広告

シグマがLマウントとEマウントのフルサイズカメラ用「16-28mm F2.8 DG DN Contemporary」を発売

シグマがLマウントとEマウントのフルサイズカメラ用「16-28mm F2.8 DG DN Contemporary」を発売

シグマは、パナソニックLマウントとソニーEマウントのフルサイズカメラ用の新しい超広角ズームレンズ、16-28mm F2.8 DG DNを発売した。このF2.8の明るい開放F値のレンズは、同社のContemporaryレンズのラインアップに含まれるため、比較的コンパクトで軽量なレンズとなっている。

シグマが今年発売したレンズは、20mm F2 DG DN Contemporaryプライムレンズのみで、比較的静かだった。Contemporaryのラインナップは、パナソニックLマウントとソニーEマウントのミラーレスカメラ用に設計された様々なプライムレンズとズームフォトレンズで構成されている。また、Contemporaryラインには2種類のレンズが用意されている。APS-CセンサーをカバーするDCレンズとフルサイズセンサーをカバーするDGレンズだ。

しかし今回同社は、16-28mm F2.8 DG DNを発表した。コpのレンズは写真家や映像制作者にとって、超広角ズームレンズの選択肢のひとつとなるだろう。

Image credit: SIGMA

16-28mm F2.8 DG DN の特徴

新しいSIGMA 16-28mm F2.8 DG DNは、Thermally Stable Compositeと金属/プラスチック部品を使用した450gの超広角ズームレンズだ。また、全長わずか10cmと非常にコンパクトなズームレンズでもある。

さらに、このレンズはインナーズーム/フォーカスシステムを採用しており、ズームイン/アウトしてもレンズが伸びたり縮んだりすることはない。そのため、ジンバルユーザーにとっては、焦点距離を変えるときにバランスを調整する必要がない。さらに、レンズマウントは防塵・防滴構造になっている。

Image credit: SIGMA

内部には、高速で正確な高速オートフォーカス性能を実現するステッピングモーターも搭載されている。また、オートフォーカスシステムはDMFとAF+MFのオートフォーカスモードに対応している。16-28mm F2.8 DG DNには、レンズのフォーカスモーターを素早くオフにするためのフォーカスモードスイッチが搭載されている。

Image credit: SIGMA

レンズ設計

このレンズの光学設計は11群16枚で構成され、FLDレンズ5枚と非球面レンズ4枚で色収差を最小限に抑えている。また、コーティングにはスーパーマルチレイヤーを採用し、フレアやゴーストの発生を抑えているため、逆光でも高いコントラストを維持することができる。

また、絞り羽根は丸みを帯びた9枚構成で、滑らかなボケ味を実現している。最短撮影距離は25cmとなっている。

Image credit: SIGMA

価格と発売時期

16-28mm F2.8 DG DNの価格は140,800円(税込)。このレンズは今月末に発売される予定となている。レンズ、フロントキャップとバックキャップ、そして花びらタイプのレンズフードが同梱される。

比較として、タムロン17-28mm F2.8 Di III RXDは137,500円 (税込)、トキナーオペラ16-28mm F2.8 FF(キヤノンEFとニコンFマウントのみ)は128,000円(税別)で販売されている。

詳しくは、シグマのウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手