長時間労働は危険 – ハリウッドのトップDoPたちが変革を要求

長時間労働は危険 - ハリウッドのトップDoPたちが変革を要求

米国の雑誌「Deadline」が、主要な映画撮影現場の労働環境についての記事を掲載した。それによると、ハリウッドで有名な撮影監督たちが、「労働時間の危険性」を訴えている。

映像制作のフリーランスとして働くことは、かなり厳しい。私は自分の経験からそれを知っているが、9時から5時までの労働時間はここではありえない。

典型的な勤務時間は、10時間から12時間で、時にはそれ以上になることもある。一方で、一日のうちに物事を終わらせることは、プロデューサーにとって魅力的なことではある。しかし、撮影現場で働く人は機械ではなく人間だ。疲れて集中力が低下し、生産性が低下する。それは長い目で見れば良いことではないだろう。

趣意書に署名したハリウッドの主要なDoPのうち14人が同じように感じている。IATSE Local 600 Cinematographers Guildによるその書簡は、映画・テレビ製作者連盟のメンバー企業に対し、映画・テレビ業界であまりにも長い間働くことが一般的であることに対し、対処するよう求めている。

撮影現場の仕事を改善

長時間労働の話をするときに忘れてはならないのは、スタッフも仕事場と家の往復をしなければならないということだ。ほとんどの場合、彼らは車を使っているが、12時間連続で働いた後は、かなり危険な状態になる。

Video from 2017 regarding the hazards of working long hours on set. Credit: ICG Local 600

署名したDOPたちは、その手紙の中で、「私たちはローカル600の撮影監督であり、長い労働時間の危険性について継続的な懸念を表明するために書いた」と述べている。

署名者のリストには、以下のようなハリウッドのA-List撮影監督たちが名を連ねている。

  • John Toll, two-time Oscar winner for Braveheart and Legends of the Fall
  • Roger Deakins, two-time Oscar winner for 1917 and Blade Runner 2049
  • Emmanuel “Chivo” Lubezki, three-time Oscar winner for Birdman, Gravity and The Revenant
  • Erik Messerschmidt, Oscar winner for Mank
  • John Lindley, president of the Cinematographers Guild (Your Honor, Manhunt)
  • Paul Cameron (Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales, Total Recall)
  • Jim Denault (Yellowstone, Law & Order: Organized Crime)
  • Ellen Kuras (Pretend It’s a City, Eternal Sunshine of the Spotless Mind)
  • Donald A. Morgan (The Connors, Last Man Standing)
  • Rodrigo Prieto (The Irishman, Brokeback Mountain)
  • Eric Steelberg (Juno, Dolemite Is My Name)
  • Amy Vincent (Eve’s Bayou, Hustle & Flow)
  • Mandy Walker (Mulan, Hidden Figures)
  • Robert Yeoman (Bridesmaids, The Grand Budapest Hotel)
IATSE & AMPTP
Logos of IATSE Local 600 & AMPTP

彼らが要求しているのは、シフト間の休息時間と週末の休息時間が保証されていること、そしてもちろん、それらの規則が守られていることだ。

  • 職務に関わらず、退勤と帰宅の間に本当の意味での休息を取ること。
  • 家族や友人と過ごす時間を可能にする週末の休息期間をとること。
  • 食事休憩を組織的に排除したり、週末にそのまま仕事をしたりすることを真に阻止するための効果的な罰則。

撮影現場での長時間労働

1日の労働時間を厳しく制限することが重要だ。現在、IATSE Local 600が提唱しているのは、シフト間の休憩時間であって、労働時間そのものではない。正直なところ、映画やテレビの制作現場は「通常の」オフィスワークとは大きく異なるため、8時間の上限を強制することは不可能に近いと思われる。

先に述べたDoPたちは、その立場を利用して単純に長時間働くことを拒否すべきだろう。もちろん、この手紙のような「政治的」な方法が望ましいのだが、安全のためにも、部門のトップであるDoPたちは、自分たちの力を使って、良い意味での圧力を高めることを考えるべきだ。

Link: Deadline
featured image credit: Brands&People on Unsplash

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience