広告

PanasonicがLUMIX S5II および S5IIX を発表 – 新しい 24MP CMOS センサー、6K30p、ハイブリッド位相検出 AF など

PanasonicがLUMIX S5II および S5IIX を発表 – 新しい 24MP CMOS センサー、6K30p、ハイブリッド位相検出 AF など

パナソニックは、2 つの新しいフルサイズ ミラーレス カメラ、LUMIX S5II および S5IIX を発表した。 オリジナルの S5 の機能を引き継いだこれらの新しいモデルは、内部 6K30p および C4K60p 記録、位相検出を備えたハイブリッド AF システム、デュアル ネイティブ ISO、強化されたアクティブ I.S.、V-Log ガンマ カーブ、および改善された接続性を提供する。 価格は 1,999 ドルから。

パナソニックとライカは 6 月に、新しい画像処理技術を共同開発するための戦略的ビジネス契約を結んだ。 いわゆる L² テクノロジー アライアンスの最初の結果がここにあるようだ。

今回パナソニックはフルサイズ LUMIX S シリーズの 2 つの新しいミラーレス カメラと、ハイブリッド位相検出 AF システムを搭載した最初のモデルを発表した。

Panasonic LUMIX S5II body
Panasonic LUMIX S5II body. Source: Panasonic

LUMIX S5II と S5IIX: 共通機能

LUMIX S5II および S5IIX の中核となるのは、5 軸スタビライザーと強化されたアクティブ I.S. 。このセンサーは、ライカとの継続的なコラボレーションから生まれた新しいイメージング エンジンと組み合わされている。 もちろん、両方のカメラ本体を、同社の新しい LUMIX S 14-28mm F4-5.6 MACRO レンズを含む、さまざまな L マウント レンズと組み合わせることができる。

Panasonic LUMIX S5II with the new LUMIX S 14-28mm F4-5.6 MACRO lens
Panasonic LUMIX S5II with the new LUMIX S 14-28mm F4-5.6 MACRO lens. Source: Panasonic

写真機能では、メカニカル シャッターを使用して最大 9 fps、または電子シャッターを使用して 30 fps のバーストを撮影でき、最大バッファ サイズは 300 画像。 さらに、96MP の RAW または JPEG ファイルを生成できる高解像度モードが装備されている。

Panasonic LUMIX S5IIX with LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6 lens
Panasonic LUMIX S5IIX with LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6 lens. Source: Panasonic

ビデオモードでは、S5II と S5IIX は、元のモデル (ラボ テストレビュー) とフル機能のビデオ中心の S1H (ラボ テスト/レビュー) との間のギャップを埋めるために開発されたようだ。

特に、S5II および S5IIX では、内部 10 ビット 4:2:0 LongGOP ビデオを 6K (3:2) または 5.9K (16:9) で最大 30fps で記録できるようになった。 さらに、10 ビット 4:2:2 4K DCI および UHD 録画が最大 60fps でサポートされるようになった。 残念ながら、Slow&Quick モードは FullHD で 180fps に制限されているため、4K120p オプションは搭載されていない。 さらに、パナソニックは、改善された放熱システムのおかげで、記録時間の制限がなくなったと述べている。

Bottom view of the new Panasonic LUMIX S5II body
Bottom view of the new Panasonic LUMIX S5II body. Source: Panasonic

V-log ガンマ カーブでダイナミック レンジを最大化できる。また、波形モニター、ゼブラ、新しく追加されたベクトル スコープなどの一連のモニターツールを利用できる。 さらに、新しいリアルタイム LUT 機能により、カスタム LUT をカメラのフッテージに直接焼き込むことができる。

位相差AFを搭載した初のLUMIXカメラ

ただし、最大のニュースは、パナソニックがLUMIXカメラで初めてハイブリッドオートフォーカスシステムを実装し、コントラストベースのAFと位相検出を組み合わせたことだ。システムには 779 のフォーカス ポイントがあり、最も困難な撮影条件でも被写体を検出して追跡できる。

これらの機能をテストして、ソニーやキヤノンの AF 技術に追いつくことができたかを確認するのは興味深いことだ。 また、このハイブリッドAFシステムが次世代のGHシリーズに採用されるかどうかも興味深い。

LUMIX S5IIX: 追加機能

標準の S5II よりも、「X」モデルは、5.8K での内部 ALL-Intra 記録と FullHD での ProRes 422 HQ 記録から始めて、いくつかの追加機能がある。 さらに、HDMI または USB-C 経由で外部 SSD に 5.8K ProRes ビデオを録画できる。

The "X" model features a sleek matte black finish
The “X” model features a sleek matte black finish. Source: Panasonic

さらに、将来のファームウェア アップデートにより、選択した Atomos デバイスでの外部 ProRes RAW 記録が可能になる。 最後に、LUMIX S5IIX は、Wi-fi、USB、または有線 LAN を介した IP ストリーミングと、USB テザリングをサポートしている。

接続性と操作性の向上

S5II と S5IIX のボディはマグネシウム合金を採用しており、防塵・防滴性能を備えている。 カメラの左側を見ると、Micro HDMI ポートが、より信頼性の高い「フルサイズ」のポートに置き換えられている。これは、2200mAhのバッテリー充電用のUSB-C 3.2 Gen 2 コネクタの隣にある 。 接続機能を強化するために、カメラには Wi-Fi 2.4 GHz/5 GHz と Bluetooth 5.0 が統合されている。

Panasonic LUMIX S5IIX's I/O ports
Panasonic LUMIX S5IIX’s I/O ports. Source: Panasonic

オーディオモニタリングと外部オーディオ録音に関しては、本体の左側に 3.5 mm ジャックのマイク入力とヘッドフォン出力がある。 S5II と S5IIX の右側には、デュアル SD カード スロットがある。 ただし、これは改善され、両方のメディア スロットが UHS-II 規格をサポートするようになった。 セカンダリースロットは、中継、バックアップ、または割り当て記録に使用できる。

Panasonic LUMIX S5II's dual card slot
Panasonic LUMIX S5II’s dual card slot. Source: Panasonic

最後に、カメラ本体の背面には、3 インチのマルチアングル タッチスクリーン ディスプレイと、より高解像度の 3,680K ドット OLED 120fps ビューファインダーが搭載されている。

Panasonic LUMIX S5II's LCD and EVF
Panasonic LUMIX S5II’s LCD and EVF. Source: Panasonic

価格と発売時期

全体として、特に価格を考えると、両方のカメラは写真とビデオのハイブリッド 用途に最適だ。

S5II はまもなく発売される (2023 年冬)。 S5 のデザインを継承し、小売価格は 2,199 ユーロ/1,999 ドル。 一方、「X」モデルの登場はもう少し先(2023年春)になる。 洗練されたマットブラック仕上げが特徴で、公式小売価格は2,499ユーロ/ 2,199ドル。 詳細については、こちらのパナソニックのプレスリリース(英語)をご覧ください。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手