キヤノンEOS R5レビュー

2020.9.29

EOS R5が出荷されたが、当初オーバーヒートの問題があった。最新のファームウェアアップデートで、対策がされているが、実際はどうだろうか。そこで今回EOS R5で、簡単なドキュメンタリーを制作してみた。

EOS R5の問題点

EOS R5は注目度の高いカメラだ。多くのカメラマンは使ってみたいと思うだろう。しかしオーバーヒートの問題と連続記録時間に関しては、まだ不安が残っているかもしれない。

Canon EOS R5 – A powerful camera, also for filmmakers, but with caveats. Image: CineD

またオーバーヒートの問題はもちろんだが、さらに重要なのは、回復に長い時間がかかるということだった。これについて多くのユーザーは、さらに詳細を知りたいと思ったことだろう。そこでキヤノンにインタビューしたのが前回の記事だ。特に8K RAW記録で、記録時間を延ばすことでセンサーやカメラ内部の部品に損傷を与えかねない。

一部のユーザーが記録時間を伸ばすための方法を開示したりしているが、ハッキングはいろいろな意味でお勧めできない。

Canon EOS R5 – Overheating issue needs to be solved. Image Credit: CineD

ファームウェア1.1.0

キヤノンは新しいファームウェアで記録時間の延長と回復時間の短縮を行った。これにより、以前の状況から大幅に改善されたようだ。新しいファームウェアを搭載したカメラを使ってみると、確実に改善されていることが分かる。 (その後ファームウェアバージョン1.1.1がリリースされている)

Canon EOS R5 With the supplied kit lens. Image Credit: CineD

柔軟に対応するカメラ

このカメラは解像度/フレームレート/コーデックの選択を非常に柔軟に行える。8K RAWでの撮影に関して、次の理由により、特別な注意が必要だ。

  • オーバーヒート:新しいファームウェアでは、連続して20分間録画できる。また回復時間は10分だ。その後、さらに10分間記録できる。この記録と回復を繰り返して撮影することになる。実際には、それほど長い連続記録はしないので、それほど問題ではないだろう。新しいファームウェアでは、2つの主要な問題が修正されている。まず、電源を入れただけでは、記録時間を計算しない。 2つ目は、カメラが周囲温度を感知できるようになったこと。これにより、たとえば外部ファンは、回復時間を短くするのに役立つ。
  • CFexpressカード:これ自体も発熱しカメラ内部の温度に影響を与える。筆者のテストでは、Angelbird CFexpressカードでの結果が良かった。ソニーのToughやSanDiskカードほど熱くならないようだ。
  • カード容量: RAW(あるいは、Canon RAW)はポストプロダクションで柔軟に作業できるが、ファイルが非常に大きくなることだ。筆者は2TB、1TB、512GB、256GB の4枚のAngelbird CFexpressカードを使用したが、カード容量は常に心配だった。したがって、8K RAWでの撮影は、十分な容量のカードを用意する必要がある。あるいは、カメラの冷却期間を使用してバックアップすると良いだろう。 もちろん間違いを避けるために、撮影中はカードのコピーや消去を行わない方がいいのだが、カードが高価なことを考えると、それもやむを得ないだろう。なおバックアップには、高速のUSB-C SSDをお勧めする。

実際に撮影してみて

さて、オーバーヒートが完全に無くなったわけではないので、引き続き撮影中気を付ける必要がある。しかし、全体として、このカメラは驚くべきものだ。デュアルピクセルオートフォーカスは非常にうまく機能し、8Kで撮影するときは、特に有用だ。ボディ内手振れ補正(IBIS)も素晴らしく、歩きながら撮影してもかなり安定している。

昔はデジタル一眼レフカメラもENGカメラのように、リグを付けてショルダーマウントしたものだが、今はそのような必要性はない。カメラだけで十分安定した映像が撮れ、どこに行くのもカメラだけ持っていけば良いのだ。

冒頭のビデオに関して

このビデオに参加してくれたAnnamaria Kowalskyさんに感謝する。彼女はオーストリアのウィーンを拠点に活動するミュージシャン兼アーティストだ。彼女のサイトはこちら。上記のビデオは、EOS R5で8K / 25p DCI RAWで撮影。 C-Log、ISO設定:400(ネイティブ)から4000。メインのインタビューとスライダーショットを除き、手持ちで撮影。主にオートフォーカスを使用。 Lutify.meでカラーLUT使用。音楽はepidemicsoundを使用。

Canon EOS R5 – Lots of resolutions and frame rates to choose from. Image credit: CineD

まとめ

約2年前、EOS Rでインドの結婚式を撮影した。それ以来、EOS Rシリーズは発展を続けEOS R5が完成した。今後もさらに発展するだろう。理想的には記録時間の制限が無いのが良いが、そのためにはカメラが大きくなってしまう。またそのためにCinema EOSシリーズが存在する。しかし、小さなカメラで撮影する映像クリエーターにとっては、ミラーレスカメラはメインのカメラになる。すでに発表されたように、次のEOS R5ファームウェアは、より低いデータレートでRAWを記録できるようになり、より長い記録時間が可能になる。期待したい。

Man at work filming in 8K RAW with the Canon EOOS R5. Image credit: Annamaria Kowalsky

関連商品




Canon ミラーレス一眼カメラ EOS R6 RF24-105 IS STM レンズキット ブラック

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する