Lマウント開発でライカ、パナソニック、シグマがアライアンス

2018.9.26
Lマウント開発でライカ、パナソニック、シグマがアライアンス

ライカ(Leica)はパナソニックとシグマとのL-Mount開発に関するアライアンスを発表した。将来のフルフレームミラーレスマーケットに対し、別々に開発するのではなく、ライカが開発したマウントを共通して使用していこうというものだ。これまでに発表されていることは、以下の通り。

L-Mountは、2014年に発表されたミラーレスマウントLeica Tの進化型としてLeicaによって開発された。直径が51.6mmで、フランジ距離が20mmとかなり広く、キヤノンの新しいRマウントに近いものだ。 2015年にライカはLeicaSLを発売し、フルフレームのミラーレスに参入した。Cinema5Dではこれをテストしている(英語)。優れたフォトカメラであるとともに、4K DCI 30pを内部記録でき、さらに10bit 4:2:2をHDMIで出力することができた。 ライカはまた、Tマウント対応のAPS-Cサイズのレンズを多数リリースしている。しかし、多くのライカシステムと同様、妥協を許さないプロ用とも言うべきもので、価格的には一般のユーザーは手が出しにくいものだった。(レビュー記事はこちら:英語)

ライカは2001年以来マイクロフォーサーズのレンズでパナソニックと組んできた。今回、パナソニックはLマウントのカメラを作り、シグマは同マウント用のレンズを開発する。詳細は、新しくオープンしたL-Mount専用のWebサイトを参照いただきたい。

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment