と、すでに発売されているMeike 50mm T2.1(記事はこちら)の両レンズは、イメージサークル(45mm)およびその他の仕様に関していくつかの類似点がある。

新しい35mmT2.1プライムは、Meikeのシネプライムレンズの2番手になる。間違いなく高予算の映画製作を対象としているが、期待通りのビルド品質と機能を提供している。

Meike 35mm T2.1
Meike 35mm T2.1. Image credit: Meike

Meikeのロードマップ

Meikeはこれらのシネプライムのラインアップを確立する過程にある。同社はまた、2021年までのロードマップをリリースした。

Meike 35mm Timeline
Meike roadmap of upcoming FF cine prime lenses. Image credit: Meike

シリーズが完成すると、16mm T2.4、24mm T2.1、35mm T2.1、50mm T2.1、85mm T2.1、105mm T2.1、および135mmT2.1をカバーする。ただし、すべてが揃うには、今から約9か月待たなければならない。

35mm T2.1フルフレームシネプライム

新たにリリースされたMeike35mm T2.1は、シネプライムレンズに期待されるすべての機能を備えている。0.8ピッチのギア、滑らかなアイリス、330°のフォーカスリング回転角度、33cmの最短合焦距離だ。同社は、レンズのデザインは専用設計であり、既存のスチルレンズを再構成したものではないと述べている。

PL mount and EF mount
Image credit: Meike

Meike 35mm T2.1は9群14枚の構成で、フィルター径は82mm、美しいボケを作る11枚の絞り羽根を搭載している。レンズの寸法(øxL)は、レンズマウントによって異なる。以下はそのリスト。

  • PL: ø85 × 102.4mm
  • EF (Canon): ø85 × 110.5mm
  • RF (Canon): ø85 × 134.4mm
  • E (Sony): ø85 × 136.4mm
  • L (Panasonic): ø85 × 134.4mm

レンズの重量はレンズマウントによって異なり、1107〜1170gの範囲。視野角はフルフレームで対角63.5°、APS-Cクロップでは43.2°となっている。

まとめ

このレンズの価値はまだ明確には分からないが、Meikeは手頃な価格のシネプライムレンズのラインアップも用意する。このカテゴリーには非常に多くの他メーカーのモデルもあるが、需要はあるようだ。

Meike 35mm
Meike 35mm in PL oder EF mount. Image credit: Meike

Meike 35mm T2.1は958ドルで販売されるが、2021年1月20日より前に行われた予約注文に対して40ドル割引される。出荷は1月25日から始まる予定。今のところ、PLバージョンとEFバージョンのみが予約注文可能で、他のマウントは少し後になる。詳細は、Meikeのオンラインショップを参照いただきたい。

Link: Meike Global

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する