Meikeが35mm T/2.1 S35プライムレンズを発表

2020.9.11
Meikeが35mm T/2.1 S35プライムレンズを発表

Meikeは35mm T / 2.1 S35プライムシネレンズを発表した。その名前が示すように、このレンズはSuper 35mmイメージセンサーに対応し、PLまたはEFレンズマウントが選択できる。

Image credit: Meike

主な特徴

中国のレンズメーカーMeikeは先に50mm T / 2.1 FF-Primeを発売しているが、今回35mm T / 2.1 S35-Primeを発表した。

これは同社のT / 2.1ラインアップのひとつで、18mm、25mm、35mm、50mm、75mm、105mmで構成される。

この35mmレンズは33.6mmのイメージサークルを備え、最大解像度6KのSuper 35mmセンサーに対応する。Canon C200、Blackmagic Design Pocket Cinema Camera 4k / 6K、REDなど、多くのカメラと互換性がある。RED Komodoにも対応する。

Image credit: Meike

筐体はアルミニウム製。まもなくEFマウント(940g)またはPLマウント(910g)も発売される予定だが、レンズマウントはユーザーが交換することはできない。

レンズのフォーカスリングと絞りリングには業界標準の0.8 mmピッチのギアがあり、フォーカスリングの回転角度は270度だ。

Image credit: Meike

レンズ構成

レンズ構成は、10群12枚で、11枚の絞り羽根を持つ。最短合焦距離は48cm。

レンズの外径は80mmでシネマスタンダード。 Tilta Mini Matteboxなどのクランプ式マットボックスは、問題なく使用できる。また、フロントフィルター径は77mm。

価格と発売時期

Meike 35mm T / 2.1 S35-Primeは、9月下旬に539.99ドルで発売される予定。

 

関連商品




Meike MK-25mm T2.2大口径マニュアルフォーカスプライムミニシネマレンズ(マイクロフォーサーズM43 MFTカメラと BMPCC用)

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する