広告

映画制作の5つのステージと撮影監督の役割

映画制作の5つのステージと撮影監督の役割

映画制作は、優れたアイデアから完成した作品が世に出るまで、少なくとも5つの大きなステージで構成されている。ここでは、映画制作の5つのステージと、撮影監督の役割について説明しよう。

撮影が始まる前に、脚本、開発、資金調達、そしてプリプロダクションがある。そして、制作後、編集、マーケティング、配給の段階がある。

撮影監督は、これらの段階のどこに位置するか、また、もしあなたが映画撮影のキャリアを目指しているのなら、実際にどの程度映画制作に携わることになるのだろうか?

まず、映画制作に通常必要とされる、最初から最後までの段階を見てみる。注意:多くの読者は、これを長編映画制作のものとして見るかもしれないが、実際には、このガイドは、短編映画制作、ウェブやテレビシリーズ、そして場合によってはドキュメンタリーについて説明している。

映画制作の5つのステージ

映画製作を最も基本的な構成要素に分解すると、一般的な映画制作には大きく5つの段階がある。もちろん、それぞれの段階を細かく分類することもできるが、トップダウンで考えるのが効果的だ。

1. 構想

映画の最初の段階は、アイデアから始まり、徐々に正式なプロジェクトとして形になっていく。アイデアはどこから来て、どのように形になるのだろうか。その答えは無限にある。

stages-film-production-screenplay

通常、脚本は、映画をさまざまな関係者に提案しながら、具体化されていく。脚本家の手に渡った映画は、出資者やプロデューサーに売られ、プロデューサーは監督を雇う。あるいは、監督が脚本家と一緒に仕事をした後、プロデューサーに企画を提案することもある。また、プロデューサーは、あらすじを最終的なドラフトに仕上げるため、タレントを手配する。

このように、開発プロセスには、プロジェクトを前進させるさまざまな方法がある。コンセプト、プロット、全体的なクリエイティブなビジョンは千差万別だが、最終的に映画を作るために最も重要なのは、資金調達だ。プロデューサーは、映画製作に資金を提供してくれる投資家を集められないと、映画を作ることができない。もっとも、無料で借りた機材や無給のキャストやクルーなど、インディーズ映画制作における「ゲリラ的」なアプローチには例外があるが、ほとんどの場合、資金調達は映画制作に欠かせないものだ。

stages-film-production-screenwriting
Learn how to develop a screenplay in “Writing 101” with Seth Worley – Image Credit: Seth Worley

映画制作の第一段階には、ストーリーの権利の確保、アイデアを売り込むための絵コンテの作成、コンセプトの証明を示すためのミニチュア映画の制作など、他の要素も含まれる。しかし、開発段階の核となるのは、映画プロジェクトを前進させるためのストーリー構築と資金調達だ。

この段階にかかる時間は、脚本は週末で完成することもあれば、10年かかることもあるし、プロデューサーは投資家がプロジェクトに参加するまでに何年もネットワークを構築することもある。そのため、映画製作のキャリアを積んだ人たちは、常に複数のプロジェクトに取り組み、それぞれが異なる制作段階にあることが一般的だ。

stages-film-production-film-festival

2. プリプロダクション

映画の資金調達が完了したら、プリプロダクションの段階に入る。ここで、プロデューサーとディレクターは、映画に関わる人数を増やし始める。俳優のキャスティング、ロケハン、プロダクションプランとスケジュールの作成、予算の決定など、多くの作業をフルクルーで同時に開始する。また、美術部門は、セットの製作、衣装の製作、小道具の調達など、映画のルックアップに取りかかる。

撮影監督も、カメラやレンズの選択、照明、全体的な “ルック “など、映画のビジュアル・スタイルを具体化する作業を開始する。さらに重要なことは、クルーを雇い、ショットリストを作成し、機材の予算を立てることで、映画が現実的な行動計画をもって制作段階に移行できるようになる。

stages-film-production-producer
Learn how to develop, fundraise, and produce a film in “Producing from the Front” with Graham Sheldon / MZed – Image Credit: Graham Sheldon

3. 本撮影

最後に、撮影監督が活躍する場、それは映画の制作段階だ。主撮影では、俳優、プロデューサー、脚本監督、監督、助監督、そしてもちろん撮影監督とそのアシスタントが、グリップ、照明、音響、カメラ、美術部門などの制作スタッフと一緒になって、映画を撮影する。また、全員の食事をまかなう重要なクラフトサービス部門も忘れてはいけない。

映画の製作段階には、主撮影のほかに、実際の撮影の前や撮影中に、すべてのキャストとクルーを調整する企画・スケジュールチームなど、映画を進行させる他のパートも含まれる。また、映画にはセカンドユニットがあり、時間と場所を変えて撮影を行う全く別のクルーが必要な場合もある。

stages-film-production-shooting-photography-cinematography
Learn how to turn moving images into cinematic stories in “Filmmaking for Photographers” with Philip Bloom – Image Credit: Philip Bloom

また、映画の撮影段階には、ラップと呼ばれる重要なエンディングがある。ここでスタッフは、セットを片付け、小道具や備品をすべて返却し、制作予算が滞りなく進むよう、慎重に記録を残す作業を続けなければならない。

4. ポストプロダクション

映画のポストプロダクションは、必ずしも制作段階が終了してから始まるとは限らない。実は、ほとんどの映画の編集は、制作と同時に始まっている。デイリーを確認し、アセンブルする映像があればすぐにラフアセンブルを作成する。作業に十分な映像が確保され次第、ディレクターが確認できるようにカットされる。

編集者とそのアシスタントエディターがフィルムをカットしている間、サウンドデザイン、音楽、ビジュアルエフェクトチームはリールのそれぞれのパートで忙しく働いている。ポストプロダクションでは、専任のカラーリストがビジュアルルックを指導することもある。

stages-film-production-editing-premiere
Learn how to edit with Saturday Night Live’s Adam Epstein in “The Cutting Edge” on MZed – Image Credit: Adam Epstein / NBC Studios

5. マーケティングと配給

監督、編集者、プロデューサー、スタジオや出資者など、全員が映画のファイナルカットに満足したら、映画は世に出る準備が整う。映画のマーケティングは、実はポストプロダクションが完成する前から始まっており、映画の宣伝のためにティーザー映像が配布される。

配給は、映画館やオンライン・プラットフォームへ映画を届けることだ。映画配給には技術的な課題もあるが、この段階では、プロモーション、ネットワーク作り、話題作り、そしてすべてが計画通りに進めば、売上と利益を上げることが重要だ。

映画製作の5つの段階において、撮影監督はどのような役割を担っているか?

一般的な長編映画制作では、シネマトグラファーは通常、クルーが集められ、制作計画が始まるプリプロダクションの段階で招聘される。撮影監督は、監督のビジョンが最初から達成されるように、監督と密接に打ち合わせする。

stages-film-production-cinematographer-camera

そのため、撮影監督は最初から脚本に目を通し、ショットの範囲、カメラの動き、俳優のブロッキング、ショット全体の方向性など、シーンを段階的に計画していく。全体的なビジョンは、カメラパッケージ、レンズ、ロケーション、照明などの決定に役立ち、これらすべてが映画のビジュアルスタイルを形成することになる。

撮影監督は制作が始まると、カメラと照明のクルーを雇い、すべての機材をレンタルして、撮影予定日にすべてが準備できるようにし、さらに、セットの安全性にも任務を負う。

role-cinematographer-power-electric-film-production
Learn how to safely distribute power in “Cinematography: Mastering the Image” with Shane Hurlbut – Image Credit: Shane Hurlbut

カメラ、レンズ、撮影角度、動きやテクニックなど、一つひとつのショットに決定を下していく。そして各シーンには、映像の世界の舞台となる、屋内外のさまざまな照明が必要だ。撮影場所、当日のスケジュール、キャストやクルー、その他利用可能なリソースを最大限に活用することが、撮影監督にとって不可欠だ。

ポストプロダクションでの撮影

映画のプリプロダクションやプロダクションのスケジュールの大部分において、撮影監督は監督と密接に協力して、映像のすべてのシーンが監督のビジョンに合致していることを確認する。しかし、主撮影が終わると、通常撮影監督は現場を離れ、ポストプロダクション・チームが後を引き継ぐ。

もちろん、監督と撮影監督の関係が映画の制作段階から続くこともあり、映画の組み立てや編集の段階で撮影監督が助言をすることもあるが、それは一般的ではない。しかし、最近では、撮影監督と監督のビジョンの整合性を確保するために、撮影監督が映画のカラーリングに関与する傾向がある。

stages-film-production-color-correction-grading
Learn how to color grade in “Mastering Color” with Ollie Kenchington / MZed

映画がマーケティングや配給の段階に入ると、オリジナルのスタッフ・キャストがプロモーションツアーやプレスイベントに参加することが多くなる。そのため、撮影監督は、映画祭や出版物のために、映画の制作についてコメントするよう頼まれるかもしれない。また、映画と一緒にメイキングや舞台裏のドキュメンタリーも制作されることもある。その場合、撮影監督にインタビューや制作方法についてのより詳細な情報を提供するよう依頼されるかもしれない。

形にはまらないインディーズ映画

映画制作において、確立された役割や映画のエチケットは、どの作品でも同じだと思われるが、低予算のインディーズ映画では、例外が一般的だ。困難な状況で映画を作るということは、通常のルールでは進まないことが通常だ。

例えば、インディーズ映画作家は、脚本を書き、興味を持たせ、実現するための資金を得るなど、制作の開発段階を完全に一人で行うこともある。また、クラウドファンディングや友人・家族への出資を募るケースも少なくない。

stages-production-indie-film-blueprint
Learn how to make an indie film from idea to distribution in “The Indie Film Blueprint” with Rubidium Wu / MZed

そして、プリプロダクションやプロダクションが始まると、インディーズ映画製作者は、プロデューサー、俳優、ロケハン、アートディレクター、脚本監修などの役割を担うことも大いにあり得る。小規模なプロダクションでは、撮影監督は、監督だけでなく、カメラマン、DIT、グリップ、電気技師などの役割も担う。

駆け出しの頃は、小規模なインディーズ映画制作で多くの役割を果たすのが常だ。それが、脚本から編集まで、さまざまなコースを受講する理由だ。また、自分の得意分野を決めていても、プロジェクトごとに異なる役割を担うことはよくあることだ。そのため、撮影現場で他のスタッフとどのように協力するのがベストなのかを学ぶことができる。

撮影と映画制作の5つのステージ

結論として、シネマトグラフは映画制作において重要な役割を果たすが、それがすべてではない。長編、短編、ドキュメンタリー、ウェブやテレビシリーズ、あるいはアニメーションなど、映画制作には多くのパートがある。プロジェクトの範囲にもよるが、撮影監督は、映画が多くのユニークな方法でビジュアル的に成功するために雇われるかもしれない。創造性、柔軟性、そしてプロ意識は、どのような映画制作においても優れたシネマトグラフィーの基礎となる。

映画制作の5つのステージと、その中で撮影監督がどのように働くか、参考になれば幸いだ。

MZed courses
Stream over 500 hours of filmmaking courses with MZed Pro


Full disclosure: MZed is owned by CineD

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手