広告

Vitec GroupがAudixを買収

Vitec GroupがAudixを買収

Vitecグループは、米国のプロ用音響機器メーカーである Audix を買収した。これにより、Vitecはオーディオ部門を強化し、さらに専門的な研究開発能力と製造設備を手に入れることになる。これは、JOBYやRycoteといった既存のVitecのオーディオブランドの成長にも寄与するものと思われる。

Vitecグループは、現在、写真や映像制作の機材市場から多くの企業を含むグローバルな企業群(ロンドン証券取引所に上場)となっている。今までにも数多くの買収ニュース記事をリリースしている。例えば、Vitecが2019年にSyrpを買収した。Vitecグループは毎年成長しているのだ。読者の皆さんは、グループのいずれかの会社で作られた機材を使っている可能性が高い。2020年5月には、Vitec Imaging SolutionsのCEOであるMarco Pezzana氏にインタビューを行った。

VitecによるAudixの買収

Audixは、マイク、ヘッドフォン、アクセサリーなどのプロ用オーディオ機器に特化した米国の企業で、オレゴン州ポートランドにある施設で、開発、エンジニアリング、製造の全工程を自社で行っている。買収後、それが変わるかどうかは不明。通常、バイテックは、買収した会社にほとんどの工程を任せ、流通だけを担当するが、それは契約によるものだ。

Audix microphones. Source: Audix

Vitecグループによると、Audixの買収は、Vitecのオーディオキャプチャ戦略を加速し、さらに強化するもので、専門的な研究開発能力を追加して、マイクロフォンの自社設計と製造を可能にするものと述べている。Audixの新ブランドは、JOBYやRycoteといったVitecの既存のオーディオブランドを補完する。

Vitecは、同社のグローバルな流通ネットワークを通じて製品を販売し、オンライン販売を強化することで、Audixブランドの成長を見込んでいる。米国にあるオーディックスのオーディオ製造施設は、今後Vitecのものとなり、多くのシナジーの機会を得ることができる。Vitecは、Rycoteのマイクロフォン製造とエンジニアリング開発をAudixの施設に移転する予定。また、JOBYマイクロフォンの開発も米国に持ち込む予定だ。Audixのチームとオレゴンの施設は、VitecのオーディオR&Dセンター・オブ・エクセレンスとなる予定。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する