PortKeysがBM5を発表 - カメラコントロールができるフィールドモニター

2019.3.19
PortKeysがBM5を発表 - カメラコントロールができるフィールドモニター

HDMISDIフィールドモニターを専門とする中国のメーカーPortkeysが、新しいフィールドモニター、BM5を発表した。これは5インチディスプレイを装備し、多くの監視ツールを持つが、カメラをコントロールすることもできる。

PortKeysBM5_Featured

BM5の主な特徴

BM5は、PortKeysの新しい5インチ1080Pフラッグシップフィールドモニターだ。 HDMIとSDI入力、および変換したSDIループ出力を備えている。左側の3.5 mmの出力ジャックでサウンドをモニターすることもできる。また下部のUSBポートでファームウェアアップグレードもできるようになっている。

給電は、ソニーNP-Fスタイルバッテリーを使用する。 SmallHDのFocusモニターと同様に、BM5の電源出力からダミーバッテリーを介してカメラに給電することもできる。更に、モニターのLemoポートと付属のLemo to D-Tapケーブルを使って、外部バッテリーでモニターに電力を供給することも可能だ。スクリーン自体はWLED(白色LED)パネルなので、黒はOLEDパネルには及ばないだろう。

PortKeysBM5_02

BM5の筐体はアルミニウム製。ディスプレイ面には、衝撃から保護するための強化ガラスが置かれている。重量はわずか350グラムで、頑丈な作りの割には軽量だ。 ディスプレイは2000ニットの明るさと178°の視野角なので、太陽光下でも見やすい。

モニターの底部と上部にはカメラやアクセサリーの取り付け用に1/4インチネジ穴が用意されている。また、モニターをカメラに簡単に取り付けるための「L型ブラケット」も同梱されている。

PortKeysBM5_01

BM5は最大1080p/60fpsの入力が可能。

モニター上部には4つのファンクションボタンがあり、メニューボタンとスクロールホイールでメニューを操作する。

モニターツールには以下の機能が用意されている。

  • 3D LUTモニタリングと3D LUT SDI出力
  • 波形および波形のSDI出力
  • 偽色とゼブラ
  • ピークとズーム
  • HDRサポート
  • フレーミングガイド、グリッド、アスペクト
  • シャープネス、彩度、明るさ、バックライト、色合い、色温度調整

BM5は多くのツールを備えているが、更に特筆できるのは「カメラリモート」ポートとカメラコントロール機能だ。

PortKeysBM5_03

The PortKeys BM5 top and bottom. The remote camera socket is located at the left of the USB port.

カメラコントロール

カメラを制御できるサードパーティ製のフィールドモニターは今まで見たことがない。付属のケーブルをモニターからカメラに接続することで、BM5はいくつかのカメラ機能をコントロールできる。

ただコントロールできる機能は、現時点ではかなり基本的なものに限られる。具体的にはREC ON/OFF、ISO設定の変更、フォーカス設定の調整などだ。ただ、コントロールできる機能は今後更に増えていくだろう。

BM5のカメラリモート機能は現在、Z Cam E2、ソニー / キヤノン / パナソニック製のカメラに対応している。以下が全リスト。

PortKeysBM5_04

接続できるカメラについてPortKeysに問い合わせたところ、以下のような回答がもらえた。

ソニーFS5 / FS7、キヤノンC200 / C300 II、RED、およびARRIの各カメラを予定しています。 Tilta Nucleus N / Mワイヤレスフォローフォーカスも追加する予定です。USBポートを介してモニターのファームウェアをアップデートできます。

フィールドモニターからカメラをコントロールできると、これは便利だ。 C200やFS5に大きなモニターをマウントした場合でも、カメラ本体のモニターから同じようにコントロールできるなら非常に使いやすいだろう。

価格と発売時期

PortKeys BM5は399ドル。これほど多機能を備えたモニターとしてはお得な価格付けだろう。発売時期は4月末を予定している。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する