シグマ14-24mm f/2.8 ARTフルフレームレンズ

シグマ14-24mm f/2.8 ARTフルフレームレンズ

シグマは、フルフレームレンズARTのラインナップに更に明るい超広角ズーム、Sigma 14-24mm f / 2.8 DG HSM Artを追加した。以下、詳細を見てみよう。

Sigma 14-24mm

新しいレンズは既に発売されている12-24mm f / 4 DG HSM Artほど広角ではないが、1stop明るくなっている。低照度での撮影用に明るい広角レンズをお探しなら14-24mm f / 2.8はお勧めできる1本だ。

Sigma 14-24mm f/2.8 DG HSM Artの概要

このレンズが無ければ、ワイドショットで撮る場合、1stop暗いレンズを使うか、14mm f/1.8 DG HSMアートレンズなど単焦点レンズを使うしかなかった。同社はこれに対し、14-24mm、24-35mm、24-70mmのf / 2.8ズームのフルラインナップを完成させた。これら3本のレンズは、フルフレームセンサー対応(DGがそれを示している)で、3本とも定評あるARTシリーズだ。なお、24-35mmは更に明るいf/2となっている。

Sigma 14-24mm

Sigma 14-24mm f/2.8 Artは高解像度を誇り、50メガピクセル以上の解像度を持つカメラに対応できる。即ち、8Kにも対応できるスペックだ。内部的には、各3枚のFLDとSLDレンズが3枚の非球面レンズと組み合わされている。大口径非球面レンズは色収差を低減している。他のARTシリーズ同様、ズーム領域全体で歪みを最小にしており、非常に鮮明な画像を実現する。更に、高速オートフォーカス(HSM)も搭載されている。

また、マウントやリングに特殊なシーリングを施した防塵構造のため、屋外での撮影も安心できる。

価格と発売時期

このレンズは明らかに写真用のレンズであり、シネレンズではない。前面の形状から分かる通り、ねじ式のフロントフィルタを取り付けるのは難しい。将来シネマバージョンが発売されると嬉しいのだが、24-35mm f/2のシネマバージョンがすでに発売されているので期待したいところだ。

Sigma 14-24mm

Photo and cine version of the 24-35mm lens.

Sigma 24-24mm f/2.8 DG HSM ARTはまもなく発売の予定。他のシグマレンズと同様、このレンズはキヤノン、ニコン、シグマの各マウントで提供される。以下は主な仕様。

  • レンズ構成: 11群17枚
  • 絞り羽根数:9枚(円形絞り)
  • 最大撮影倍率:1:5.4
  • サイズ:96.4 mm x 135.1 mm
  • 重量:1,150g

Sigma 14-24mm

まお同社は、”フロント変換サービス”という新しいサービスを提供している。

カットした円形の専用部品に交換することで、マルチカメラ撮影におけるレンズ同士の干渉を最小限に抑えられるようカスタマイズしていただけるサービスです。弊社の専門スタッフが取り付けを行う、SIGMA公式の有料サービスですので、メーカー保証の対象外となることもありません。(同社の日本語ページより)

対象製品はSIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM Artのみで費用は20,000円(税込、送料別)となっている。(詳しくは同社のWebページで)

リンク:SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM ArtのWebページ

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する