DIGITALFOTOがTree Frog IP67 RGB小型LEDライトを発表

DIGITALFOTOがTree Frog IP67 RGB小型LEDライトを発表

DIGITALFOTOは小型RGBLEDライトDIGITALFOTOTreeFrogを発表した。このポケットサイズのライトは2500Kから8500Kまで可変でき、完全な360°HSIモードを備えているため、ほぼすべての色を再現できる。本体はIP67防水規格を準拠しており、ケースの背面は磁石になっている。アクセントライトとして非常に便利だ。

他製品との類似点

DIGITALFOTO Tree Frogは、SANDMARC ProLight、Boling P1、GODOX M1など、他の器具と非常によく似ている。

The Tree Frog on the left, the GODOX M1 on the top right corner, and the Boling P1.

筆者のカメラバッグには常にGODOXM1が入っており、必要な時にすぐに取り出してちょっとしたアクセントライトとして使うことができる。

Tree Frogも同様、他のポケットサイズのRGBライトと多くの類似点がある。

  • CCTモード:CRIおよびTLCIが97で、2500〜8500Kの色温度調整可能。
  • RGB / HSIモードでは、色相を0から360°に、彩度を0から100%に調整できる。
  • 0.5mで約2000Luxの出力。
Image credit: DIGITALFOTO
  • ビルトインライトエフェクト:Tree Frogは20種類の、他社のものは15種類のエフェクトが可能。
  • ライトの背面には小さなディスプレイがあり、バッテリーの残量と各設定が表示される。
  • USB Type-Cポートで内蔵バッテリーを充電し(TreeFrogでは4.000mAh、GODOX M1では2410mAh)、スマートフォンを充電するためのパワーバンクとしても機能する。
  • アルミニウム製。

ただし、Tree Frogには、他社製品と比較していくつかの違いもある。

Image credit: DIGITALFOTO

主な機能

Tree FrogはGODOXM1よりもわずかに大きくて重く、重量は320g(M1は240g)、サイズは156 x 83 x 16mm。同社によれば、バッテリーが大きいほど大きく、重くなるが、フルパワーで約3時間使用できる。

Image credit: DIGITALFOTO

設定を調整するために、BolingP1とGODOXM1はボタンとダイヤルを使用するが、DIGITALFOTO Tree Frogはボタンのみを使用する。ボタン操作は少し遅くなるが、正確に調整できる。

Image credit: DIGITALFOTO

また、Tree FrogはIP67規格に準拠しており、防塵性や、水深1mの水中で30分間防水効果がある。

Image credit: DIGITALFOTO

また、先にレビューしたNanlite PavoTube II 6Cと同様に、Tree Frogの背面には磁石があり、金属面に固定できる。また、1/4 “-20取り付けポイントが3つ(下部に2つ、左側に1つ)あり、三脚やコールドシューアダプターに取り付けることができる。

Image credit: DIGITALFOTO

価格と発売時期

DIGITALFOTO TreeFrogは現在129ドルで入手できる。

ライトには、キャリングケース、ミニハンドヘルド三脚、三脚ヘッド、保護カバー、ハニカムグリッド、ソフトライトカバー、USB-Cケーブル、USB-C-USB-Aアダプター、ストラップなど多くのアクセサリーが付属している。

比較すると、Boling P1の価格は139ドル、GODOX M1の価格は129ドル(現時点では79ドルの特別割引がある)。

TreeFrogの詳細については、DIGITALFOTOのウェブサイトを参照いただきたい。

 

関連商品




DF DIGITALFOTO Chameleon カメレオンRGBチューブライトLED、2800-9990K 4フィート116cm色温度の写真用充電式連続ライト

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する