広告

キヤノンEOS R6 Mark IIレビュー

キヤノンは新しいフルフレームミラーレスカメラ、EOS R6 Mark IIを発表した。CineDは幸運にもサンプル機を手に入れることができたが、文字通り2日間だけ、しかも1日は祝日だったので、実質的には1日だけこのカメラで撮影し、最初のレポートを作成できた。

ちょうど2年前、私は厄介な状況に陥っていた。キヤノンからEOS R6をレビュー用に送ってもらったが、結果は主にフィールドでのカメラの挙動について不満が残った。当時はカメラのオーバーヒートと回復時間の長さが主な問題で、初代EOS R6はファームウェアの頻繁な更新により時間とともに改善されたが、キヤノンからEOS R6 Mark IIのレビュー依頼を受けたときは本当に嬉しかった。

Canon EOS R6 Mark II
Canon EOS R6 Mark II. Credit: CineD

私はこのカメラの方向性を見抜くのに十分な経験を持っているとは思うが、これは本当に「ファーストルック、ハンズオンレビュー」で、もしあなたが総合的なカメラレビューをお望みなら、他を当たっていただきたい。また、このカメラは量産前のモデルのため、ラボテストは行っていない。量産品を手にしたら、すぐにでもテストを行いたい。(キヤノンEOS R6のラボテストはこちら)

Ina, Babsi, and Flora
Ina, Babsi, and Flora from mom’s retreat. Credit: CineD

レビューを続ける前に、極めて急な依頼にもかかわらず、飛び入りで撮影を手伝ってくれた3人の若い女性たちに感謝したい。イナ、バプシ、フローラの3人は、子育てに追われながら、キャリアを積み、必要なときにはパートナーのそばにいる熱心な母親たちだ。彼女らは学生時代からの知り合いで、忙しい母親たちが自分自身を取り戻し、「女性らしさを取り戻す」ために、そしてお互いの経験から学ぶために、「ママの隠れ家プログラム」を設立した。上の短いミニ・ドキュメンタリーをぜひご覧ください。もしかしたら、あなたが奥さんにあげたいと思っていたプレゼントは、これかもしれませんよ…… :)

キヤノンEOS R6 Mark II – 概要

キヤノンの現在のフルフレームミラーレスカメラのプロダクトラインアップを見てみると、老朽化したEOS Rに続いて、一番下にEOS RPがある(それぞれ2018年と2019年に発表された)。実は、考えてみれば、私が結婚式の撮影で、キヤノン初のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」をインドで試用したのは、ちょうど4年前だった。(今、このプロダクトラインアップのトップを見てみると、EOS 5R C、EOS R5、そしてEOS R3がある。) これらのカメラは、それぞれ異なる理由で初登場時に大きな反響を呼んだが、これらの製品の中心には、キヤノンのミラーレス製品の骨格となるべき心材が残されており、これがEOS R6 Mark IIの存在する場所なのだ。EOS R6 Mark IIは、キヤノンのミラーレス一眼製品の中心的存在だ。一方、EOS R6 Mark IIは、私が短い時間で見た限りでは、成熟し洗練された製品のように見える。

では、新しいEOS R6 Mark IIに何を期待すればよいだろうか?私にとって最も明白なことは、一日中カメラがオーバーヒートすることなく撮影を続けられたことだ。ある意味、このカメラには「オーバーヒートする理由」がなかったわけだが、2年前に初代EOS R6で仕事をしたときは、そうではなかった。

Compression type, IBP recording only
Compression type, IBP recording only. Credit: CineD

もう1つ考慮すべきは、カメラにできることとできないことだ。もしあなたが、非常に高いビデオ解像度や最高ビットレート、内部RAW記録、ProResのような堅牢なコーデックに興味があるなら、他を探すべきだ。このカメラは「控えめ」であることが重要なのだ。4K「だけ」、IPB圧縮(IPB Lightの次)、H.265とH.264 MP4コンテナ(Canon Log 3とHDRを使うかどうかによる)、フルHDのみ最大120fps、全体のビデオ録画性能に合わせた2つのSDカードスロット、それだけだ。

良いか悪いかは皆さんの判断に任せるが、結論から言うと、この新しいカメラから出てくるスペックともっと重要な素材は、非常に多くの撮影シーンに十分だろう。特に、写真やビデオを生業としているジャーナリストで、仕事を完了するために迅速性が必要な場合は、このカメラで撮影することをお勧めする。(4K/25p IBP H.265は、Adobe Premiereの最新版を使っても、私の老朽化したMacBook Pro EVENで再生できた)

EOS R6 Mark II with improved AF
EOS R6 Mark II with improved AF for Vehicles and Animals. Credit: CineD

新機能

EOS R6 Mark II の新機能は以下の通り。

  • 新開発24mpセンサー
  • レーシングカーやバイク、航空機、鉄道などを検出し、追尾するAFシステムが改善された。また、馬などの動物も追加で検出できるようになった。(シマウマも可能)。
  • 6Kフルフレーム(クロップなし)RAW外部記録(6.000 x 3.374)を Atomos Ninja V+にProRes RAWとして記録。(フレームレート:23.98、25.00、29.97、50.00、59.94fps)。
  • 3.7K(クロップ)RAW外部記録(3.744 x 2106)、 Atomos Ninja V+へ、ProRes RAWとして記録(フレームレート:23.98、25.00、29.97、50.00、59.94 fps)
  • 6Kオーバーサンプリングで内部4K UHDに対応
  • ほとんどの世界の領土でNO 30分録画制限の制限。(私が間違っていなければ、インド市場に送られるカメラはまだ制限されている)
New: Pre-recording option
New: Pre-recording option. Credit: CineD
  • プリレコーディング(3秒、5秒から選択可)
  • C-Log 3のみ。(C-Log3使用時のダイナミックレンジが広がるという利点から、C-Logは削除された)
  • マルチファンクションシュー。(タスカムCA-XLR2dマイクの適応として外部オーディオ機器を接続することが可能になった)
Multi-function shoe for XLR audio
Multi-function shoe for XLR audio. Credit: CineD
  • フォールスカラー露出インジケーター。これは、実はとても大きなニュースだ。私の記憶が正しければ、このような機能をサポートする最初のミラーレスカメラとなる。
Mirrorless first. False color setting
Mirrorless first. False color setting. Credit: CineD
False color turned on
False color turned on. Credit: CineD
  • 写真/ビデオボタンセレクターと独立したオン/ロック/オフボタン(下に詳細あり)
  • キヤノンによると、カメラのボディ内手ブレ補正(IBIS)は改善されているが、それについては後ほど詳しく説明する。

注意事項:

  • CLOG3で撮影し、”ビデオビューアシスト “機能を使用する場合、フォルスカラーを有効にすることはできない。
  • 高フレームレート(フルHD)で撮影し、メニューでこのオプションを無効にすると、カメラは以前の記録位置(例えば4K)に戻らない。録画を続ける前に、必ずこの点を再確認する必要がある。

更に注意が必要な点

私は可能な限り、外部レコーダーを使用しないが、もしあなたがAtomosユーザーなら、このカメラにはHDMI Microコネクタが搭載されていることに注意いただきたい(前モデルと同様)。

EOS R6 Mark II connectivity
EOS R6 Mark II connectivity. Micro HDMI feels outdated. Credit: CineD

さて、カメラのIBIS機能についてだが、上記の映像はバブシのインタビュー以外は全て手持ちで撮影している。撮影中はほとんどの場合うまく機能していたが、映像を見ていると、いくつかの「ぐらぐらする」クリップに出くわした。この現象は、キヤノンが適宜微調整することを期待したい。

オートフォーカスはほとんどの場合うまく機能するが、撮影の場面によっては、もっと高い精度を期待したい。

このカメラ(プリプロダクションモデル)でラボテストを行ったわけではないが、映像を見る限りでは、ローリングシャッターの結果はそれほど良くないのではないかと思われる。一方、このカメラのダイナミックレンジは、いくつかの極端な光の状況で撮影している場面で十分であるように見える。

EOS R6 Mark II photo/video selector
EOS R6 Mark II photo/video selector (left) and the new OFF/Lock/ON button. Credit: CineD

最後に、新機能のOFF/LOCK/ONボタン(この順番で)、一日中気が狂いそうだった。キヤノンが、ON/OFFボタンという退屈なルーチンに「ブレーキ」をかけた理由はよくわからないが、この新しい配置は、私には全く合わなかった。つまり、あのノブの部分に機能を追加するのはといのだが、なぜ「間」なのか?つまり、撮影中は「ON」ではなく「LOCK」モードになっていることが多々あった。些細なことかもしれないが、何かを早く変えたいときにカメラが「ロック」されていると、「何が起こっているのか」を理解するのに一瞬戸惑う。

Dual SD card slot only
Dual SD card slot only. Credit: CineD

まとめ

スペックはさておき、キヤノンの色彩と全体的な美学はとにかくゴージャスだ。キヤノンは、(自社のハイエンドミラーレスカメラや他のメーカーのカメラと比較して)「低スペック」のカメラでも素晴らしい画像が得られることを再び証明した。このカメラに、非常に優れたオーディオ録音品質と外部XLRデバイスを接続する可能性が加わり、ジャーナリストやプロのコンテンツ制作者向けの良いカメラとなった。ちなみに、このカメラには「Auto All」というビデオ機能があり、ビデオ撮影に不慣れなフォトグラファーのために用意されている。

EOS R6 Mark IIはキヤノンの新しい基幹カメラで、写真でも動画でも、「これさえあれば大丈夫」という1台だ。写真の評価は他の方にお任せするとして、動画に関しては、キヤノンは機能性と使いやすさのバランスをうまく取っている。

Together with the EOS R6 Mark II
A fun few hours together with the three ladies and the EOS R6 Mark II. Credit: Ina Manuguerra

撮影ノート

  • Canon EOS R6で撮影、4K/25p、C-Log 3。CanonオリジナルLUT適用
  • レンズ Canon 24-105mm F.4 RFレンズ
  • SDカードメディア。エンジェルバード AV PRO 256GB
  • ラン&ガン用外部マイク Rode Video Mic GO II(ロードビデオマイクゴーII)
  • インタビュー用の音声 DJIワイヤレスマイクロフォンシステム
  • レンズフィルターシステム。NiSiスイフトトゥルーカラーVNDとブラックプロミストキット
  • ライト シネロイド FL400S

編集:Adobe Premiere最新版

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手