AdobeがPremiere Pro V.14.4をリリース

2020.9.22
AdobeがPremiere Pro V.14.4をリリース

アドビは、Adobe Premiere Proバージョン14.4をリリースした。新しいシーン編集検出ツールであるHDR Recが搭載されている。 2100 HLG(Hybrid Log-Gamma)のサポート、およびプロキシのエクスポートも可能となっている。

シーン編集検出

Adobe Premiere Proバージョン14.4には、「シーン編集検出」と呼ばれる新機能が搭載されており、Premiere Proにインポートする映像素材に編集ポイントを追加できる。ソフトウェアはビデオを分析し、元の編集ポイントを検出する。次に、各編集ポイントにカットまたはマーカーを自動的に追加できる。

なお DaVinci Resolveには同様の「シーンカット検出」ツールが数年前からある。

このシーン編集検出機能は、複数の編集者で作業する場合、プロダクションパネルやチームプロジェクトを使用しないでも使える。

Image credit: Adobe

改善されたHDRサポート

Adobe Premiere ProがRec.2100HLG色空間をサポートするようになった。現在、Rec.709、Rec.2020、およびRec.2100 HLG色空間が利用できる。

Image credit: Adobe

Apple ProResとソニーのXAVC Intraコーデックはどちらも完全にカラー管理されており、GPUはPremiere ProのHDRパイプライン全体で高速化されている。詳細については、AdobeのHDRワークフローページを参照いただきたい。

Image credit: Adobe

プロキシを使用したエクスポート

たとえば、レンダリング時間を短縮したい場合、最新のAdobe Premiere Proでは、プロキシを使用してエクスポートできる。

もちろん、元のフル解像度の映像を使用して最高品質のエクスポートを行うことができる。

その他の改善項目

この更新には他に2つの小さな改善が含まれている。

  • Premiere Proは、VST 3(サードパーティ)プラグインとAU(Audio Unit)プラグインを数倍速くスキャンする。これらのプラグインは、アプリを初めて起動したときにPremiere Proによって自動的にスキャンされる。
  • ブレイクアウト付きのAAFをモノラルに選択解除してエクスポートすると、オーディオチャネライゼーションが保持されるようになった。

価格とリリース時期

最新のAdobe Premiere Proバージョン14.4は、Adobe Video World Virtual Conferenceで発表され、ダウンロードできるようになった。

Creative Cloudユーザーは無料。その他の価格はこちら

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する