シグマがプレミアムコンパクト広角レンズ「24mm F/2 DG DN」を発表

シグマがプレミアムコンパクト広角レンズ「24mm F/2 DG DN」を発表

シグマは、LマウントとソニーEマウントシステム用の新しいレンズ「24mm F/2 DG DN」を発表した。Iシリーズの広角レンズで、F/2開放F値で、隅々までコントラストの高いシャープな描写が期待できる。

シグマは2018年に発足した「Lマウントアライアンス」に参加しており、この3年の間にArt、Sports、Contemporaryのラインナップで13本ものプライムレンズとズームレンズをリリースしている。レンズのラインナップにはそれぞれカテゴリーがあり、Contemporary「Iシリーズ」は、主に手頃な価格でコンパクトなプレミアムレンズだ。今回発売する「24mmF/2DGDN」は、昨年発売した「35mmF/2DGDN」や「65mmF/2DGDN」と同様の機能を備えている。

Sigma24mmF-2DGDN_Featured
Image credit: SIGMA

24mm F/2 DG DN

シグマIシリーズのレンズは、外筐と内部構造のすべてに金属を使用しており、新製品の24mm F/2 DG DNも同様だ。このレンズには、ソニーEマウントとLマウントの2種類があり、フルフレームセンサーをカバーしている。

このレンズにはフォーカスリングと絞りリングがあるが、映像クリエーターにとって残念なことに、絞りリングはデクリックされていない。しかし、静かで非常に高速なAF駆動システムの恩恵を受けることができる。フォーカス機構はインターン式で、フォーカスを変えてもレンズが伸縮することはないので、フィルターを使うときにはとても便利だ。

レンズ上にはフォーカスモードスイッチがあり、DMFとAF+MF(ソニーEマウントのみ)に対応している。また、ステッピングモーターの採用により、高速オートフォーカスにも対応している。

24mm F/2 DG DNは、Iシリーズの中でも、直径70mm、長さ72mm、重さ365gとかなりコンパクトなレンズだ。

このレンズには、マグネット式の金属製レンズキャップが付属しており、素早く着脱できる。他のIシリーズのユーザーは、このマグネット式メタルレンズキャップをレンズキャップホルダー(コードネーム:CH-11)に装着することで、キャップの紛失を防ぐことができる。

Image credit: SIGMA

さらに、取り外し可能なペタルタイプのレンズフードと「通常の」前後のキャップも同梱されている。

Image credit: SIGMA

レンズ構成

24mm F/2 DG DNは、11群13枚のレンズで構成され、軸上色収差を補正するためにFLDレンズ1枚とSLDレンズ2枚を使用している。さらに、カメラ内レンズ収差補正に対応している。また、非球面レンズを2枚採用し、画像の歪みを補正している。すべてのガラス素子にスーパーマルチレイヤーコーティングを施している。

絞り羽根は、丸みを帯びた9枚の絞り羽根で構成されている。また、最短撮影距離は24.5cm。62mmのフィルターネジを採用している。

価格と発売時期

価格は85,800円。

詳細については、こちらのシグマのウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience