ARRI がALEXA Mini LF SUP 7.1をリリース

ARRI がALEXA Mini LF SUP 7.1をリリース

Miniは進化し続けている。ARRIのALEXA Mini LF用の最新SUP 7.1(ソフトウェア・アップデート・パッケージ)には、新しい1:1アナモフィック・モードをはじめ、いくつかの改良が加えられている。

ハリウッドのシネマトグラファーに、彼らが選んでいるカメラは何かと尋ねると、よくこのような答えが返ってくる。”The Mini”。このれは、ARRI ALEXA Miniとその姉妹機である Mini LFを指している(ラボテストの記事はこちら)。

ALEXA Miniはかなり小さいが、強力な(そして高価な)カメラだ。ARRIは常に新機能を開発しており、ソフトウェア・アップデート・パッケージ(SUP)の形で提供している。SUP 7.1は現在ベータ版が公開されており、ダウンロードが可能だ。

ARRI ALEXA Mini LF SUP 7.1

まず最初に、ARRIは新しい1:1アナモフィックモードを発表した。このモードでは、LFセンサー上の2880×2880のイメージを使用して、2880×2880の記録画像を最大@60pで作成する。この新モードは、アスペクト比2:1を目標とする2倍のアナモフィックレンズで使用するためのものだ。また、この新しい1:1モードは、4K UHDでの撮影も可能とする。

以下に、それぞれの記録モードの比較と、ARRIによる簡単な説明を示す。

ARRI ALEXA MINI LF SUP 7.1
Different recording modes of the ALEXA Mini LF w/ SUP 7.1 Image credit: ARRI

1) 2.8K LF 1:1 – 2.8K
x2のアナモフィックレンズを使用して、4K UHDに対応した2:1の撮影が可能。ARRIRAWとApple ProResの2種類を選択できる。

  • センサーフォトグラフィー/記録ファイルの画素数 2880 x 2880
  • 最大フレームレート 60fps

2) MXF/ARRIRAW 3.4K S35 3:2 – 3.4K
Super 35の長編映画、ドラマシリーズ、コマーシャル用の最もフレキシブルなフォーマット。このフォーマットは、ほとんどのS35レンズに対応でき、多くのポストプロダクションのワークフローに十分な解像度を持っている。

  • センサーフォトグラフィー/記録ファイルの画素数 3424 x 2202
  • 最大フレームレート 60fps

3) MXF/Apple ProRes 3.2K S35 16:9 – 3.2K
ドラマシリーズやCMなどで非常に人気の高いフォーマット。球面S35レンズで撮影し、16:9を目標に納品する場合に最適なフォーマット。

  • センサーフォトグラフィー/記録ファイルの画素数 3200 x 1800
  • 最大フレームレート 75fps

4) MXF/Apple ProRes 2.8K S35 4:3 – 2.8K
アナモフィックS35レンズで2.39:1、球面S35レンズで1.85:1を目標に、映像の上下に余裕を持って撮影するために設計されている。

  • センサーフォトグラフィー/記録ファイルの画素数 2880 x 2160
  • 最大フレームレート 75fps
ALEXA Mini LF
all the recording formats as one overlay. Image credit: ARRI

5) MXF/Apple ProRes 2.8K S35 16:9 – HD
S35レンズでカバーできるセンサーエリアを確保した上で、超低データレートでHDで撮影する場合に選択するフォーマット。2010年に発売されたALEXA Classic EVで採用され、現在も人気の高いフォーマット。

  • センサー画素数:2880×1620
  • 記録ファイルの画素数 1920 x 1080
  • 最大フレームレート 100fps

6) MXF/Apple ProRes 4.3K LF 16:9 – UHD
LFセンサーのほぼ全幅を使用し、16:9 UHDへのダウンサンプリングをカメラ内で行うことで、大判カメラならではの表現を、予算に合わせて大幅に削減したデータレートで提供する。Netflixの公式認定を受けている。

  • センサー画素数:4320×2430
  • 記録ファイルの画素数 3840 x 2160
  • 最大フレームレート 48fps

7) MXF/Apple ProRes 4.3K LF 16:9 – HD
LFセンサーのほぼ全幅を使用し、16:9 HDへのダウンサンプリングをカメラ内で行うことで、大判カメラならではの表現を、予算に応じた低データレートで実現する。

  • センサー画素数:4320×2430
  • 記録ファイルの画素数 1920 x 1080
  • 最大フレームレート 75fps

ARRI ALEXA Mini LF SUP 7.1では、これらの記録モード(および新たに追加された1:1アナモフィックモード)に加えて、以下の機能が追加されている。

  • ARRI Signature PrimeおよびARRI Signature Zoomレンズデータアーカイブファイル
    • ARRIシグネチャープライム12mm、280mm
    • ARRI シグネチャーズーム 45 – 135 mm および 65 – 300 mm
  • カメラアクセスプロトコルによるシンクロシフト
  • Codex Compact Drive 1TBの将来のリビジョンに対応
  • 様々なバグ修正とシステム安定性の向上

LF と S35 を 1 台のカメラで実現

今年の初めにリリースされた SUP 7.0 により、ARRI は Mini LF をこれまで以上に多機能なカメラへと変貌させた。数種類のS35モードが追加されたことで、基本的にクラシックなALEXAと大判カメラを1つのパッケージにしたような、多機能なカメラになった。

SUP 7.0についてのレポートはこちら。また、新しいS35モードを詳細に説明したビデオも用意されている。

価格とリリース時期

SUP自体は無料で入手できるが、もちろんALEXA Mini LFを所有していることが条件。レンタルの方が多いと思われるが、オーナーもおられるだろう。

この新しいSUPについては、ARRI.comで見ることができ、ダウンロードもできる。

Link: ARRI

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience