SHAPEがソニーFX6用リグを発売

SHAPEがソニーFX6用リグを発売

カナダのアクセサリーメーカーSHAPEは、ソニーFX6用のリグを発売した。キットはケージに加え、トッププレート/サイドプレート/ボトムプレート、15mm軽量ロッドアダプター、コントローラートップハンドル、プッシュボタンビューファインダーマウント、リモートエクステンションハンドル、19.5V出力D-Tap電源ケーブル、およびVマウント/ゴールドマウントピボットバッテリープレートで構成されている。もちろん、各パーツを個別に購入することもできる。

ソニーFX6は昨年11月に発表され、以降様々なメーカーがFX6用アクセサリーを発売している。SHAPE もその一つでFX9やα7S III用のアクセサリーに続きFX6用のリグをリリースした。

Image credit: SHAPE

FX6用ケージ

FX6ケージはトッププレート、サイドプレート、およびボトムプレートで構成されている。

The top plate. Image credit: SHAPE

トッププレートは4本のネジでカメラに取り付ける。他の部品と同様に、軽量で堅牢なアルミニウムでできており、FX6トップハンドルにフィットする。

Image credit: SHAPE

トッププレートには、Arri標準の回転防止穴を備えた多くの1/4 “-20および3/8” -16ねじ穴が開けられている。また、FX6センサーピンとカメラに付属のFX6ビューファインダーケーブルクランプを挿入するためのネジ穴も用意されている。

The side plate. Image credit: SHAPE

サイドプレートには、3/8 “-16インチと2つの1 / 4-20″取り付けポイントがあり、位置決めピンが付いている。また、ロゼットアタッチメントが1つある。

The bottom plate. Image credit: SHAPE

ボトムプレートは、2本のネジでカメラに取り付けられ、独自のクイックリリースを固定するための多数の1/4 “-20および3 / 8-16″取り付けポイントがある。ボトムプレートはSHAPEのFX6用の15mmベースプレートと互換性がある。

The SHAPE Sony FX6 15mm baseplate. Image credit: SHAPE

FX6用 15mm ベースプレート

15mmベースプレートは軽量で、他のアクセサリーを正しい高さに調整するように設計されている。ベースプレートを底板にスライドさせ、ネジで所定の位置にロックする。

Image credit: SHAPE

ベースプレートの下部に必要なクイックリリースプレートを取り付けることができるため、使い勝手が良い。ベースプレートには、長さが12インチの15mmロッド(2本)も付属している。

Image credit: SHAPE

トップハンドル

トップハンドルにはコントローラーも付いており、ブラケットを介してソニーのオリジナルのトップハンドルに取り付けられる。

Image credit: SHAPE

ハンドルにはプッシュボタンがあり、必要に応じてハンドルをすばやく上に跳ね上げることができる。また更に多くのカメラアクセサリーを取り付けるために複数の3/8 “-16ARRIスタイルのネジ穴も用意されている。

Image credit: SHAPE

木製のグリップは、カナダのメープル材で作られている。

Image credit: SHAPE

プッシュボタン式ビューファインダーマウント

FX6に付属のファインダーマウントはよくできているが、ショルダーマウント時は、使い難い場合がある。モニター画面を任意の角度に設定できるFX6プッシュボタンビューファインダーマウントはこの問題を解決する。

Image credit: SHAPE

プッシュボタンビューファインダーマウントは、15mmのロッドと2つのプッシュボタンで、水平、垂直、および横方向の調整ができる。これにより、360度の回転も可能だ。また、ラチェットノブ付きのロッドクランプを使用すると、ブラケットをスライドさせて、ファインダーの距離を調整できる。

Image credit: SHAPE

リモートエクステンションハンドルとケーブル

リモートエクステンションハンドルは、5.6インチ(最長11インチ)の長さ調整可能なハンドルで、FX6リモートグリップの位置を調整できる。

Image credit: SHAPE

このハンドルはARRIロゼットを使用して、FX6に簡単に取り付けることができる。アームにはプッシュボタンがあり、任意の角度に調整できる。

Image credit: SHAPE

長さ10インチのコイル状のオス-メスLANC延長ケーブルが付属しており、リモートグリップとカメラ本体を接続する。

Vマウント/ゴールドマウントバッテリープレートとDタップケーブル

Vマウントとゴールドマウント用にバッテリープレートも用意されている。プレートは、2本のネジでSHAPEのトッププレートに取り付けられる。

プッシュボタンシステムにより、バッテリープレートを上に跳ね上げ、背面コネクタにアクセスでき、BP-Uバッテリーのホットスワップが可能となる。

Image credit: SHAPE

バッテリープレートには、保護デジタルヒューズを備えたD-Tapポートも用意されている。

Image credit: SHAPE

FX6用のオプションのD-Tap電源ケーブルでカメラに給電できる。

価格と発売時期

すべての製品は出荷済みで、価格は263ドル、15mmベースプレートなしの場合は198ドル。両方のバンドルは399ドルとなっている。

プッシュボタンファインダーマウントは263ドル。ピボットバッテリープレートは347ドルで、D-Tapケーブルが同梱される。D-Tapケーブルは87ドル。

コントローラーのトップハンドルは307ドルで、リモートエクステンションハンドルの価格は351ドル。

詳細については、SHAPEのウェブサイトをご覧いただきたい。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する