シグマが24-70mm F/2.8 Artレンズを発表

シグマが24-70mm F/2.8 Artレンズを発表

シグマは、ミラーレスカメラ専用のARTズーム、24-70mm F / 2.8 DG DN Artを発表した。これは新しいフラッグシップレンズで、EおよびLマウントに対応する。

Sigma2870DGDN_02

Image credit: SIGMA

24–70mm F/2.8 DG DN Artの概要

通常レンズセットには、広角、標準、望遠のズームレンズがセットとして商品化されている。特に業務用には、F / 2.8といった明るく一定F値を持つレンズが必要になる。

昨年発売された14-24mm F / 2.8 DG DN Artに続き、今回発表された24–70mm F / 2.8 DG DN Artは、新世代のArtズームの主力標準ズームレンズとなる。

Sigma2870DGDN_01

Image credit: SIGMA

発表された新しいズームレンズは「DG」のネーミングを持つ。即ち、シグマのラインアップ中、フルフレームセンサーを搭載したカメラで最高の性能を発揮するように設計されている。また「DN」は、ミラーレスカメラ用であることを示している。即ち24–70mm F / 2.8 DG DN Artは、EマウントおよびLマウントを持つフルフレーム対応ズームレンズだ。

Sigma2870DGDN_03

The SIGMA 24-70mm F/2.8 DG DN Art with the SIGMA fp camera. Image credit: SIGMA

主な機能

また「OS」の記号が付いていないことから、このレンズには手ぶれ補正機能がないことが分かる。 手振れ補正機能を付けなかったのは、重量、大きさ、そして価格を下げるため。また、フルフレームミラーレスカメラのほとんどは、カメラのボディ内で手振れ補正機能を備えていることも理由の一つだ。その結果、レンズの重量は835グラムと軽量になっている。ちなみに、同じ光学性能を持つDSLRバージョンのレンズの重量は1025グラムだ。

レンズ構成は、15群19枚。 6枚のFLDレンズ(低分散レンズ)と2枚のSLDレンズ(特殊低分散レンズ)が搭載されている。また、3枚の非球面レンズも搭載されており、軸上色収差とコマ収差を低減している。光学系にはスーパーマルチレイヤーコーティングに加えナノポーラスコーティングが施されており、不要なレンズフレアを低減している。絞り羽根は11枚で、広角端での最短合焦距離は18 cmとなっている。

Sigma2870DGDN_04

Image credit: SIGMA

レンズの筐体には防塵防滴が施されている。またズームロックスイッチを備えており、レンズの鏡筒が不意に伸びることを防いでいる。

価格と発売時期

24-70mm F / 2.8 DG DN Artにはレンズフードが付属し、今年11月中旬に発売予定。価格は未定。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する