PortKeysがOEYE-3G EVFを発表 - フルHD解像度の小型軽量EVF

2019.3.20
PortKeysがOEYE-3G EVFを発表 - フルHD解像度の小型軽量EVF

先週PortKeysの、カメラを制御できるフィールドモニターBM5を紹介したが、同社はまたNAB2019を前に、OEYE-3G EVFを発表した。フルHD解像度を持つ、小型軽量の汎用EVFだ。

PortKeys_Featured

新規参入のEVF

サードパーティ製電子ビューファインダーの選択肢はそれほど多くない。そしてそのいくつかはモニターとルーペを組み合わせたものだ。例えばSmallHDは502 +ファインダーアタッチメント、あるいはF&VのSpectraHD 4 EVFなどがある。これらは便利だが、小型化には向いていない。

その他のサードパーティ製EVFでは、ZacutoのEVFが一般的だ。cinema5Dでは最近、新しいZacuto Kameleon EVFについて報告したが、その他にも Gratical EyeやGratical HDのようなEVFも製造している。これらのEVFは多機能で信頼性も高いが、決して安価ではない。

PortKeysはOEYE-3G EVFで新しいソリューションを提案している。

PortKeysEVF_01

OEYE-3G EVFの主な機能

OEYE-3Gの前面には、SDI、HDMI、およびUSB入力と、SDIおよびHDMI出力がある。 HDMI入力は24fpsで最大4K DCI、または24/25/30 fpsで4K UHDまでの信号を入力できる。 SDI入力は最大60 fpsの1080Pに制限されている。

この製品にはZacuto Gratical HDのような内蔵バッテリープレートはないが、7-24V Lemoポートを通して給電する。 OEYE-3Gの消費電力は約7W。

後ろには、+ 8 / -3の視度調整ができるゴム製の接眼レンズがある。内部には0.7インチ1080P OLEDディスプレイが装備されている。

左側には、標準のARRI Rosette、USBポート、およびオン/オフスイッチがある。一番下には、取り付け用の2つの1/4インチネジ穴と、視度調整ダイヤルがある。また一番上には3つのユーザーカスタマイズ可能なボタン、メニューダイヤル、そして終了ボタンがある。

OEYE-3G EVFの筐体はアルミニウム製で、重さ400グラム、大きさ180 x 69.7 x 72.4 mmと非常に小型軽量だ。

PortKeysEVF_02

ソフトウエア機能

ソフトウエア的にも充実した機能を持っている。たとえばGratical Xとは異なり、すべてのソフトウエア機能は無料で搭載されており、EVFのファームウエアはUSBポートを介してアップグレードできる。搭載されている機能は次のとおり。

  • 3D LUT
  • ピーキング
  • フォルスカラー
  • ゼブラ
  • 波形
  • オーディオメーター
  • ズーム
  • 明るさ/コントラスト/彩度/シャープネス/色合い/色温度/バックライト調整
  • ディスプレイ/ OSDフリップ
  • H / Vディレイ
  • ガイド、グリッド、センターマーカー
PortKeysEVF_03

The PortKeys OEYE-3G EVF next to a Panasonic GH4

価格と発売時期

小売価格は1199ドルで、出荷は5月1日。 NAB 2019に出展される予定(ブース#C12030)。

参考までに、Zacutoの最も安価なEVFは1950ドルだ。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する