シグマが28-70mm F2.8 DG DN Contemporaryズームを発表

シグマが28-70mm F2.8 DG DN Contemporaryズームを発表

SIGMAは28-70mm F2.8 DGDNコンテンポラリーレンズを発表した。フルフレーム対応レンズで、ライカLマウントとソニーEマウントが選択できる。シグマの24-70mm f / 2.8 Artなどのレンズと比較して、小型軽量化を実現している。

シグマはLマウントアライアンスのメンバーで、Lマウント規格にネイティブなフルフレームレンズを多数リリースしている

今回同社が発売したのは、28-70mm F2.8 DGDNコンテンポラリーレンズだ。

28-70mm F2.8 DG DN Contemporary

このレンズはミラーレスカメラ専用に設計されており、軽量でコンパクトな設計がされている。重量はわずか470g。軽量化に貢献するもう1つの側面は、28mmから始まるという事実だ。例えば24-70mm f / 2.8 Artの重量は835gになる。

同社は、新しい28-70mm f / 2.8 DG DN Contemporaryは、クラスで最小かつ最軽量のレンズと述べている(一定のf / 2.8絞りを備えたフルフレームミラーレスズームレンズ中)。

28-70mm F2.8 with a SIGMA fp. Source: SIGMA

28-70mm f / 2.8はフルフレームセンサーをカバーし、ライカLマウントとソニーEマウントが用意されている。 9枚の絞り羽根が採用されており、絞りはズーム域で一定。f /2.8からf / 22の範囲で調整できる。最短合焦距離は19〜38cm(W-T)となっている。

SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN Contemporary. Source: SIGMA

AFには軽量のフォーカシングレンズが1枚含まれており、静かで高速なステッピングモーターで駆動される。従って、AFは応答性が高く静かだ。なおフォーカシングと異なり、ズームではレンズが伸縮する。

画質

レンズ構成は、12群16枚で、3枚の非球面、2枚のFLD、および2枚のSLDレンズを含んでいる。 24-70mm Artレンズよりも合計で使用するレンズが少ないにもかかわらず、軸上色収差と矢状コマ収差が完全に補正されている。

sigma 28-70mm
28-70mm F2.8 Contemporary and 24-70mm F2.8 Art Comparison. Source: SIGMA

スーパーマルチレイヤーコーティングとナノポーラスコーティングにより、ゴーストを防ぎ、フレアを抑制し、優れた逆光性能で高コントラストの映像撮影が可能。また28-70mm f / 2.8コンテンポラリーレンズは、レンズ前面に撥水防汚コーティングを施している。すべてのレンズは同社独自のMTF測定システム「A1」で検査されている。

品質

レンズ本体はTSC(Thermally Stable Composite)と呼ばれるポリカーボネート製で、アルミニウムと同等の熱収縮率を持っている。 SIGMAによると、これは極端な温度変化のある環境でも安定したパフォーマンスを提供するのに役立つ。レンズの最大寸法は72.2mmx 101.5mm(2.8 “– 4.0″)で、防塵・防滴設計が施されている。フロントフィルター径は67mmで、レンズ本体にフォーカスモードスイッチが付いている。

sigma 28-70mm
SIGMA 28-70mm F2.8 DG DN Contemporary with various cameras. Source: SIGMA

SIGMA 28-70mm f / 2.8コンテンポラリーレンズには、レンズフードが付属している。また、USB Dock UD-11(Lマウント専用)も別売されている。

価格と発売時期

28-70mm f / 2.8コンテンポラリーレンズは、今年3月中旬から発売され、価格は110,000円(税込)。

このレンズは、シグマfpやソニー7Cなどの小さなミラーレスカメラと組み合わせると特に効果的と思われる。これは、全体が小型になりジンバルにも適するためだ。例えばfpカメラと組み合わせた場合の重量はわずか890gだ。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する