シグマが105mm f/2.8 DG DN MACROを発表

2020.10.2
シグマが105mm f/2.8 DG DN MACROを発表

シグマは、ソニーEマウントまたはライカLマウントを搭載したフルフレームミラーレスカメラ用レンズ105mm f / 2.8 DG DN MACROを発表した。 105mm f / 2.8 DG DN MACROは、SIGMA Artミラーレスラインナップの最初のマクロレンズで、1:1の倍率、アサイナブルなボタン、正確なAFを備えている。

100mm前後でf / 2.8のフルフレームマクロレンズが各社から発売されているが、ほとんどすべてのレンズメーカーが、このようなレンズをラインアップに持っている。 シグマのこのレンズもその一つだ。

シグマ105mm f/2.8 DG DN MACRO

SIGMA 105mm f/2.8 DG DN MACRO lens. Source: SIGMA

このレンズはフルフレームミラーレスカメラ専用に設計されているため、ソニーEマウントとライカLマウントの2つのバージョンのみ選択できる。なおキヤノンRFマウントに関する情報なく、シグマはまだRFマウント用のレンズをリリースしていない。このレンズは焦点距離105mmで、23.3°の画角を提供する。最短合焦距離は29.5cm、最大倍率は1:1となっている。

絞り枚羽は9枚で、絞りはf /2.8からf / 22。美しい丸みを帯びたボケ味も期待できる。なお、このレンズは、同社のミラーレスカメラ用Artラインアップの最初のマクロレンズとなる。したがって、画質は他のArtレンズと共通している。

レンズ構成は、12群17枚、SLDレンズ1枚で構成されている。 同社によると、レンズの収差補正は、カメラ内の収差補正では処理できない縦方向の色収差に特に重点を置いている。また、フレアとゴーストを最小限に抑えている。

105mm MACROは、フォーカスモーターシステムにハイパーソニックモーター(HSM)を組み込んでおり、正確で静かなAF操作を実現している。顔/瞳検出AFに最適化されている。

レンズの本体には、フォーカスリミッター設定とアサインできるAFLボタンがある(特定のカメラ本体でのみサポートされている)。絞りリングには、クリックON / OFFを切り替える設定があり、リングロックシステム用のスイッチも付いている。

105mm f / 2.8 DG DN MACROは、防塵・防滴設計で、62mmのフロントフィルタースレッドを備えている。重量は715g、直径は74mm、長さは133.6mmとなっている。

さらに、ライカLマウントレンズ用のSIGMA TC-1411(1.4x)またはTC-2011(2.0x)テレコンバーターを搭載すると、作動距離を保ちながら、さらに高いマクロ倍率でマクロ撮影することができる。

SIGMA 105mm f/2.8 DG DN MACRO lens. Source: SIGMA

価格と発売時期

SIGMA105mm f / 2.8 DG DNMACROレンズは現在予約が可能。出荷は2020年10月23日に開始する予定。価格は95,000円(税別)。レンズにはケースとサンフードが付属する。

シグマのサイトはこちら

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する