PortKeysがOEYE-3Gビューファインダーを発表

3月下旬に、中国の会社PortKeysがOEYE-3GというEVFを発表した。NAB 2019で同社にこの0.7インチ1080P OLEDディスプレイEVFについてインタビューした。

OEYE-3G はSDI、HDMI、USB入力と、SDIおよびHDMI出力が可能。 HDMIで1秒間に24フレームの4K DCI を入力できるほか、24/25/30 fpsで4K UHDが入力できる。ただしSDI入力ポートは最大60 fpsの1080P信号のみ入力可能だ。 なお、HDMIとSDIで相互変換することはできず、入力SDI信号はSDIでしか出力できない。 HDMIも同様だ。

筐体はアルミニウム製で、重さは400グラムと軽量。 3つのカスタムユーザーボタンがあり、ARRIロゼットまたは2つの1/4インチネジでEVFをマウントできる。背面にはオーディオモニター用のヘッドフォンジャックもある。

7-24V Lemoポートから給電が可能だが、バッテリーは持たない。メニュー/ UIは直感的に理解でき、ピーキングは見やすい。

OEYE-3G EVFはUSBポートを介してアップグレード可能で、以下のような多くの機能がサポートされている。

  • 3D LUT
  • ピーキング
  • 偽色
  • ゼブラ
  • 波形
  • オーディオメーター
  • ズーム
  • 明るさ/コントラスト/彩度/シャープネス/色合い/色温度/バックライト調整
  • ディスプレイ/ OSDフリップ
  • H / Vディレイ
  • ガイド、グリッド、およびクロス
  • 最大30種のLUTをサポート。

PortKeysのサイトが無いのでこれ以上の詳細は不明だが、この製品は有望に見える。

価格は1,199ドルで、5月上旬に出荷予定。

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する