キヤノンがコンパクト4Kカメラ XC15 を発表-写真も撮れる4Kビデオカメラ

キヤノンがコンパクト4Kカメラ XC15 を発表-写真も撮れる4Kビデオカメラ

キヤノンがコンパクト4Kカメラ XC15 を発表した。このところ、キヤノンから新製品が続々発表されている。先週は5D MarkIVが発表されたし、今週はEOS C700と、このCX15だ。

XC 15 full (1 of 1)

XC10は、1インチセンサーを持ち、UHD記録ができ、静止画も撮れて固定ズームレンズを持つ小型軽量カメラとして、新しいカテゴリーを築いた。XC15は、ほぼ同じ内容だが、オーディオ機能が強化されている。1年前のXC10の記事を見てみると、XC10の弱点の一つがオーディオだと書いている。「キヤノンはこのカムコーダーをプロフェッショナルに向けて作っているが、XLRコネクターが装備してないのは疑問だ」。XC15ではこの声が届いたのか、XLR入力が装備された。(C300用のMA-400 マイクロフォンアダプター装着時)

小さなカメラながら、信頼できるコーデックや改良されたオーディオは歓迎すべき機能だが、ニュースやドキュメンタリーカメラマンにとっては、まだ物足りないものがある。

願わくば、F値一定のレンズが欲しいし、専用のEVFも今回の改良点に入っていればよかったと思うのだが。

以下が、XC15の改良点。

  • レンズ:8-f5.6 / 10倍光学ズーム、焦点距離は8.9-89mm(35mm換算で27.3-273mm)(レンズは従来より変更無し)
  • C300MKIIに近い画のトーンで、サブカメラとして使用できる。
  • 4Kと1080pで、98pに加え24pモードを追加。4Kは305Mbpsで収録。
  • 波形表示機能
  • フリッカー低減機能
  • HDRに似た効果を持つ新ガンマ
  • ロック機能の付いた新タッチパネル
  • シャッタスピードはアングルでも表示可能

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する