広告

キヤノンEOS R5 Cレビュー

キヤノンEOS R5 Cが発表され、幸運にも約7時間だけだが、使うことができた。このような短時間でこの新しいカメラのすべてをカバーすることは不可能なので、ここでは「第一印象」のレビューとしたい。私が「ハイブリッド」と書いたのは、単に高画質の写真やビデオが撮れるという意味だけでなく、それ以上の何か、つまり、小型のミラーレスカメラと大型の専用カメラの境界線を融合したカメラのことを指している。それでは、キヤノンEOS R5 Cのレビューとファーストインプレッションをレポートする。

欲しかったものがやっと手に入った時の感動はご理解いただけるだろう。私の場合、このカメラはどうしても試してみたかったもののひとつだ。新しいEOS R5 Cは今目の前にあるが、約7時間しか使用できない。バッグから取り出した途端、カウントダウンが始まる。この間に、私は心のこもった作品を撮影し、もちろん皆さんに見ていただき、短いスタジオセッションで「使ってみてどうだったか」を話し、そして最後にこのレビューに添えられている写真を撮らなければならない。このように、限られた時間の中で、やるべきことはたくさんあった。つまり、試してみたいことはまだまだあった。実際、EOS R5 Cを自分で購入前提でテストしたかった。(その前に、老朽化したEOS 1D Cを売らなければならない。)

Canon EOS R5 C
Canon EOS R5 C. Image credit: CineD

真のハイブリッドカメラ

上の段落で「ハイブリッド」と言ったのは、私は、ビデオ用の小型で高性能なデジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラが、私のドキュメンタリー制作のニーズのほとんどに合っているため、これらを強く支持している。発売当時は、動画撮影ができるカメラというのは、まさに「ゲームチェンジャー」だったと言えば、多くの人が共感してくれるのではないだろうか。その後、多くのメーカーが大型センサーを搭載した大型のカメラを発表し、この流れを加速させた。その結果、高画質な動画が撮れる写真用カメラから、「ちゃんとしたシネマカメラ」を手に入れる人が続出したのだ。そして、メーカー各社は、ミラーレスカメラの一部を「シネマカメラ」として生産し始め、サイズは非常に小さいまま、より長い記録時間や潜在的な過熱問題を回避するための優れた熱管理などの機能を追加したのだ。ソニーのFX3は、その良い例といえる。

何年もの間、人々はそれがカメラの限界と思い、もし、本物のビデオカメラが欲しいなら、それを買うべきと思っていた。(もちろん、私はこれに同意していない。これらのミラーレスカメラの多くは、価格/性能に関して単に信じられないほど優れているからだ)。

anon EOS R5 C for High-Quality Photos and Videos
Canon EOS R5 C for High-Quality Photos and Videos. Image credit: CineD

しかし、今回「究極のハイブリッドツール」が発売され、小型ミラーレスカメラのサイズに、今まで夢でしかなかった動画機能を搭載している。記録形式の自由度が極めて高く、動画の画質も息をのむほど美しい。限界や価格に関する答えはプロフェッショナルのニーズ次第だが、私としては、これほど適正な価格でこれだけの機能を備えたカメラは過去になかったと自信を持って断言できる。

他の製品との位置関係

まずはカメラの位置付けから。価格的にはEOS R5(455,400円)とEOS C70(660,000円)の間に収まっている。つまり、EOS R5 C(584,100円)は、EOS R3(673,200円)よりは安価で、EOS R5よりは128,700円高いということになる。

私の友人や家族の間では、私は数学的スキルの低さで知られているが、私が正しく理解していることを願っている。つまり、EOS R5 Cは、最新のEOS Cinemaラインの安価な選択肢となり、しかもキヤノンは品質と機能の面で手を抜いていない。もし、私が現在の高性能ミラーレスカメラで、C70、あるいは同レンジの競合他社のカメラのいずれかを選ぶとしたら、断然EOS R5 Cを選んでいただろう。

EOS R5 C vs EOS C70

EOS C70にはNDフィルターが内蔵されており、XLRオーディオ接続も可能だが、このカメラにはEVFがないため、私はこのカメラに愛着を持てなかった。 ただしEOS C70のファームウェアアップデートにより、Cinema RAW Light LT 4K記録が可能になったことをお伝えしておく。

EOS R5 Cは、より小さなボディ、より大きなフルサイズセンサー、より高い解像度、そして自由度の高さがあり、ある意味C70を凌駕している。

Canon EOS R5 C, next to EOS R5
Canon EOS R5 C, next to EOS R5. Image credit: CineD
Canon EOS R5 C, EOS R5 "Bird View"
Canon EOS R5 C, EOS R5 “Bird View”. Image credit: CineD

EOS R5 C vs EOS R5

この質問はよく出てくると思うが、映像制作が本業であれば、単純にEOS R5 Cの方が適していると思われる。どちらのカメラも4500万画素のセンサーとDIGIC Xプロセッサーを搭載しているので、写真を撮る場合に妥協することなく、動画に関しては、EOS R5ではできなかった様々なレベルの演出を可能にする柔軟性が、この新しいカメラにはある。(EOS R5のレビューはこちら)。

EOS R5は、IBISを内蔵しているため、(物理的な)手ぶれ補正で優位だ。EOS R5 Cのデジタル手ぶれ補正がどの程度のものなのかは、もう少しテストする必要があるが、少し使った限りでは、むしろ納得のいく結果だった。

EOS R5 C vs EOS R3

私はEOS R3を本当に気に入っており、「ミラーレスカメラ・オブ・ザ・イヤー2021 – for video」の有力候補だった。EOS R5 Cが登場した今、新しいハイブリッドカメラを購入する場合、もう検討することはないだろう。そして誤解しないでいただきたいのは、すでに持っている人はそれを使って楽しめばいいのだが、もしまだ探しているのなら、EOS R3は忘れて、EOS R5 Cを検討すべきだ。一言で言えば、より安く、より小さく、より動画に特化した撮影ツールだからだ。EOS R3はIBISを搭載し、バッテリーも長持ちするが、用途によってはEOS R5を購入する方が賢明かもしれない。

EOS R5 C vs Sony FX3

圧倒的にEOS R5 Cの方が進化している。 8K、様々なセンサークロップモード、アナモフィックデスクイーズオプション、真の24p、シャッターアングル、内部RAW記録、その他が搭載されている。更に、FX3は約1000ドルも高い。(ソニーFX3のレビューはこちら)。

EOS R5 C vs RED Komodo

Komodoをあえてこのリストに加えたのは、私の意見では直接のライバルであり、私の知る限り、両カメラは同じユーザータイプの注目を集めると思われるからだ。私はKomodoをテストしていないので、自分の経験からは何も言えないが、スペックを見ると、EOS R5 Cの方が大きなセンサー、高い解像度、そして低価格で、より良い結果を出している。(もちろんコモドは静止画が撮れない)。

Different Sensor Crop Modes
Different Sensor Crop Modes. Image credit: CineD

高い柔軟性の記録モード

EOS R5 Cでは、フルサイズ、スーパー35mmクロップ、スーパー16mmクロップの「センサーサイズ」での動画撮影を選択することができる。

選択したセンサーのクロップ率(および記録フォーマット)に応じて、好みの解像度を設定することができる。すべてのフレームサイズですべての解像度が利用できるわけではないが、それでも多くの選択肢から選ぶことができる。

記録フォーマットとフレームレートは、非常に興味深いものだ。以下はその内容。

  • MP 4/H.264 (最大4K解像度、8ビット4:2:0)
  • MP4/H.265 (最大8K/60 DCI、10-bit、4:2:2)
  • XF AVCコーデック(4K,10bit,最大)
  • 12ビットRAW記録(内部) 最大8K/30p(外部電源使用時は最大60pも可能)
  • Atomos Ninja V+への10ビット外部ProRes RAW記録、フルフレームで最大8K/30p、クロップスーパー35mmで5.9K
Recording Formats
Recording Formats. Image credit: CineD

内部ではCinema RAW Lightでの記録が可能で、画質を選べる新開発の3つのバリエーションのRAWが選択できる。HQ(スーパー35mmクロップとスーパー16mmクロップモードのみ使用可能)、ST(スタンダード)、フルフレーム、スーパー35mmクロップ、スーパー16mmクロップで使用可能、最後にLT(ライト)バリエーションがあり、やはり3つのセンサーサイズモードすべてで使用可能だ。

LCD can swivel freely
LCD can swivel freely without touching the HDMI cable. Image credit: CineD

Canon EOS R5 Cの利点(順不同)

  • 内部アクティブ冷却システム
  • 解像度やフレームレートに応じた豊富な内蔵RAW記録機能
  • アナモフィックデスクイーズオプション(レンズデスクイーズ係数x1.3、x1.8、x2.0)
  • きれいな動画像を実現する2種類のベースISO設定(800、3200)を用意
  • 超小型・軽量(本体重量680g)
  • HDR対応(PQ、HLG)
Anamorphic Desqueeze
Anamorphic Desqueeze. Image credit: CineD
  • 専用のタイムコード入出力端子を用意
  • HDMIポートにケーブルを接続した際、液晶の動きが制限されない
  • Atomos Ninja V+でProRes RAW外部収録可能(10bit 8K~30p、10bit 5.9K(クロップ)~60p、12bit 2.9K(クロップ)~60p)。
  • カラーガイド付きフォールスカラー
  • タスカムのCA-XLR2d XLRオーディオアダプターやキヤノンのDM-E1Dステレオマイクロホンを接続し、カメラのアクセサリーシューから直接電源を供給することが可能。
False Color with index
False Color with index. Image credit: CineD
  • デュアルピクセルCMOS AFシステム、瞳AFとEOS iTR AF X(最新、フォトモード専用)搭載
  • 電子IS機能は非常によく機能する(標準と強化の2モード)。どちらのモードでも、画像はトリミングされる。この機能は、対応レンズの光学ISと組み合わせて使用する。ビデオ画像はきれいに見えるが、さらなるテストが必要だ。なお8K RAWで記録する場合、DISは使用できない。
  • 4K(クロップなしで最大120p)およびフルHD記録では、8Kセンサーからの内部オーバーサンプリングを使用する。
  • カードスロットはCFexpress2.0 Type BとSDの2種類。選択した記録解像度に応じて、同時記録またはプロキシ記録が可能。
  • 4k/120で撮影した際の音声の再録が可能
  • マイクロHDMIコネクタの横にタイムコード入出力端子を装備
Timecode in/out terminal next to micro HDMI connector
Timecode in/out terminal next to micro HDMI connector. Image credit: CineD

改善すべき点

  • キヤノンC-Log 2ガンマカーブ記録の選択は無い
  • フルフレームで最高RAW記録画質のオプションは利用不可
  • IBIS(ボディ内手ぶれ補正)非搭載
  • HDMIコネクタがタイプAでない
  • 撮影準備に約9~10秒かかる。これは改善されることを期待する。
  • ビデオカメラのメニューはもっとシンプルであるべき(ただし、いくつかのオプションはすでに「ブラックマジックデザインメニュー風」となった)。
  • 内蔵バッテリー使用時の録画時間制限
deeper grip
The camera is very comfortable to hold with this deeper grip. Image credit: CineD

カメラの使い勝手

私がこのカメラと過ごした時間では、長時間の撮影でも持ちやすいことを目の当たりにした。13個のボタンはカスタマイズが可能だ。さらに、複数の録画ボタンや前面のタリーランプなど、移動しての撮影を容易にする機能も充実している。

音声に関しては、今回は品質をチェックする時間が無かったが、カメラに外部マイクが接続されていない場合、音声レベルは自動になり、それ以上の制御はできなかった。(全く問題ではないが、調整方法を探すのに時間を無駄にしないよう)。

Front Tally Lamp
Front Tally Lamp. Image credit: CineD

私見だが、このカメラの弱点のひとつは電源だ。まだ古いキヤノンCanon LP-E6を使うことができるが(これは素晴らしい!)、20分程度の稼働時間となる。なので、まずは新しいモデルのCanon LP-E6NH(約40分の駆動時間)を使っていただきたい。代替品として、USB-Cパワーバンクのバッテリーでも良いのだが、スマートフォン用に作られたものはNGだ。27-45W+PD(5V/9V15V)最大3A、45-100W+PD(5V/9V/15V/20V)最大5Aで十分だ(8K/60p記録も可能)。

Working with the EOS R5 C
Working with the EOS R5 C. Image credit: CineD

制作ノート

上記の映像は、8K/24p、Cinema RAW Light LTモード、C-Log 3で撮影されている。fylim.aiでグレーディングし、レンズの前にFreewell Vari ND+Mistのマグネットフィルターを使用した。エンジェルバード社製CFexpress Type Bを使用。

まとめ

キヤノンは素晴らしいカメラを開発した。このカメラは間違いなく成功するだろう。RFマウントはサードパーティーレンズメーカーにも普及しつつあり、お気に入りのレンズの選択肢増えている。

2022年はまだ始まったばかりだが、すでに今年の最優秀カメラの可能性がありそうだ。このカメラは、ユーザーがあらゆる作品に進化できるようなオプションを備えた「未来志向」のカメラだ。また、カメラの価格も全く適正だと思う。そして、足りない機能については、次のバージョンでは、NDフィルター内蔵とIBISの復活をお願いしたい。それで完璧なカメラとなる。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する