キヤノンがEOS R5の仕様を追加発表

キヤノンがEOS R5の仕様を追加発表

キヤノンはバーチャルプレスカンファレンスで、来たるEOS R5について仕様を追加発表した。8K RAW記録が可能だ。

新型コロナウイルスが蔓延しているが、キヤノンはEOS-R5を予定通りに発売するとしている。おそらく夏までに発売されるだろう。以下、追加発表された内容をお知らせする。

Canon EOS R5

Image Credit: Canon

前回までに発表された仕様

下は、1か月前に発表された機能リスト。

  •  新開発CMOSセンサー
  •  8Kでビデオを撮影でき、4Kにダウンサンプリング
  • デュアルカードスロット
  • キヤノン初のボディ内手ブレ補正機能(IBIS)
  • 電子シャッターを使用して、毎秒最大20フレームで連写可能。メカニカルシャッターの場合は、最大12fps。
  • カメラからimage.canonクラウドプラットフォームへ画像ファイルの自動転送
CanonEOSR5_Featured

Image credit: Canon

追加発表された機能

以下は主にビデオに関して、今回追加発表された機能。

  • 8K / 30p RAWビデオを内部記録
  • 4:2:2 10ビットC-LogおよびHDR PQで8K / 30pを内部記録
  • 4:2:2 10ビットC-LogおよびHDR PQでの4K / 120p内部記録
  • HDMI経由の4K / 60pビデオ出力
  • クロップなしの8Kおよび4Kビデオ記録
  • 8Kを含み、すべての記録モードでデュアルピクセルCMOS AF対応
  • すべての内部記録モードでC-Log利用可能
  • デュアルカードスロット: CFexpressとSD UHS-II
CanonEOSR5_Featured

Image credit: Canon

期待のカメラ

Rマウントに関しては、レンズのラインナップは着々と進められているが、今までフラッグシップカメラが無かった。EOS R5はそのポジションに座るカメラとなる。

8Kや4K記録のビットレートはまだ分からないが、特に8K RAW記録でのビットレートは気になるところだ。8K RAWのスペックが貧弱なものなら、むしろ実用的で編集しやすいLiteな4K RAWも期待したいところだ。キヤノンは、ビデオ機能はCinema EOSシリーズに委ねていたが、EOS R5はその流れを変えるカメラだ。EOS 5D MarkII以来、久しぶりに待ち遠しいカメラがキヤノンから発売される。

キヤノンのWebサイトはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する