カンヌ2021 - ノミネート作品に使用されたカメラは?

カンヌ2021 - ノミネート作品に使用されたカメラは?

世界で最も有名な映画祭の一つであるカンヌ映画祭が先週開幕した。プレミア作品にはどのようなカメラが使用されたのかレポートする。

フランスで開催されるこの映画祭は、評価の高い映画のプレミア上映で知られているが、今年も例外ではない。昨年はパンデミックの影響で開催できなかったが、今年はスパイク・リーをホストに迎えて開催される。

しかし、CineDの読者は、映画技術や、最新のカメラやレンズに興味があるのではないだろうか。カンヌでプレミア上映された映画監督たちは、どんなカメラを使っていたのだろうか?スマートフォンを使った作品はあったのだろうか、それとも、ここ数年のように、古き良きALEXA Miniが主流だったのだろうか?

主役は再びALEXA Mini

両方ともイエスだろう。52作品中20作品でALEXA Miniが使用されており、依然として主流のカメラだった。6年以上前から発売されているが(ALEV IIIセンサーは11年以上前に発売されている)、新しいカメラと比べても引けを取らない性能を持っている。6作品で使用されたソニーのVENICEを除いて、ARRIはカンヌ映画祭の2021作品の上位5つのカメラのうち4つがすべてドイツのメーカー製で、依然として王座を占めている(ALEXA Mini、ARRICAM、ARRI 416、ARRI Mini LF)。

しかし、今年はいくつかの新しいカメラがリストに加わった。ソニーのVENICE、同じくFX9、ARRI ALEXA Mini LF、パナソニックのS1H、そしてiPhone Xと11 Proだ。

「Zero Fucks Given」は、ソニーα7S IIIに匹敵する比較的手頃な価格のカメラとして人気の高いパナソニックS1Hを使用した映画だった。DoPのOlivier Boonjing氏は、サイズと品質のコンボのためにこのカメラを選んだ。また、一部のシーンではiPhone 11 Proも使用している。

また、アナログフィルムを使うことが再び流行った。プレミア作品の約4分の1がフィルムストックで撮影されているので、様々な35mm、16mm、スーパー8mmカメラがラインナップされているのも当然だ。最近では、ビデオテープの使用も珍しくなってきた。長編映画「Nitram」では、ALEXA MiniとALEXA XTに加えて、DoPのGermain McMicking氏がソニーのVideo8を使用して、スタイリッシュなショットを撮影した。

Juan Sarmiento G. on set. (Cannes 2021 nominee)
Juan Sarmiento G. on shoot for his documentary “Mariner of the Mountains”. Credit: Instagram.com/juansarmientogdp

アナログスチルカメラを含む6種類のカメラを使用

キヤノンC300、ソニーα7S、キヤノン814 XL-S Super 8mmカメラ、キヤノンAE1 Program 35mmアナログスチルカメラ、iPhone X、富士フイルムX100Fを使用した。このドキュメンタリーは、後者の3つのカメラのアナログおよびデジタルスチルを含む、さまざまなフォーマットで構成されている。

Sarmiento GはIndieWireにこう語っている。

この映画は、SF的なシネモワリです。アルジェリアでのクルーは3人(カリム、私、フィクサー)で構成されていました。私たちは、アナログやデジタルなど様々なフォーマットで撮影を行い、その時々で直感的に正しいと思えるものを探しました。私はC300を三脚に固定して、S8mmのエタクロームを平行して撮影し、アナログとデジタルのスチール写真を撮っていましたが、Karimはソニーの「ペンカメラ」で撮影していました。

使用したカメラとレンズの全リストはIndieWireの記事で見られる。

Via IndieWire, Featured Photo by ShareGrid on Unsplash.

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する