ZaxcomがZMT4ワイヤレスオーディオトランスミッターを発売

ZaxcomがZMT4ワイヤレスオーディオトランスミッターを発売

Zaxcomは、新しいワイヤレスオーディオトランスミッターZMT4を発売した。 ZMT4は、非常にコンパクトで、新しいマイクプリアンプ、NeverClipテクノロジー、内部録音機能、およびバッテリーの持続時間も向上している。

Zaxcomは、堅牢で高品質のワイヤレスオーディオトランスミッター/レシーバーや最先端のオーディオレコーダーのメーカーとしてよく知られている。同社の機材は、世界中でドキュメンタリー、長編映画、テレビシリーズなどで使用されている。

同社はZMT3の多くの機能を改善したZMT4ワイヤレスオーディオトランスミッターを発売した。

ZMT4の主な特徴

ZMT4は、コンパクトで軽量なワイヤレスオーディオトランスミッターで、サイズはわずか55.8mmx 40.6mm x 14mm、重量は62グラム。バッテリーは、富士フイルムNP-50バッテリーを搭載している。 Zaxcomによると、NP-50バッテリー1個で、5vで動作するラベリアマイクを使用時で最大6時間動作し、12-48vブームマイクを使用する場合は最大4.5時間使用できるとしている。

Top view of the Zaxcom ZMT4. Image credit: Zaxcom

ZMT4の上部には、アンテナスロットと3ピンMicro LEMOマイクコネクターがある。送信機は、12/24/36 / 48Vバランスマイクと3.3 / 5Vラベリアマイクに対応する。

Image credit: Zaxcom

ユニットの前面には、OLEDディスプレイ、電源/カードボタン、メニュー/再生ボタン、およびRec / Stopトリガーとしても機能するナビゲーションボタンがある。

ZMT4は、リムーバブルmicroSDにバックアップを記録することもできる。 Zaxcomは、バッテリーの消耗やカードの早期取り外しによるファイルの破損をなくす、信頼性の高いMARF(モバイルオーディオ録音フォーマット)を使用していると述べている。

新機能

従来モデルからのZMT4の変更のほとんどは内部にある。新機能は次のとおり。

  • 新しいマイクプリアンプのデザイン。プリアンプとA-Dのノイズ成分は、ラベリアマイクとバランスブームマイクでNeverClipを利用することにより、マイクの環境と自己ノイズが主要な要因となった。
  • NeverClipは、ZMT4のすべてのモードで使用できる。 2つのA-Dコンバーターを利用して、送信機のダイナミックレンジを136 dBに拡張することで機能するため、リミッターの歪みは発生しない。
  • ZMT4には、長距離リモートコントロールシステムZaxNetが搭載されており、周波数、プリアンプゲイン、スリープモードを変更し、内部レコーダーを録音、再生、停止モードにすることができる。
  • PowerRollは、ZMT4から受信したオーディオがZaxNet互換レコーダーで録音されている場合、ZMT4の電力レベルを50mWに調整する。送信機の音声が録音されていないときは、電力が自動的に10mWに減少するため、バッテリーを節約できる。
  • 変調の選択肢:Zaxcom高密度変調(ZHD)は、利用可能なチャネルの数を1 MHzのスペクトル空間ごとに4から9に増やし、混雑した街路などの反射環境に最適。 XRは、密度の低い環境で最大距離を提供する。

これらのハイエンド機能は、品質と信頼性を必要とするオーディオのプロユーザー向けとなっている。

価格と発売時期

ZMT4は今月1995ドルで出荷を開始する予定。詳細については、Zaxcomのウェブサイトを参照。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する