広告

編集者からAppleへの嘆願:Final Cut Proを最優先に

編集者からAppleへの嘆願:Final Cut Proを最優先に

11年前にFinal Cut Pro X(当時はFinal Cut Pro Xと呼ばれていた)を発表して以来、大きな進化を遂げたにもかかわらず、多くのユーザーやサポーターは、さらなる機能や開発に対する要望が聞き入れられず、Appleに失望したと感じているようだ。

ビデオ編集の世界は、この10年間で飛躍的に進歩した。もちろん、NLE「ノンリニア編集プラットフォーム」は、80年代後半から90年代初頭にかけて、AvidやAdobeのような会社とともに存在してきた。1999年、AppleはオリジナルのFinal Cut Proをリリースしたが、これは廃止され、2011年にFinal Cut Pro Xに置き換えられた。これはアプリの完全再起動で、物議を醸した。

Final Cut Pro Xのリリースにおけるレガシー(および非レガシー)機能の削除に関する2011/12の不満と同様に、このソフトウェアのユーザーは不満を持っている。彼らは、より多くのプロフェッショナルが専門的な業界でFCPを使いたいと考えている中、Appleが「プロの編集者」側を無視し、十分なサービスを提供できていないと感じているのだ。嘆願書はこちら

簡単に要約すると、「Appleさん、Final Cut Pro 7の輝かしい時代のように、FCPとそのユーザーを優先してください」ということだ。

PS: この手紙は、Final Cutチームが長年にわたって行ってきた膨大なハードワークに対する批判を意図したものではない。私たちは、Appleに対して、彼らが働いているポリシーを変更するよう求めている。

Alex Gollner. Gopetition.com

100人以上の業界のフィルムとコマーシャルのエディターが、David Peterson(「Bluey」)&Josh Beal, ACE(「Counterpart」)テレビドラマシリーズなどの支援の輪に手を挙げている。

Two highly regarded shows that support the use of FCPx NLE
Production Editors that pledge their support for the FCPx platform . Image Credit: Bluey TV Animated Series. Counterpart TV Drama Series

問題点

正直に言うと、最初は何が問題で、なぜ世界的な請願が必要なのか分からなかった。しかし、彼らの要求を読んでみると、実によく理解できる。プロの編集者、あるいはビデオを編集したことのある人なら、編集するための安全でなじみのある場所を持つことが、プログラム上、いかに重要であるかを知っている。創造性を高め、サポートし、最終的には伝えるべきストーリーを伝えることができるのだ。私自身もフルタイムの編集者として、このプロフェッショナルユーザーのグループが何を求めて戦っているのか、完全に理解することができる。

私自身がFCPで編集しているから署名したのだろうと思われるかもしれないが、多くのエディターと同じような経験をしている。私は現在FCPで編集していないが、それでもこの請願書に署名する。なぜ私はFCPを使わないのか?これは少し背景を説明する必要がある。

私がまだ駆け出しのエディターだった頃、初めて購入して使用したプログラムは、信頼できるFinal Cut Pro v5.0だった。

Final Cut Pro 5.0
Final Cut Pro 5.0. Image Credit: Sweetwater

2011年、初代Final Cut Proの製造中止でプロ向け市場を失う

2011年半ば頃、Appleが新しいFCPxバージョンを発表し、私が親しんできたFCP7(ただし当時はすでに古くなっていて、必要なパフォーマンスアップデートが行われていなかった)のサポートを打ち切ったため、別の方向へと進むことにした。この決断は私一人ではない。FCPxは業界に大きな衝撃を与え、世界中の多くのエディターが、アップルの刷新されたインターフェースと基本機能からの逸脱(タイムラインのUI変更など!)にフラストレーションを感じていた。伝統的な編集インターフェース、タイムライン、標準的なNLEに付随する機能とはかけ離れているように感じられた。

Controversial: The Final Cut Pro (X) interface – a complete departure from the original Final Cut Pro. Image credit: Apple

頻繁なアップデートで強化されたFinal Cut Pro(X)、プロには物足りない?

2016年、Appleは新しいインターフェイスを搭載したFCPx 10.3を発表し、ユーザーの懸念に応えようとした。それから4年後の2020年末、アップルは「X」を落とし、Final Cut Proはより「プロフェッショナル」なインターフェースと機能を備えて再登場した。しかし、往年の支持者の支持を取り戻したかと言うと、この嘆願書は、そうではないことを示唆している。もしかしたら、これはAppleの顧客市場の変化に対する洞察かもしれない。あまり重く考えずに言えば、これは単に業界が設計した製品から、異なる、より多様な市場に対応するソフトウェアへのシフトなのだろうか?結局のところ、我々はすべての映像業界は、過去5年間でいくつかの大きな変化を見ていることを知っている。もしかしたら、Appleは私たちがまだ知らない何かを掴んでいるのかもしれない。

推測はさておき、このAppleのCEOへの嘆願書と手紙は、信じられないほど先進的で、コミュニティ主導のイニシアチブであり、大いに検討されるべきトピックだと思う。特にコンテンツ制作に対する彼らの現在の投資を考えると、なぜしないのか不思議だ。

Apple TVと65億ドルのコンテンツ予算

もし私が10億ドル規模の会社を持っていて、独自のコンテンツの作成と制作に多額を費やしていたら、そのコンテンツを作成する基本的な部分である業界の専門家を統合しサポートする方法で、独自のポストプロダクション・ソフトウェアを開発しようと考えるのではないだろうか?

アップルは、自分たちが制作・委託しているコンテンツのうち、実際にFinal Cut Proで編集されたものがどれだけあるのかを調べてみるべきだ。あえて言えば、FCPで編集されたコンテンツがある可能性は、驚くほど低いのではないだろうか?

Apple TV
Apple TV. Image credit: Apple

嘆願書には、FCPに追加されるほんの一握りの機能に対する要望を強調し、共有し続ける多くの名前が挙がっている。これらの要望は、最終的にFCPが再び大きなスタジオのワークフローやパイプラインに受け入れられ、ひいてはエディターが彼らのクリエイティブツールベルトにFCPを取り入れることを可能にするだろう。

現在、FCPの大きな問題点は2つある。

  • 複数のユーザーと同時にプロジェクト共有やコラボレーションができないこと
  • FCPのインターフェイスのデザイン、レイアウトが独特であること

もしAppleが上記の2点を解決するソリューションを提供できれば、Final Cut Proのファンは、彼らの職業にクリエイティブなものが待っていると、世界中で歓喜していることだろう。しかし、残念なことに、少なくとも今のところはそうではない。

Mark Toia氏によるもうひとつの意見

このテーマについて、高名なディレクター兼エディターのマーク・トイアに話を聞いたところ、次のような答えが返ってきた。

私は、Final Cut Proだけでなく、Avid、Premier、Resolveにも精通しています。FCPでは、全体的にどのツールよりも時間を短縮することができます。 コラボレーションが唯一欠けている点ですが、プロキシメディアを他の人に渡し、クリップ、編集、タイムラインプロジェクトの作成、メタデータタグの追加など、必要なことを何でもやってもらって、XMLをみんなで共有すればいいのですから、難しくはないでしょう。プロキシメディアやRAWメディアを持っている世界中の誰のコンピュータでも、数秒のうちに復活させることができます。Final Cut Proは、重いRAWコーデックを使用してリアルタイムで編集する場合、4倍速く、非常に強力です。 大衆向けか、少数派向けか。FCPは正しい道を歩んでいると思います。

Mark Toia. Director & Editor

FCPのパワーを直接見たい方は、彼がすべてFCP内で完成させた映画「Monsters Of Man」をご覧いただきたい(もちろん、VFXとサウンドエレメントは別々に完成させ、FCPに戻した)。

どんな話にも2つの側面があるが、これはマーク側の話であり、この件に関する結論は皆さんにお任せしたい。

Monsters Of Man promo image
Monsters Of Man Promo Image. Image Credit: Director Mark Toia.

WWDD ディグビーならどうする?

まとめると、同じエディターとして、またあらゆるクリエイティブなものの擁護者として、私はAppleに嘆願する友人たちが乗り出す戦いを支持するということは明らかだ。とはいえ、私の心はAdobe Premiere Proプラットフォームに向いている。

なお、もしあなたがFCPを自分で試したいなら、Appleは90日間の無料トライアルを用意している。

Tim Cook、人々の声です。耳を貸さないのか、それとも行動を起こすのか?

ディグビー・ホーガンは、オーストラリアのブリスベンを拠点に、自身のポストプロダクションを持つプロのエディターだ。私たちは、MZed.comで彼のPremiere Proの25時間のプロ編集コースを開始した

Learn Everything in Premiere Pro with Digby Hogan Billboard
Click the Banner to get over 20% off on MZed Pro yearly membership!

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

Get 25 FREE Music Tracks for your next film projects