広告

Vitec GroupがVidendumにリブランディング

Vitec GroupがVidendumにリブランディング

Vitec Groupは、映像製作者の間ではとても有名だ。長年にわたり、多くのブランドがVitecによって買収され、Manfrotto、Wooden Camera、Teradek、SmallHDなど、多くのブランドが傘下に入っている。2022年5月24日をもって、VitecはVidendumと変更される。

Videndumはラテン語の名詞で、「見なければならないもの」「必見のもの」という意味。同社によれば、これは、同社が事業を展開するコンテンツ制作市場の複数のセグメントにおける目的と機会を反映してる。

Videndum
The Vitec Group becomes Videndum. Image credit: Videndum

Vitec GroupはVidendumに

さらに、Vitec Groupは、他の多くの企業もこの言葉を使用しているため、Vitecという名称について法的な問題も抱えていた。プレスリリースより。

この名称変更は、Vitecの名称で事業を展開している世界中の他の企業との差別化を図るためであり、また、様々な地域においてVitecの名称についてみなし先行の権利を有する第三者との間で現在解決している紛争に基づく金銭的ペナルティを回避するためにも必要なものです。

また、本日より、イメージングソリューション部門の名称を「メディアソリューション」に変更する。同事業部は、JOBY、Rycote、Audixのブランドでオーディオを含む製品群を拡大しており、新しい名称はその顧客基盤を表している。他の2つの主要部門は、「Videndum Production Solutions」と「Videndum Creative Solutions」と呼ばれている。

Here’s Videndum CEO Stephen Bird:

単なる社名変更ではなく、Videndumはグループの進化における新しい段階を示すものです。当社は、この10年間で進化し、現在では、より高度な技術力を持ち、成長するコンテンツ制作市場の中心で、複数の市場セグメントで事業を展開する、より質の高い企業となっています。

Videndum
image credit: Videndum

新しい名称と関連するビジュアル・アイデンティティのリブランディングは、現在開始され、2022年から2023年初頭まで進行する予定。

Link: website

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

Get 25 FREE Music Tracks for your next film projects